上司





    40:おさかなくわえた名無しさん[sage]2012/09/18(火) 18:32:19.79 ID:xdvzAZU2
    以前、働いていた会社でのこと。
    私は社内外のネットワークを主に担当してたんだけど
    よく他部署の課長が割り込みで仕事を依頼してくることがあった。
    基本的に、自分の部署での仕事がメインで、他部署の仕事は
    自分の部署に依頼書を出してもらってから引き受けるシステムだけど
    他部署の課長はそれをまったく無視。
    「依頼書出してからお願いします」と頼んでも、「後で出すから
    取り敢えず急ぎだから来て」と言われることしばしば。
    平社員の身分なのでそうそう断ることも出来ず、引き受けてたのも
    ダメなんだろうけど、自分の部署の上司に相談しても
    「困った人だね~」で終わるだけだった。

    ある日、母親が倒れて緊急手術することになった。
    夜間に倒れて連絡が来て、そのまま翌日朝から仕事を休んで付き添ってた。
    病院からは「助かる可能忄生が低い」とか「今夜が山場です」みたいなことも
    言われていた。
    会社支給の携帯は電源切ってたけど、プライベート用の携帯のみ
    親族との連絡用に電源を入れていた。
    手術前1時間くらいだったか、電話がなり出ると件の課長だった。
    どこそこのお客さんがトラブルで今すぐ出てこれないかと言われ、
    親が危篤でこれから手術します、無理です、と断ったら。

    「その手術、今すぐじゃないとダメなの?伸ばせないの?
    付き添ってたって助かる時は助かるんだし、いなくてもいいよね?」

    それがきっかけで会社辞めました。





    784: おさかなくわえた名無しさん 04/03/18 23:10 ID:X2HHHMGX
    何年も前の話だが、当時の部下A子が未婚のまま妊娠した。 

    彼女が仕事を続けたいと言うので上司にその旨を伝えたが 
    「とんでもない。結婚する前に妊娠するなんてそんなア*ズレはクビだ」
    と吐き捨てるように言われた。 

    確かに彼女は派手に遊んでいる子だったが、「ア*ズレ」の一言に同じ女としてカチンときたので 
    「わかりました。『お前はア*ズレだからクビだ』と言えばいいんですね。

    じゃあ営業部のA課長とB係長、業務推進のC主任のところへ言って
    『お前らの女房はアバズレだ』と言ってきて頂けますか。
    社内放送で言って頂いても結構ですが?」と返してみた。 

    A、B、Cは全員deki****結婚。 
    「なんで、そんなこと」 
    と言う上司に 
    「ふざけんじゃねえ。てめえだって結婚前に会社の寮に今の女房連れ込んでたろーがっ。
    知らねえと思ってたのか。ほらさっさと言ってこいよ。
    ちゃんとお前がAたちに言ってきたらあたしもあんたの言うとおりA子に
    『アバズレはクビだ』って言ってやるよ」 

    と怒鳴りつけた私も今から思えば相当なDQNだ。





    41: 本当にあった怖い名無し 2012/10/28(日) 14:12:39.18 ID:cPN311WW0
    初カキコです、以前に務めていた会社にした復讐です。 
    新卒で入社して夢と希望に満ちあふれていました、最初の方は特に何も無く普通の会社だと思っていました。 
    自分は元々根明だったのあり、営業に配属されました。 
    配属された初日から上司から「よし、飛び込みに行って来い」の一言。 
    普通は先輩の仕事の仕方とか、同行して覚えるものじゃないのかなぁ?と疑問を抱いていました。





    94:可愛い奥様2010/04/28(水) 15:56:17 ID:Ocxcu9ZK0
    また臭い言われた。
    禁煙に消臭肌着、消臭石鹸にシャンプーその他色々、食生活の改善と
    ここまでやってるのに。働いた大切なお金が臭いと言われない為に
    欲しくもない商品に化けると本当に辛い。

    つか他の人には匂わなくて、どうしてあなただけに匂うんでしょうかね?
    思いきって脇の手術までしたら、その料金はあなたに請求しでいいですか?
    てかどんな臭いなのか聞いても「なんだかわからないけど(どこから匂うのかもわからないけど)
    ともかく臭いのよ」ってあなたそれじゃただの「いじめ」ですよ。





    45 :名無しさん@おーぷん
    職場で数年前に目の当たりにした話。

    当時俺のいた部署には、A課長という人がいた。
    この人はすごく仕事ができて、かつ性格は穏やか、でも締めるところはきちっと締める管理職の鑑のような人。
    一度、部下がやらかした大失敗を自分の責任として背負い降格したが、人望も能力もあるので程無く再昇格したこともあるとか。

    同じ部署に、B課長代理という人がいた。
    こっちは、とにかくお調子乗りの気分屋というか、常識的にどうかということまでへらへら笑いながらやっちまうタイプ。
    飲み会とかで下戸の部下に悪乗りしてしつこくアルハラかまし、そして悪びれないタイプと言えばイメージしやすいかな。
    上司には媚びへつらう、部下には当たり散らす、業績が思わしくない部下はねちねちいじめる。
    営業の数字は良好だがどうも法令違反スレスレなやり口もしていたようだ。
    おかげで、個人としての営業成績は(見た目上は)優秀だが、チームを率いさせるとまったくダメで、しかも本人は「すべて部下が無能なせい」と言い張ってた。
    そんな男だが、会社のお偉方には太鼓持ちよろしく機嫌を取ってたんで、若くして課長代理になってた。

    あるとき、会社で大規模なプロジェクトが持ち上がり、優秀な社員がかき集められて新規の部署を立ち上げることとなった。
    で、A課長とB課長代理もそちらに異動することになった。
    皆、心からA課長との別れを惜しんでたが、B課長代理については「へー、そう」みたいな感じだった。

    そして、異動直前の最後の日。
    B課長代理は何を思ったか、「寄せ書きしてくれよ」と色紙を回してきた。これって本人が希望するものだっけと俺は首を傾げたもんだが。
    どうも本人は「自分は明るくて仕事もできるムードメーカー」として皆に好かれていると思っていた節がある。

    俺個人は、同じ部署とはいえ余りB課長代理と接点がなく、被害を受けることも(ほとんど)なかった。
    さりとてその人柄とやり口はさんざん実見していたので「建前でも別れを惜しむようなことは書きたくないな」と同僚間に色紙が回されているのをぼんやり見てた。

    で、終業間際に俺のところにも色紙が回ってきたんだが、思わず吹きかけた。
    色紙に書き込んでいる全員が全員、

    「A課長、お世話になりました! 新部署でも頑張ってください」
    「A課長がいなくなると寂しくなります。いつでも戻ってきてくださいね」
    「新卒の頃、大変お世話になりました、A課長。本当にありがとうございました」

    という感じで、A課長への感謝と惜別の念に溢れまくり、B課長代理のことなんざ何一つ書いてなかった。
    最初からA課長宛の色紙だったのかとも思ったが、隅っこの方に「新天地へいくBへ一言」と(おそらく本人が書いたのだろう)書き込みがあったので、それもない。

    どうも、B課長代理との別れなんざ口先だけでも惜しみたくないというのは皆の総意だったらしく、

    「異動するのはA課長もだし、この色紙はA課長宛のものだと勘違いしていたことにしよう」

    と(先述の書き込みを意図的に無視して)皆、A課長に対してのみの言葉を書いていったらしい。
    誰一人それに異議を唱えるどころか、全員が無言のままに足並みを揃えるというのもすごい話だが、思っていた以上にB課長代理は嫌われていた模様。

    俺もしばらく迷ったが、無言のままに右へ倣えで「A課長、ありがとうございました」などと書いて同僚に回した。
    仲の良かった同僚がB課長代理に連日嫌味言われて鬱になりかけたのを見てたしな。あえて擁護する理由は欠片もなかった。
    で、その色紙が気の利いた社員の手により黒地の包装紙で包まれて、B課長代理に手渡されるのを職場の端っこから傍観していた。

    数ヵ月後、B課長代理が新部署で部下へのパワハラ・セクハラで問題を起こし、さらに粉飾決算めいた営業数字の捏造まで暴かれて、降格の上で左遷されたと聞いた。
    それまでは問題が起りかけてもゴマをすっていたお偉方に庇われて有耶無耶にされていたのが、優秀な連中ばかりが集まった新部署では通用しなかったらしい。

    復讐というより悪戯、もっというと因果応報、最後はただの自爆だが、人望の格差というものをまざまざと見た気分だった。





    790 :可愛い奥様@\(^o^)/2017/07/28(金) 23:57:22
    昔の職場で、上司が急タヒした
    明るくて好感のもてる人だったのでその知らせを聞いた時は悲しくて涙が滲んだ
    泣きそうな私を見て、他の課の人が優しく背中をぽんぽん叩いて励ましてくれた

    でも私は翌朝その亡くなった上司の机から鍵を探し出してロッカーを漁った
    金目のものが何も入ってなくてがっかりした
    後で私物を遺族に渡したときに、机の中から出てきた金券もあったと知って
    ロッカーじゃなく机の方を漁っておけばよかったと一日中悔しかった

    たまに未来の技術とかタヒ後の世界とかでこういう行動が皆に知られて呆れられることを想像しちゃうわ



    439 :2008/01/20(日) 02:27:10 ID:64aEHxQJ0
    去年の話。

    私(22歳)
    彼(現旦那28歳)
    K(34歳)

    私と彼は同じ部署の上司、部下だった。
    あれやこれやと言う間に恋愛関係に。
    (営業で一緒に回ったりしてるうちに気が合ったので)
    そして3半年付き合った末に結婚を決めた。
    それが昨年の事で、結婚の為に年内で私は退職。
    それに絡んだお話ですよ。

    昨年11月に部署のみんなに結婚と私の退職を伝えた。
    祝福ムードの中、1人だけ違う雰囲気の人が…
    それは先輩OLのKさん。
    明らかに私を睨んでおられますたw
    その場は気にしない様にやりすごした。

    ところがその次の日からも明らかに態度がおかしかった。
    ネチネチ嫌みを言ってきたり、仕事を押し付けてきたり。
    かと思えば急に機嫌を取ってきたりととにかく変。
    同僚も
    「ねえ、何かKさん態度おかしくない?」
    と言う程だった。
    すると別の男性.社員の人が
    「きっと自分より一回り位下の子が先に結婚して僻んでるんだよw」
    と言い出した。
    …のでそう考えて気にしないことに。





    853: 名無しさん@おーぷん 2014/09/02(火)22:03:48 ID:gslW9mbZE
    仕事の付き合いで帰りが遅くなるって連絡してきた嫁が
    泣きながら「上司にホテルに連れ込まれそうになった」
    って電話してきた時が最近で一番の修羅場だった。

    「このままでは嫁が犯罪者になってしまう!!」って思って。

    慌てて現場行ったら、案の定上司とやらが肋骨3本と顎を叩き割られて、
    路地裏で動かなくなってた。
    剣道有段者の俺でも、獲物がないと太刀打ちできない
    空手の猛者に何て無謀な真似を…

    お巡りさんは厳重注意だけで済ましてくれました。
    どうやったのかお巡りさんに聞かれて実演してたけど、それは見事な四連撃でした。
    お巡りさんに「えげつない…」と言われて、ちょっと涙目になってた嫁が可愛かった。





    115:おさかなくわえた名無しさん2012/07/30(月) 17:33:52.95ID:E5duo4YX
    武勇伝ではないけどスカッとした話

    友人♀(以下A)…26歳 友人の同僚♀(以下C)…34歳 上司♂…40歳

    Aは大人しくてお人好し。「まぁ自分はブスでデブなんだから、何かいいとこがないと」って言いながら、「打算で親切な自分orz」と落ち込むようなやつ。
    Cは、話を聞く限りAを引き立て役に使ってる感じ。「Aはわしが育てた(AA略)」を地で行くタイプ。
    暑がりなAに「ピwwwザwww」「贅肉つまめちゃうもんねwww」とか「節電の敵。福島に謝れpgrwww」
    言っておくがAはガリチビだった小学生の時分から平熱37℃オーバーで冬でも氷枕必要としてた暑がりだったんだよ
    他にもAが褒められてると「Aはわしがry」「Aは私がいないと何にもできなくって~」と口を挟みに行ったり、とにかくAの手柄は全部横取り
    反対に、自分のミスは全てAに責任転嫁(但し職場の全員がCを理解してて「はいはいワロスワロス」状態。Cは気付いてないけど)
    そもそもCの方が後から入社したんだから、それまでのAをみんな知ってるわけ
    それである日、同僚の一人が上司(独身)に「Aさんなんてどうですかw」と言ったところ、上司は「Cさんの方がいいなあ」だと
    それを聞いたCは舞い上がり、それを聞いた私は「その上司、見る目ねーなあ」と思った
    しかもその上司はロクに遊んだりしなかったから貯金がすごいと知ったC、Aをダシに猛烈アプローチ
    「Aはわしry」で面倒見の良さをにおわせつつ、手製の弁当なんて差し入れちゃって必タヒに良妻賢母アピ

    そして先日めでたく

     上 司 の 年 上 好 き が 発 覚 し た 

    40歳の上司より 年 上 だと思われていたと知ったC、

       大  轟  沈wwwwwwwwwwwww

    しかも「えっ、年下だったの?(驚愕) じゃあ興味ないや」と言われ、さらには
    「同じ年下ならAさんの方が魅力的」と追い討ちかけられC再起不能w 

    425: 可愛い奥様 2013/10/18(金) 12:39:25 ID:pQNIXBeV0

    因果応報を感じた話。長文失礼。 
    1/2 

    結婚前にしていた仕事の上司(おばさん)が何かにつけ嫌がらせをしてきた。 
    最初はいい人だったのだがある時から仕事の難癖からはじまり、私だけ情報が来なかったり、 
    周りの社員に「あいつは辞めさせるから」とか言い回ったり、
    なのにオーバー過ぎる仕事を押し付けたりとパワハラ三昧。 
    その上容姿(よろしくない)や学歴(定時制高校から専門学校)、 
    はたまた家柄(普通の家。上司は議員の家)ことまで嫌味をいうように。 
    3年ほどで精神も体も病み退職に追い込まれた。 
    さて、その上司には可愛い可愛い一人息子がいる。しかし過干渉を嫌い、家から出ていた。 

    退職後、しばらくは恨んだ。復讐してやるって。 
    でもそんなことしても疲れるし時間がもったいない。そう思えるようになった。 
    そして退職して時間が出来たので結婚相談所で婚活。とある研究職の人と出会いそのままスピード結婚。 
    夫と仲良く幸せに暮らし、これが上司への復讐かもな・・・と思っていた。 

    ある時、夫がとある学会に出たが早く終わりそうなので帰りに食事をしようということになり、会場近くの喫茶店で待ち合わせることに。 
    なぜだかそこに元上司が!! 
    上司は恨みがましい目でみるも無視無視。もうこんな外道と関係を持ちたくない。 
    フラッシュバックを起こしそうなのを抑え、夫を待った。

    このページのトップヘ