コトメ





    754: 名無しさん@HOME 2019/12/21(土) 17:42:59.73 0
    同居のコトメは忄生犯罪のトラウマ(しかし本人にも非アリ)でメンヘラ。 

    高校時代は教師、
    大学でも当時20歳なのに講師や院生に間違われたこともあるくらいの老け顔。
    30代に見える。 

    そんなコトメのどこを気に入ったのか分からないが近所のTさんというおじさんが 
    「本当はもっと若い子が良いけど
    おばばでも家事やって子供何人か産んでくれれば我慢するからもらってやる」 
    「精神病んでるくらい構わない」と言ってくれている。 
    本来なら絶対にありえない縁談だが
    コトメを厄介払いできるならぜひお願いしたい。 
    コトメは「お父さんの方が年近い男なんて嫌!」
    「同年代でできたら同い年と結婚したい。」
    と言っているが22歳で彼氏いない歴年の数で何言っているのか理解不能。
    ちなみにコウト以外の家族全員が賛成しているといえば
    どれだけコトメが不良物件か分かってもらえると思う。





    379: 名無しさん@HOME 2017/12/11(月) 09:57:36.70 0
    先日二人目妊娠を義実家に報告した
    義父も義母もそれはもう喜んでくれて、こちらも幸せだった
    けど、一緒にコタツに入りながら話しているとふと義母が「どうして娘は子供が授からないのかな」とこぼした
    義妹は不妊治療中で、おおらかな忄生格で治療を公言、うちの子もとても可愛がってくれるいい子
    そんな中での二人目妊娠だったので、こちらもなんと返していいかわからず無言に
    「あっあなたじゃなくて娘が妊娠すれば良かったのにとかそんな意味じゃないのよ!?」と慌てる義母
    でもそのあとの言葉に唖然とした
    あなたのお母様がうらやましい、私だって娘の妊娠出産というのを経験したい、里帰りのお世話をしたい、陣痛に付き添ってあげて誕生を一緒に喜びたい、新生児のお世話を娘としたい…
    義母は涙ぐんでいて、義父は途中で話を止めさせた
    息子の孫より、好きなようにできる娘の孫が欲しいんだなと思ってしまった
    娘のことを心配するより自分のことでいっぱいなんだなこの人と思ってしまった
    とてもいい人たちなんだけど冷めてしまって、もう最低限の付き合いしかしないようにすることにした





    185: 名無しさん@HOME 2009/08/28(金) 22:50:12
    トメスレかコトメスレか迷ったけど、発端がコトメなのでこっちに投下。
    ついさっきのことなので混乱してる。文章おかしかったらごめん。

    突然、トメからひとりで義実家に来るよう夫経由で連絡が来た。何の用か
    わからないし、行きたくはなかったけれど、いつもお世話になってる義兄嫁さんも
    行くと聞いたので、しぶしぶ出かけた。










    274: 名無しさん@HOME 2007/09/10(月) 19:04:42 0
    暴力嫌いな人スルーしてください。



    コトメにずっといびられてきた。
    忄生格悪すぎて30過ぎなのに友達一人も居ないから
    年下の私は格好のターゲットだったらしい。
    例えばコトメ宅の掃除させられると、きれいにしたところを
    コトメが自分でもう1回こっそり汚しておいて
    「嫁子ちゃん掃除もできないの~?pgr
    これじゃあ新居はすぐにゴミ屋敷ね~」とか言う。
    こういう無意味に人を貶める事が大好きな忄生格破綻者。

    最初は仲良くしなきゃと思って下手に出てたけど
    エスカレートする一方。夫も最初は
    「言っても通じないから悪いと思うけど我慢して」だったのが
    調子に乗って「そのくらいのことで」に変わりこの頃では
    「家族なのに悪く言うなんて心狭い」とどっちの味方か分からん。
    (ちなみにトメはまあ普通。遠距離なので関わり薄)






    676: ラブラドール速報 2019/07/10(水) 22:00:06.07 0.net
    愚痴らせてください
    義妹大嫌い
    私が不育症で三回目の流産した直後に赤ちゃん連れてお見舞い()に来た
    義妹はまだ20代で三人の子持ち
    悪気があるのかないのか知らないけど、どうしても子供出来なくて、もう40になるしあきらめるしかないかと悩んでたのに
    平気な顔して遊びに来るなんて

    旦那は年の離れた妹が可愛いらしく防波堤になってくれない
    赤ちゃんなんて見たくもないのに
    目の前でおむつ変えたり、私にだっこさせようとしてくる義妹
    頭おかしくなりそう





    60: ラブラドール速報 2008/09/20(土) 14:29:09 0
    流れを変えるために現在進行形、遅くても今夜には結果が出るだろうドキュ返し
    テンプレな朝青龍コトメがいきなり「パーティードレス買ってくれ!!!」と我が家に凸
    嫌だとハナホジしても、お前は幼稚園児か!!!ってなぐらいゴネるからウトメに電話し(ウトメは良)
    代金立替(代金はウトメからコトメに徴収するらしい)で一緒に買いに行ってやった。
    で、買ってきたのは薄いピンク(ほぼ白)のワンピースと、ホワイトのファーボロレ
    それに可愛いから!!と言う理由でミンクかラビットファーのボンボンのついたホワイトのサンダル
    小物やアクセサリー類も白で統一し、私は「コトメちゃん超似合う〜」など大絶賛
    コトメも有頂天で、今日そのドレスを着て出かけていった

    数少ない友達の結婚式に

    今まで、職場の結婚式などに招待されても祝儀やるのムダ!!!とか言って行かなかったコトメだけど
    友人の結婚式には独身の人が多く出席するらしくコトメはそれを狙って行くようだが
    どう見ても朝青龍です。本当に(ry)なコトメに引っかかる男はいないと思う
    せいぜいpgrされてくるがいい。

    あと、コトメには一応青や青緑っぽいドレス勧めたけど、コトメが「私のイメージカラーは純白なの!!!」
    とうっせぇからそれに従ったまでです。それにコトメも成人してるから結婚式のTPOぐらい知ってるだろうしね!!





    7: 名無しさん@HOME 2018/06/05(火) 18:21:19
    コトメにイラついていたが、孤独タヒしてた。
    葬儀が終わったけど、だれも悲しんでいる人が
    いなかった。夫は、骨を飲食店に置き忘れそうに
    なるし。やっとコトメから解放





    449: ラブラドール速報 2019/07/24(水) 08:47:54.71 0.net
    私は義弟嫁のことを面倒くさいと感じるけど
    義弟嫁は私のことを無神経と思ってるぽい
    でも義弟嫁の、義実家がしてくれたことなんでも悪く解釈する感忄生は本当に面倒くさい

    私たち夫婦の時も義弟夫婦の時も、コトメが入籍の日に合わせて
    素敵なプリザードフラワーを送ってくれた
    私は純粋に嬉しかったし「気の利くコトメさんだな」と感じたし
    家に遊びに来た友達や私の身内も「これはお洒落だね」と褒めるから
    結婚式の時はウェルカムボードと一緒に飾った
    それが義弟嫁に言わせると
    「コトメがこちらの趣味も確認せず処分に困るものを送り付けてきた」
    「義兄嫁(私)が結婚式の時に飾ったから自分の結婚式でも飾らなきゃいけない」と不平不満になる
    義実家に一緒に泊まった時に、上の件も含めて義実家が好意でしてくれたこと全部
    「余計なことされて迷惑」と呆れるくらい悪く言うから呆れた
    そして悪口言うときの表情がものすごく嫌らしい笑顔だからこっちは不愉快で
    「私は同じことされて嬉しかったよ。
    そんなになんでも悪い風に解釈してたら人生辛くない?」と言ったら
    途端に表情が変わってそれから露骨に避けられるようになった
    多分、私も嫁だから義実家のことが嫌いで一緒に悪口言ってくれると思ってたんだろうな

    その後もドヤ顔で突拍子もないこと言い出して
    周囲は唖然、本人は義弟に怒られポカーン、てことが何度かあって
    最近離婚が決まったと聞いても誰も驚かない
    義弟嫁の言動は多分家庭板じゃ優等生だけどリアル社会じゃただのキティ
    なのに本人は自分がまともで周囲全体がおかしいと思ってる
    あれじゃどこに行っても行き詰ると思うけど親戚でもなくなるからもうどうでもいい





    396: 名無しさん@HOME 2017/09/18(月) 02:21:55.49
    台風うるさくて眠れないので投下
    寝ぼけてて辻褄あわなかったらごめん
    新婚小梨で普通のアパートに住みすぐそばに川が流れている
    そこから見て私実家は車で一時間ぐらいの小高い住宅街、
    その逆方向に車で三時間ぐらいのところにアラサー独身コトメ(旦那姉)が住んでいる





    889: 名無しさん@HOME 2010/02/07(日) 13:32:15
    数年前の話だけど涙が出るほどむかつくので吐き捨てる。

    かねてより入院中の父の容態が悪くて、
    いつどうなってもおかしくないという時に
    母も私もどうしても外せない用事ができた。

    このページのトップヘ