介護





    709: 名無しさん@HOME 2012/07/17(火) 21:30:54.26 0
    主に夫にしたDQN返し。暴力行為有り。
    不快に思う人も多いと思うので、嫌な人は飛ばして下さい。



    結婚して23年。
    娘は社会人、息子は大学生で一人暮らし(学費・生活費ただ)。
    夫婦共に正社員でしたが、震災の影響で会社が規模縮小して去年私が早期退職しました。
    退職の1カ月前に、近距離別居だった義両親が相次いで倒れ、義母は片手と片足に麻痺が残り
    義父は頭ははっきりしているものの寝たきりになりました。
    二人が退院後、夫が同居を独断で決めてしまい、再就職しようと思っていた私に介護を頼んで来ました。
    義母とは若い頃、ぎくしゃくした時期もありましたが、義父には実の娘の様に可愛がって貰ったので
    勝手に同居や介護を決められた怒りはありましたが、この時期に無職になったのも何かの巡り合わせかと承諾しました。
    現場にはほとんど出ていませんでしたが介護関係の仕事をしていたので、夫は丁度良いと思っていた様で、内心面白くありませんでした。





    440 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN

    要介護の親がいるとまず絶望的だし
    要介護でなくても75歳過ぎの親だと敬遠されるからね

    となると男も30歳になる前から婚活を始めておくのがベスト





    1120: 名無しさん@おーぷん 21/09/04(土)09:44:02 ID:PL.5l.L1
    結婚2年目で義父が倒れた。
    義母は軽度ながらすでに要介護の身。
    夫に懇願されて私が会社を辞め、家事と介護を担った。
    介護は思った以上にきつくて、子どもはあきらめざるを得なかった。
    この上、妊娠出産育児は無理だった。
    私が出産してる間に義父を看る人もいないし。
    そして結婚8年目、義父が亡くなった。





    49: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2019/02/06(水) 10:27:42.22 ID:mJQA21St.net
    2年弱付き合った元彼。
    30歳、都心に実家があるから便利すぎて一人暮らしする気おきないなーと実家住み。

    ある日、彼の祖母が施設に行くことになったと話してくれた。
    彼「痴呆が進んでお袋も外出できないくらいだったみたいだし、仕方ないよね?」
    他人事みたいな言い方だなぁと思ったけど、それこそ他人様の家のことだし、そうだねーと流してた。
    でもそのあとの一言で決定的に無理になった。

    彼「介護お疲れ様!ってことで、お袋に旅行でもプレゼントしようかな?」

    いやいやいや。
    そう思うんなら1秒でも早く家出ろよ。
    終わったあとに旅行じゃなくて、家事介護手伝えよ。ご飯買って帰れよ。ヘルパー代出してやれよ。

    続きます。





    340: 名無しさん@HOME 2021/03/15(月) 14:44:37.99 0
    婆は元気で親の介護のため仕事を辞めたんだけど、
    「わたしも体調不良がありますけど、休んでる場合じゃないのでねー。」
    ってLINEが来た
    これは嫌味なのかなぁ





    647: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/13(日) 12:06:47.24 ID:msAk361q0.net
    昔の彼女を忘れられず、その思いを吐き出したくてネットをさまよっていたらこんな素晴らしいところがあったんだね。仲間がいてすごくうれしい。 
    10年前に付き合っていた彼女。当時20代だった俺はもっと遊びたくて泣いてすがる彼女を捨てたんだっけな。 
    もう一度連絡していいと思うか?





    806 :名無しさん@HOME 2020/09/09(水) 13:01:18 0.net
    要介護3初期認知症の義母を本人の希望もあり自宅で介護中
    (デイサービスを週4日利用)
    いわゆるキーパーソンは私(次男嫁)でケアマネや施設との連絡を受け持ち
    お金がかかることについては夫や義兄義妹と情報共有しつつ
    キーになる部分は私が判断することが多い
    最近義兄嫁が「私も協力してあげる」と言ってきて一瞬期待したけど
    よく聞くと義母の通帳と印鑑を管理させろという話だった
    病院の付き添いとか日常生活の介助はできないけど
    銀行に行ったり買い物したりならできるよとにこやかに言われて心底呆れた
    「おばあちゃん(義母)の貯金、使い込んでないなら渡せるよね?」
    と凄まれたわ
    義母の貯金の収支は毎月義兄に渡してあるので
    義兄に義兄嫁から言われたことを伝えてどうにかしてくださいとお願いした
    後日「なんであんたがパパ(義兄)に電話するのよ!いやらしい!!」と怒ってた





    591 :名無しさん@おーぷん 2019/05/26(日) 18:12:22 ID:wIk.dq.ff
    2ヶ月ほど前、同僚の50代の女忄生が「急に姑さんを引き取り同居することになった」と
    半ばパニックになっていた

    それまでお姑さんは脳梗塞で入院していたんだけど
    ある日同僚旦那さんが「家族会議をする」と言って出かけていって
    帰ってくるなり「かあさんが退院したら家に連れてくる!」と宣言。
    同僚は姑さんにイビられた過去があるし、そもそもあまりにも急なので拒んだんだけど
    旦那さんは「もう決まったことだ!」と言って、病院と話を進めて
    4日後には本当に連れてきてしまった。
    しかも、同僚に向かって「お前は介護するのが仕事なんだから、かあさんのこともちゃんとやれよ」と言い放ったそうだ

    同僚は、「あなたの言った家族会議に、私は含まれなかった。
    ということは、私は家族じゃない。家族じゃない人の世話はしない。
    私は介護職で、仕事として介護をしている。仕事以外の介護をするいわれはない」
    と言ってきっぱり拒否をしたそうだ。
    そして、その日から旦那さんの分の家事も一切拒否している。家族じゃない人の家事をするのはおかしいと言って。

    そんでどうなったかと言うと、姑さんは後遺症といっても軽い麻痺だけなので
    自分の身の回りの事はヨロヨロと自分でやっていて
    嫁の悪口言いながら息子の服の洗濯や料理もしているとのこと。
    もともと家事下手の姑さんなので、すごいことにはなってるけど(料理は何でも砂糖と醤油で煮るのみ)生活自体はできている
    同僚曰く「家庭内別居になっちゃったけど、これでいいわ~」とすっきりしている。
    正直経緯を聞いていた私たちも、よかったね~ という感想なんだが

    神経わからないのは、この同僚の事を「ひどい」と責める若い同僚が何人か居ること
    「それって、虐待ですよね。ネグレクトですよね。
    年寄りをそんなふうに扱うなんて酷い、それでよく介護職なんてやってられますよね
    親孝行の旦那さんが可哀想」と…。
    高齢者に接する仕事なので、年寄りに感情移入しちゃうのかもしれないが
    ネグレクトとは違うだろうコレ





    41: 名無しさん@おーぷん 20/04/02(木)01:28:05 ID:rd.cv.L1
    昨年末に夫の母親の介護が始まった。
    頭はハッキリしているけど、
    足腰が弱り廊下やトイレに手摺り、
    2階に置いていた物を1階に下ろして、
    1階で十分生活できる様に生活をコンパクト+合理的に整えた。
    自営業で基本自宅勤務の私がサラリーマンの夫に代わり、
    1週間に2回ほど顔を出し買い出しや洗濯等不便を片付けた。
    夫はごめんな、ありがとう、と都度声を掛けてくれたし、
    自分も義母が好きだったから当たり前としてやった。
    それが四ヶ月前。


    一昨日私の母が転んで腰を打って自宅療養になった
    (コロナ対策で軽度外傷は自宅療養になる)。
    それで父が
    「気が弱ってる(コロナの事もあり)からたまに顔を見せてくれないか」と連絡があり、
    夫に行ってくるねと行ったら『は?お袋はどうすんの?』と言われた。
    え?貴方の母も助けが必要、私の母も助けが必要なんだよ?
    どっちがどうじゃなくない?と言ったら、
    『行ってもいいけどこっち(義母)を疎かにすんなよ』だと。
    「は?は?何言ってんの?ちょっと待って?
    じゃぁ自分の母親を疎かにしてるお前はなんなん??」と言って今に至る。
    はぁ。もうどうしよう。
    人って続くと「当たり前」になるんかね。






    538: 可愛い奥様 2018/02/16(金) 14:52:38.33 ID:hI5v8ImE0
    義父が無くなりそうだけど無くなっても香典が用意できません。
    そして義父、二度の危篤を乗り越えて安定してます。
    帰省して様子見に行った旦那が、仕事辞めて帰郷して介護したいだと。

    すぐにとは言わなくけど私と意見が合わないなら離婚も考えてるって。 
    ショックで今どうしたらいいか分からないです。 
    まず引っ越しするお金もないよ、アホ!と言いたい。

    このページのトップヘ