ストーカー



    426:彼氏いない歴774年2011/10/18(火) 07:26:17.72 ID:f0zBvncY
    思いがけず、隣の部屋の女性.をス㋣ーカー被害から救ってしまった。

    女性.は夜の仕事なので、昼間寝ていて夕方出勤してたらしいんだけど、私は引っ越してきたばかりだし、生活サイクルが違うので一度も会ったことがなかった。

    私が仕事から帰ってくる7時~8時くらいに、隣の部屋に帰ってくる(と思ってた)

    20代後半~30代前半くらいの男性.とエレベーターで一緒になったりしたので、てっきり男性.の一人暮らしだと思い込んでた。

    ある日、私が出勤しようとした朝に、その部屋から女性.がごみ出しに出てきた。

    その部屋の男性.の彼女だろうと思って適当に朝のあいさつして通り過ぎようとしたら、たまたま近所に住む大家さんが来て、

    「最近痴/漢の被害が多いから、あんたたち2人とも女の一人暮しなんだから気をつけるのよ」

    と言った。

    あれっ?と思った私は女性.と大家さんに

    「あれ?でも彼氏さん?もしかしてお兄さん?と一緒に住んでますよね?」

    と言ったら女性.の顔がみるみる真っ青に。






    963 :名無しさん@おーぷん
    もう10年は前だなぁ
    当時まだ2ちゃんなんて知らなかった私の行動を、逐一ネットにあげられてスネークされたことがあった
    今でもよくわかってないけど、確かVIP板かな

    私の結婚が決まったあたりで、小学生のころからずっと告白してきてた近所の同級生が暴走した
    「彼女と結婚を決めるから手伝って」みたいな名目で、私に送ったメールとかを2ちゃんに晒して安価したり
    私の相手親との顔合わせ予定の日に
    ○○でデートと場所を晒して人を呼び寄せようとしたり
    服装とか行動を細かく報告という名目で晒されていた
    ある日家に帰ったら2階の窓から私の部屋に侵入されていて、それが安価の指示だったとか
    私の婚約者のことを「俺の彼女に手を出す敵、しつこいストーカー」みたいな書き方して排除しようとしたり

    気づいたのは婚約者の弟
    高校生だったけど2ちゃんに入り浸ってたらしくて、メールで教えられた
    2ちゃんでのことを婚約者の親がどう勘違いしたのか
    「平和な私達一家をあなたと知らない男が手を組んで壊そうとしている!」
    と報告者の母親が我が家に怒鳴り込み、私が結婚詐欺をしようとしていると思い込まれていた
    警察にも相談したけど、ネット上のことなんて当時はあしらわれてオワリ
    手を打つ前に婚約者親から婚約取り消しを言い渡された
    婚約者にも「全く状況がわからない、お前が正直凄く怖い」と言われた

    田舎だったものだから、ご近所には私が婚約者に逃げられたとの噂がまたたく間に広がって、あっという間に婚期をのがした
    (田舎なので結婚は25までにするものという考えがあった)
    同級生からも何度も「行き遅れる前に貰ってやる」と上から目線のアプローチがあったが
    同級生親が「あんな婚約者に逃げられるような女に長男がやれるわけがない」と暴走してくれたお陰で、遠くに連れ去られてた
    27歳になり、「あーもうこれ一生独身かな、結婚できたとしても子供は望めないな、一人娘なのになんて親不孝だ」
    と独身の生涯設計を立てて保険の見直しをしていたとき、ふらっと見覚えのある青年が家を訪ねてきた
    「覚えてませんか、元婚約者の弟です」
    そう言うなり地面に頭をこすりつける勢いで土下座
    「すみませんでした、俺、あの時面白いことにでもなればと、ろくに説明もせずに家族に2ちゃんのことを教えました
    書いている人が警察に捕まればと思ってたのに、婚約破棄になるなんて」
    地面すれすれにある頭を見て、「あ、つむじが2つある」とどうでもいいことを思っていた
    弟から、元婚約者が婚約破棄後すぐその傷に漬け込んだ女性と結婚したこと
    女の金の使い込みで子供作ってさっさと離婚したこと
    最近元婚約者が親に「あんたらが暴走しなけりゃ今頃幸せな結婚生活が!」と暴れていることを聞いた
    「兄はあなたとの再構築を考えてますが、結婚してからの兄は人が変わってしまって怖い
    あなたが結婚していたら兄も手の出しようが無いが、あなたが未婚なら兄の手がのびるかもしれない」
    こうして元婚約者の弟との、密かな逃亡劇がはじまった
    元婚約者が私を訪ねてくるときは弟が先回りして知らせてくれた
    元婚約者が車ごと家に居ないときは気をつけるように電話もあった
    元婚約者が家の前で張っていて帰れない時は、弟が私を拾って近くのホテルに一晩泊まらせてくれたこともあった
    少しずつ準備をして、三ヶ月後には元婚約者が仕事で絶対来ない時間を見計らい引っ越しをした
    弟が色々と調べてくれて、大学生だったのに家の仕事を手伝って貰った金を引っ越し代にあててくれたり
    元婚約者が手を出せないように居場所をくらます方法を教えてくれた
    「自分にも居場所は知らせないほうがいいでしょう」
    そう言って引っ越しの日、弟と最後の別れをとげた
    その後弟が頑張ってくれたのか、元婚約者に追われる事もなくなった
    8年ほどかかり、ようやく修羅場はおさまった



    672:名無しさん@HOME2016/03/31(木) 18:53:20.36 0
    うちは車が二台あって、それぞれが通勤に使っている

    休日に一緒に出掛ける時は、ナビが付いている夫の車を使う事が多い
    年末に夫の車で一緒に出かけた時に、私のじゃない長さの髪の毛を発見した

    その少し前に義実家に行った時に、義実家近くの店に行くのに
    義妹に案内してもらって その時案内の為に義妹が
    助手席に乗ったので、その時かな?と思った
    義妹は髪を染めてなくて、車内に有った髪は茶色い気がしたけど
    余り気にしなかった

    その後、車内からヘアピン、イヤりングの片方、ビジューの付いたボタン、
    口紅の蓋と怪しい物が見つかったが、このうちイヤりングは義妹の物だったので
    他の物も勘違いだった気まずくなると思って問い詰めなかった





    839:名無しさん@おーぷん2015/08/13(木)03:00:11 ID:YHP
    ライトなのをひとつ

    会社での帰りがけに、隣席のママさん社員と「今夜のおかずは何にする~?」とか
    「このごろナスが安いよね~」とかいう話をしていた。
    ある日、私「今夜のおかずは何にします~?」
    ママさん社員「豚汁かな。(私)さんは?」
    私「ビーフシチューにしようかな」
    マ「おおっ、豪華」
    私「でも缶詰なのww」
    マ「缶詰のシチューやカレーっておいしいよねww」

    駅で、同僚のS木と一緒になった。

    S木「(私)さん、今日はビーフシチューだって?」
    私(聞いてたのかよ)「そうです」
    S木「僕も食べに行っていい?」
    私「は?」
    電車が来たので、「今日は忙しいので」とかよくわからないことを言って逃げた。
    S木は向かいの席にいる。歳は同じくらい、あまりしゃべらないというくらいしか知らない。

    別の日
    マ「今夜のおかずは~?」
    私「チキンカレー。でも缶詰ww」
    自宅のある駅で電車を降りたら、改札のところにS木がいた。
    S木「今日はチキンカレーだって?食べに行っていい?」
    あまりにツッコミたいことが多すぎて逆に言えず、「今日はダメです」と走って逃げる。


    さらに別の日
    マ「今夜の~」
    私「ハッシュドビーフ。でも~」
    自宅(アパートで1人暮らし)に戻ると、インタホンが鳴る。すごくイヤな予感がする。
    しかし居留守もきかないだろうとインタホンに出てみる。
    S木「今日はハッシュド~」
    私さすがに切れる。「お誘いしてませんよね!」
    S木「でもコンビニで替えのパンツ買って来たし」
    めまいがしたが「帰ってください」と繰り返す。
    S木「大丈夫だよ!僕は常識にはとらわれないから」
    私もう怒鳴る。「常識にはとらわれなくても、良識はわきまえろ!」

    これで説得できてしまったらしい。その後は全く関わってこなくなった。
    不思議なのは、ママさん社員とは毎日のように今夜のおかず談義をしていたのに、
    私が缶詰の話をした時だけこういう状況になったこと。
    S木はよほど缶詰が好きだったんだろうけど、だが断る。
    私だってたまの楽しみに高い缶詰買ってんだ。食われてなるものか。





    82:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/03/12(木) 22:09:52.59 ID:FD+0wC1s.net

    同じマンションの男にストーカーと間違えられて

    男の友人にタックルされて顔面を数回なぐられて警察に突出された 
    話を聞いてみると、帰ってくる時間が一緒でよくエレベーターが一緒だった人で 
    私が市銀の一般職で、〆以外は残業を上司に管理されてて5時半に勤怠を切って 
    ロッカーで制服を着替えて6時過ぎ帰宅ぐらいのサイクルで生活してた。 
    買い物は一人暮らしで日曜に大量購入して、買い忘れたものだけ帰り道の商店街で買ってたので 
    いつも同じ時間にマンションのエレベーターに乗ってた。 

    同じく私にストーカーされてたと勘違いした男は大学生で8時50分が1限目の 
    5限終わりが5時50分で、大学側のマンションなので歩いて帰宅で6時過ぎで 
    私とよくエレベーターまちでカチ合ってたらしい。 
    本人は完全に私の事をストーカーだと思ってて、マンションに不法侵入してると思ってた。 

    本人曰く「わざとらしく上の階のボタン押しやがって」とのこと 
    それでストーカーと勘違いし、友達と打ち合わせてタックルして警察呼んだ。 

    私は若い子に興味無かったので、よくエレベーターで一緒なのすら言われるまで気が付かなかったw 
    警察に説明し、会社の勤怠も提出してもらい、大家からも上の住人だと援護射撃もあり無罪放免。 
    そもそも自分はその大学の卒業生で、そいつらより先にマンションに住んでた。 
    大学好き過ぎて地元ラブ過ぎて近くの市銀に就職した。 

    ストーカー認定男や男の友達の親から謝罪と治療費の支払いが有ったが、 
    転んだ時に手を付いて、手首を骨折して2週間仕事を休み、1ヶ月ほど職場に迷惑をかけたのでキッチリ被害届出したw 
    4人中2人が未成年なので大した罪にはならんがw 

    大学側に伝えるかは迷ったけど、「突然、おたくの大学生4人にマンション前で待ち伏せされ押し倒されて 腕を怪我しました。被害届も出してます。今後、色々情報を開示してもらうかもしれません。」と 
    チョット強*未遂を匂わせるような、名誉毀損にならないギリギリの言い方で伝えた。嘘は一切付いてない。 

    未成年で大した罪にならないのがムカついたので大学のゼミやゼミの後輩や知り合いに実名で話をしておいた。 
    本人たちは停学3ヶ月とかだったらしいけど、すぐに噂が広まって大学辞めてったらしい。 
    こっちはなぐられた顔面がコブみたく腫れたからいい気味だ



    453:名無しさん@おーぷん2014/11/29(土)09:08:53ID:EIh
    自分的にすんごい怖い話だったんだけど、
    3ヶ月くらい前から仕事から帰宅すると
    晩御飯が1人分だけ作ってある事がちょくちょくあってさ。

    私が残業有のフルタイム正社員で働いてる事を
    よく思ってないトメが当てつけ的に作ってってるんだと
    思ってたから特に気にも止めてなかったんだよね。
    トメが私達不在の時に侵入してくるなんて日常茶飯事だったし。
    んでこの料理がくっそ不味い。
    トメは美味しい!って絶賛する程ではないけど
    普通に食べられる程度の料理を作る人だから
    なんじゃこりゃ??な状態で私も旦那も食べずに捨ててた。

    たまに旦那のアレルギー食材がガッツリ使って
    ある料理が準備されてる時もあって、
    いい加減食べ物を捨てるのも嫌だから
    用事で義実家に行った時に
    「勝手に家に入るのは別にいいんで料理はやめて下さい。
    食材勿体無いし私も旦那も食べられないんで。」
    と言ったら
    トメ「料理ってなんのことよ??」




    224:名無しの心子知らず2011/08/18(木) 08:10:19.81 ID:ZIaOtCO1
    昨日スーパーにて
    全身ふりふりレースなキ○ィちゃんの服(ゴス□リ寄り)を着た40後半の女性に絡まれた

    野菜コーナーで手に取ろうとした野菜を思いっきり横から取られ、
    ヘタレな私は取られた側にもかかわらず「あ、ごめんなさい…」と謝った

    すると
    その全身キティ服の女性はこちらをガン睨み。
    私はわけわからず再び謝り、買い物もそこそこにそそくさとレジへ。
    すると今度は、私の並ぼうとしたレジにスラーっと横入り。 
    そしてまたガン睨み。怖い。 
    私が戸惑っていると店員さんが「そちらのお客様が先ですので…」
    と私を先に会計しようとしてくれた 
    するとキティ服さん、三白眼のごとく目を見開き、私を睨みながらゆっくりと隣のレジへ。 
    この時点で私は恐怖で心臓バクバクだった



    647:名無しさん@HOME2011/05/23(月) 23:49:54

    警察によばれたのが今まで生きて来て一番の修羅場だった。

    ある日普通に帰宅したら警察が訪ねてきた。

    何月何日どこにいましたかって。
    おぼえてないもんだねぇ。
    スケジュール表開いてどこそこの会社に何時に訪ねてとか教えた。
    証明してくれる人はと言うので、一緒に行った同僚を教えた。

    ●●△男さん知ってますかと言うので、知ってますと答えた。
    高校の時の生徒会長で私は副で実は清く付き合っていた。
    あっちは地元国立で私は関東私立で
    遠距離でなんとなく別れてしまった淡い思い出。

    もう6年以上前なのに今更と思っていたら、
    今彼は結婚しようとしている彼女がいるが
    その人に執拗にストーカーがいて彼と別れろと脅迫文が来ていて、
    それに私の名前があったそう。






    682: 名無しさん@HOME 2013/10/17(木) 17:34:48.03 i

    相談いいでしょうか? 
    今パソ子が壊れていて、もしもしからですので、読みにくいとかあったらすみません。 

    私は23の女で、同い年の夫がいます。 
    小さなマンションに住んでいるのですが、向かいに住んでいる中学3年生の女の子が夫に言い寄ってきて困ります。 

    止めて欲しいと訴えていますし夫も段々本気で避けてくれるようになりましたがめげません。 
    隣の親に訴えても叱ってはいますがどこか緩いです。 
    子供のやる事だから本気じゃないと思ってるのかもしれません。 
    警察にも行きましたが、違法とされる行動には及んでいない、 
    たまたまと言われると何も言えないので難しいと言われます。 

    具体的にされた事は大体以下の通りです 

    ・夫と家を出るタイミングを合わし、話しかけ、駅までついて行く(試しにずらしてみましたがピッタリです。) 
    ・旅行に行くと夫にだけお土産を買ってくる 
    ・夫を名前+さんづけで呼ぶ(私は名字+のおばさん。あ、山田のおばさん、みたく話しかけられます) 
    ・駅までを自転車通勤にしてみたら向こうも自転車通勤になった 
    ・夫婦で話していても基本的に夫の方しか見ない 

    止めてと本人に言うと 
    私が何かしたのか 
    私が嫌いなのか 
    貴方は夫に言いよるなと言うけどこちらにそんな気はない、迷惑 

    こういった内容でかわされますり。 
    私が自意識過剰なのでしょうか? 

    また、仮に私が正しいとしても打つ手が引っ越し以外に思いつきません。 
    何か効果的な策はあるでしょうか?



    692: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)21:08:10 ID:AxnZfmlB3
    一応終った修羅場です。
    初カキコ&フェイクありなので、辻褄合わなくてもご勘弁。
    長いので、分けますね。

    とりあえず、スペック
    私:20代後半 地味顔+童顔 持病有 自宅で仕事してる
    旦那:ぎりぎり30代 そこそこイケメン 写真家

    3年前に知り合い、意気投合しなんだかんだで付き合うことに。
    自分の持病の関係で子供が産めないこともきちんと説明し、それでもいいというので2年前に結婚した。
    体調が悪いときは積極的に家事とかしてくれるいい旦那さん
    旦那も写真だけじゃ食べていけないので、違う仕事もしている。
    互いに仕事の関係で大々的な式はせず、身内だけでひっそりした。

    ここまでが前提。

    スーパーで買いものをしていたら、高校の時さほど仲良くなかったAさん(私は地味グループで、Aさんは派手グループ)と再会した。
    Aさんは仕事の転勤でたまたま近所に引っ越してきて、まだ友人がいなかったようでまくし立てられるように話して来た。
    その後も何回かスーパーとかで会うたびに、給料が低いとか上司がうざいとか愚痴を聞かされていた。

    A「私さんって結婚は?あ、地味子ちゃんにはまだ遠い話だよね(笑)」
    私「2年前に結婚しましたよ。」
    A「えー!なんで教えてくれないのー!!結婚式行ってあげたのに!」
    私「身内だけのこじんまりとした式だったんです」
    A「子供は?」
    私「いないです」
    A「えー、そうなんだ。旦那さんってぶさいくだから結婚式あげなかったの?」
    私「いえ、お互いに仕事の関係でなかなか難しいからですよ」
    A「またまたー。私が吟味してあげるから写メないの?」

    Aさんの発言が大分香ばしかったので、写真嫌いだからないことを話すとやっぱりぶさいくなんだと遠まわしにpgrされ、勝ち誇ったような顔をされた。
    こういう事は割りと慣れているので、適当にスルーしていた。
    それかは暫くAさんと逢わなかったので、仕事が忙しいのかくらいにしか思っていなかった。

    このページのトップヘ