オタク





    334:1/22011/02/22(火) 17:43:45.43
    去年の事。従姉妹(新婦)の結婚式での不幸と最悪なおまけ。

    新郎はオタク。新婦はそれを承知。
    俺と弟は新婦と仲がよく、婚約する以前から新郎はもちろん、その趣味の友達とも交流があった。
    優しい人たちで、たまーに会う時は兄弟共々よくしてもらってた。俺達はオタクがどうとか気にした事もなかったんだけど…。

    新郎友人の席は結構な割合で趣味の仲間がいたようで、俺の見知った顔もちらほら。
    新婦側や職場関係に気を遣ったらしく、新郎紹介ではオタク趣味に関して一切触れてなかった。
    (良く思わない人も多いだろうから…と友人たちが助言したと後で聞いた)
    途中までは何事もなかったんだけど、新郎友人による余興が申し訳ない事に…。 
    モノは六人での楽器演奏。メンツは全員知ってる人。曲目はクラシックだった。 
    「新郎の御友人による…」 
    てな紹介に、同じテーブルにいた別の従姉妹(中学生)が 
    「…あの六人すんごい年齢バラバラじゃない?何の友達かな?知ってる?」 
    と訊いてきて、弟が何の気なしに 
    「漫画のサークル。いい人たちだよ」 
    と答えた次の瞬間。 
    従姉妹の感情が大爆発。裏返った声で絶叫した。



    604 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/26(金) 06:39:47ID:UmHq/lzY.net
    オタク話だから嫌な人は飛ばしてください
    弟嫁が原因で起きた話
    俺はオタクで独身、漫画と貯金が趣味なのでお金を少しでも節約したくて実家暮らし。
    実家に生活費は払ってる
    弟夫婦は県内に別居
    この間弟夫婦が家に来て泊まっていった
    弟嫁に嫌われてる自覚はあるので最低限しか関わらないようにしたが、すれ違うだけであからさまに嫌な顔をするから結構イラッとしてた

    で、深夜にトイレに行きたくなって起きたらリビングで弟夫婦が話してる声が聞こえた
    弟嫁は「早く(俺)に出ていってもらいたい。でないとあなたが家を継げないでしょ?」
    弟は「同居はしないってお前が言ったことだ」
    「でもここがこんなに綺麗で立派なおうちだって知らなかった」みたいな感じ
    で、ヒートアップした弟嫁の論点は「俺がいかにキモいか」に変わっていった。傷つく俺

    このページのトップヘ