ロミオ


    ※追記しました
    情報ありがとうございます


    332: 名無しさん@HOME 2010/02/22(月) 17:24:48 0
    生まれて初めてのロミオメールが来た 


    拝啓 ○○様へ 

    貴方は今でも、私のことを想い、一人寂しく過ごしておられることでしょう 
    私はついに、その想いを受け入れることを決意致しました 
    つきましては、○月○日、○○時に(ちょっと遠い店。とんかつ屋)まで馳せ参じて頂たく存じあげます 
    まず、貴方が私を本当に今でも好きであることを確認するため、私の食べる昼食代のお支払いを支払って頂たく申し上げます 
    そして、私にが貴方の想いを受け入れる代償として、○○ホテルに予約を願い致します 
    これは全て、私が貴方の想いを受け入れることに対する、貴方の決意として表明して頂たく存じあげます 
    また、貴方が私を想っているのであれば、貴方は私の父母と同居すること、即座に席を入れることを条件として提示致します 
    これほど軽い条件で済んでいるのは、貴方がかつて私と交際しており、私から貴方を振った代償とさせて頂ます 
    ○日、お待ちしております 

    敬具 ロミオより


    ここに投下したのは他でもない、お願いします、誰か翻訳して下さい 
    何を言いたいのかこれっぽっちもわかりません 
    書いてあることがカスほどもわからないあまり、指定された日時が今日の16分後であることも理解できません 


    ・・・この書き方疲れる








    631 :名無しさん@HOME 2010/05/01(土) 12:52:16 0
    もげろ祭りの途中ですまんが。 

    再婚したらしいね。 
    君に朝から晩まで働かせて、ひどい男じゃないか。
    その点、俺は君が家庭に居ることを望んだできた男だったろう? 
    女の一人身は周りがやかましいから、さっさと結婚したんだろうけど 
    安易に楽な方へ逃げるからそうなるんだよ。 
    俺は君に家庭に居ることを望む。
    まあ、世間との関わりは必要だろうから 
    パートぐらいはしたほうがいいかなと、最近は思いはじめたけれど。 
    それにしたって、まず家の事をきっちりやってからだ。 
    戻ってきたいなら、きちんと身辺を整理してからにしろよ。 

    元夫から。







    184 :名無しさん@おーぷん
    元旦那からのロミオ。

    妊娠中にウトが他界し、良トメと同居になった。
    ハイリスク妊婦だったので、大病院激近バリアフリーなトメ家は正直渡りに船な立地だった上、トメとも仲がよかったので同居はありがたかった。
    元旦那も始めは喜んでたんだけど、無事産まれた娘が話しだしたあたりからおかしくなってきた。
    元旦那は娘に必タヒに「虐待」という言葉を教え込んだ。
    娘は嫌いな野菜が出てきたり、台風の日にお散歩をやめようと言うと虐待ー!と泣き叫ぶように。 
    元旦那とはトメと三人でも、二人でも、うちの親交えても、何回も話し合ったけど、「身を守る言葉は必要」の一点張りで、
    元旦那は娘には優しい虐待レベルの甘やかししかしない。





    551 : ◆l5cEUlQGOCPT 2013/09/22(日) 01:17:04 O
    誰も居なみたいので書き逃げ。 

    元旦那が結婚3年目(小梨)で浮気。 
    この時点で離婚を決意してたんだけど、 
    大奥大好きなプリンちゃんが「見台所(?)と側室が一緒に暮らして寵愛を奪い合うなんて素敵☆ミャハ」と乗り込んで来たので、弁護士入れてサクッと離婚した。 

    そんな後ろ暗い出来事があったにも関わらず、さっき元旦那からロミメが来たので投下。 

    件名:お久しぶりブリーフ! 

    お元気ですか? 
    君の所(私の持ち家)から追い出されて、もう2年かぁ。 
    早いなぁ…ほんと早い。 

    そういえば、○○(共通の友人)から聞きました。 
    お父さん、亡くなったんだね。 
    離婚しなければ、今頃は俺が社長だったのかな?なんてね! 

    今からでも遅くない。 
    俺が君を支えるよ! 
    先ずは食事でもして、これからの事を話し合おう。 
    連絡して。 

    これが一通目。





    87:名無しさん@HOME2010/05/13(木) 14:45:03
    強力ジュリに笑ってたら、自分にもきてた。
    今日は離婚記念日なんだって。
    だから新しい結婚記念日にしてみないかだって。

    ちなみに、俺は三回目の結婚記念日だ、すごいだろ(はぁと)

    笑うだけ笑ったら、こんなのと籍入れた自分にものすごい自己嫌悪…





    626 :2012/04/08(日) 11:31:300
    会社の先輩(女性.)が珍しく落ち込んでいたので
    気になって声をかけたら、元ダンナさんから手紙が届いたとのこと。
    あーそれ、ロミオメールって言うんですよと、歴代の傑作をいくつか紹介したら、
    「そうかぁ、笑い飛ばせばいいのね!」と、スッキリしてくれた。
    で、先輩のところに来た手紙の一部を、ご本人の許可をもらって晒します。

    『桜の季節が廻って来たね。
    街にはピカピカの1年生が溢れています
    僕たちの子供も、生きていれば今年小学校入学だったんだね
    思えば、赤子が小学生に成長する長い年月を
    君は後悔と反省に費やしたのでしょう。
    僕もそれを受け止めるべきでした
    あの子は生まれ変わる日を待っているはずです。
    また1から始めましょう』
    (一部省略・改変あり)





    921 :2015/05/28(木) 18:34:200.net
    嫁を使って親孝行って男は多いけど、別れた元旦那がそれ
    色々あって離婚する時に
    「もう俺の親に会えなくなるんだぞ」
    って言われた時には失笑した
    離婚しても「親は親だから面倒みろよ?」って宇宙人すぎるわwww
    「だっておかんの葬式はお前の実家のツテであげたんだから法要とか
    離婚しても責任あるだろ」
    ってお前がプリンちゃんとイチャコラして何一つ葬式しなかったから仕方なく
    私の親が動いてくれた事すら感謝ではなく責任って
    「再婚はすんなよ、あとこの家出て行け」って私親名義の家なんですけど?
    もう最後は本当に何言ってるのかわかんなくて、叩きだした
    あれだけ、あんたの親の為に結婚したんじゃないって言ったのにねぇ
    やっと自分の親に親孝行できるよ





    825 :2009/03/29(日) 21:17:360
    ウトは貧しい家の出で、中卒で働き家族に送金し、
    トメは貧しいながらも子育てをし、夫を支えてきた。
    小さいながらも会社を立ち上げ、堅実に経営をしてきた。
    その働きづめの人生で、突然はっちゃけてしまったウトは
    50にして28歳のホステスに入れ上げた。
    ちなみに義姉は当時30歳。

    ホステスさんも結構かわいそうな身の上で、ウトにべったり寄りかかり、
    ウトもかわいそうな子なんだ、とべったり寄りかかられていた。

    子供の頃から親に虐待されていて施設育ち、
    今でも背中に大きな痕が残ってるとかなんとかで、「見たんかい!」と…

    ウトは財産のほとんどをトメに渡し、愛人と出て行った。
    土地建物は処分して、超良トメは私たち夫婦と同居。

    義姉は婚家で
    「婬乱の血が流れている」といびられ、
    義姉夫が奮起して転職し、今は遠方で暮らしている。

    カウンセリングなどを受けながら、
    傷を癒していき段々と元気が出てきたトメにロミオ手紙。




    400 :名無しさん@おーぷん
    二十代で付き合ってた彼氏が、欲しがるので合鍵渡したら
    よく私のアパートに勝手に入り浸るようになり、
    「合鍵は渡したけど事前連絡無く勝手に来るのはやめて」
    と言ったら何度か喧嘩になった

    ある日夜勤明けで家に帰る途中、
    近所にある障がい者を多く雇用してるパン屋さんから良い匂いがして、
    店を覗いたら「ぶどうパン焼きたてですよ」と声を掛けられ思わず即買いした
    パンの匂いを嗅ぎながらホクホクして帰ってきたら、また勝手に彼氏がいた
    その日仕事休みで泊まってたらしい



    188 :2016/02/24(水) 12:50:12ID:GdK
    元旦那が豹変した話。
    結婚四年目、子供ができなかったので検査をしたら二人とも不妊発覚。
    子供は諦めざるをえず、それから半年後くらいから元旦那がおかしくなってきた。
    というか、幼児退行してきた。
    ハンバーグ、エビフライ、とんかつ、カレー、焼きそば、そんな食事ばかりリクエストし始め、弁当には必ずふりかけをつけることを要求。
    仕事から帰ったら服を脱がせて、と要求。
    共働きだったけど、私だけ残業した日もそのまま待ってて、脱がせろと。
    脳か、心か、病気じゃないかと心配したけど外では普通だし、でズルズルと約一年。

    このページのトップヘ