ウトメ





    641:名無しさん@HOME2013/06/13(木) 18:18:10.00 0
    うちは糞ウトメと完全同居 リビングもお風呂も何もかも一緒
    糞ウトメは人のものだろうがなんだろうがすぐに片付ける(捨てる)
    季節ごとに「衣替えだ」なんて抜かしては
    人のたんす(主に娘と息子の)を勝手に開けて季節外の服を
    ダンボールに入れて庭にある無駄に大きい倉庫に入れる
    子供達には一切伝えず勝手にやる そして事後報告も一切無し
    しかも年寄りのクソジジイクソババアのため入れたことを忘れ、
    「あれどこにやった!?」と言っても
    「知るか自分でどこかにやったんだろ」の一点張り
    どれだけ片付けておいてしまっておいても勝手に引きずり出されて捨てられる
    長いけどここまでが前提





    729:名無しさん@HOME2012/02/25(土) 21:40:38.51 0
    雑談を断ち切るためにたいしたことないんだけど書いてみようと思って文才ないので挫折したorz
    ざっくり箇条書き風にまとめてみました

    ・夫転勤、多分定年まで帰れないと話したらウトメ家を処分して転勤先まであらわれ、なし崩し同居
    ・家事一切やらず、かといって知らない土地だから外に出るのも気後れするし暇だから嫁のあげ足取りと嫁イビリ
    ・数日前なんか張り詰めてたものがプツンと切れてちゃぶ台返しして(私レトロ趣味でちゃぶ台)
    「姥捨て山に捨ててきてやろうか!知り合いも居ないし年寄り消えても近所も気づかないし
    長期外国出張中の夫にはやっぱり地元が良いから帰ったといえばいいし!」と阿修羅化
    ・顔色伺われてウザイけどウトメ大人しいのでちょっと快適

    転勤から数ヶ月でこんな展開でヘトヘト。
    売ったからって田舎の土地なんてこっちで別居用の家やマンションが買えるわけもなく
    転勤先に馴染む間もなく突発事項で夫も海外出張になり、帰ったらウトメはなんとかしようとのとりあえず同居でした。
    夫は一人っ子だから、それなりに老後の面倒見る気もあったし、まともなウトメなら同居って気もあったけど…
    一人っ子が遠くに行っちゃうと思ったら、なんかナナメ上になっちゃったんだろうけど無理だ。頭沸きすぎだよウトメ。





    430:1/22008/04/06(日) 18:01:46 0
    私39歳。旦那45歳。結婚生活は1年ちょい。
    それぞれもう一生独身かもな~と思っていた所に出逢い、意気投合して入籍。
    お互いに自分自身が一番「結婚」という事態に驚いてるw





    337 :名無しさん@おーけーちゃんねる2014-06-29 11:32:51
    新築の家を建てるまで小梨でいようね、
    後で楽をするために頑張ろうねって働いてきて、
    モデルハウスもあちこち見学に行って、
    これにしようと決めて後は契約するだけ
    だったのに、最終確認の時点でウトメ好みの家に
    決定させられそうになったので、
    新築も結婚も諦めて自宅じゃなくて
    実家に帰ってきちゃった。


    212:名無しさん@HOME2008/03/23(日) 21:33:56 0
    今日のトメスレから来ますた。

    「女に学問は要らない」な膿家脳ウトと、「私だって時代がよければ勉強したかった」なトメが
    それまで同居してた長男嫁と大バトルの末に絶縁を食らい、同居解消。





    14:名無しさん@HOME2011/01/24(月) 17:26:08 0

    このお正月に、義父に
    「食後にお茶飲みたいな。」と言われた。だから入れてって事でしょうね。
    「へーそうなんですか。私は食後だからってのどかわきませんね。」 と、ただの会話として返事をした。
    義母がびっくりして、
    「お茶の見たいって言うことよ。お願いね。」 とフォローする。
    「何で?」
    「嫁でしょ。」
    「はっはっは。○○(私の旦那)の嫁で、義父の嫁じゃないですよ~。」
    と、ここで別室にいる旦那に向かって
    「○○~ お父さんがお茶飲みたいって~!入れて~!」
    「何で俺?」
    「あんたしか入れる人いないよ~。」
    「オカンは~?」
    「入れないってよ~。」
    旦那が怒って階段下りてきて、激しい会話(喧嘩口調の)が始まった。
    楽しかったよ~
    しかし、言うことを聞かない嫁をずーっとやってるのに、まだこんな事言われる。 





    158:名無しさん@HOME2013/11/23(土) 10:41:34

    ウトメは、コトメ上げ・嫁下げが激しかった。
    私のことを、高卒を理由に頭が悪くて世間知らずと決めつけ
    「コトメちゃんに何でも相談して従いなさい」と言ってくるのが煩かった。
    ウトメ自身は、本気で私のためを思って助言しているつもりなのが更にムカついた。

    幸いコトメはごく普通の人で実害は無く、年に1、2度の帰省時と、たまに来る電話で嫌な思いをするぐらいなので放置していた。

    先日、親類関係のお祝い事で盛大なパーティーがあり、ウトメと私たち夫婦とコトメ夫婦も呼ばれて参加した。
    会場には市会議員や大企業の偉いさんも来ていて、参加者で名刺交換が始まった。
    私も混ざって名刺交換をしていたら、それを見たウトメがいきなり
    「何みっともないことしてるんだ、やめなさい!」と怒って、トメに至っては真っ赤になって私の手をぴしゃりと叩いて来た。
    私もびっくりしたけど、名刺交換していた相手の人も驚いて、ウトメを窘めてくれた。
    偉いさんの一人は、「私のほうが名刺をいただきたくて挨拶に伺ったのですが?何か?」とまで言ってくれた。(たぶん私をかばってくださった)





    65:名無しさん@HOME2009/08/09(日) 22:43:07 O
    流れを読まずに投下。
    携帯からなんで変なところがあったらごめんなさい。
    結婚二年め、義実家の扱いに耐えられずに、やってきた話。プチかも。

    夫は三人兄弟の三男。
    ウトメはトメ姪でもある長男嫁だけは可愛いが、それ以外の嫁は奴隷と思っている。

    義実家に帰省するとこき使われて、食事は残飯。
    パンとか持参してしのいでいたけどもう限界。
    夫と次男、次男嫁とも相談の上、絶縁予定で仕返しをすることに。

    今回、帰省中の次男家車と私家車を無料タクシーにするつもりで、
    義父と長男が自分の車を車検に出した。
    やっすいところで代車はない。

    朝三時に自宅を出発して昼前に義実家に到着した次男家と私たち。
    早速、昼食の準備をさせられた。
    いつも通り私と次男嫁は皆が食べた後で台所で残り物を食べるので席はない。
    これまでになくかいがいしく給仕をする私たち。上機嫌のウト、トメ、長男、長男嫁。
    昼食後、皆を夫と次男が隣市の温泉施設(入場料が高い)に誘った。
    ノリノリの義実家。
    当たり前のように私と次男嫁に留守番をさせて、六人で温泉に行くことになった。
    続きます。





    305: 1/22008/05/04(日) 02:45:45

    流れ豚切って済まんが急いで書いていきたい。

    私は1年ほどブラブラ旅行してる最中に旦那と知り合って結婚した。

    結婚して3年ほど子供ができなかったんだが、そのことをウトメは
    「女の一人旅なんて何してたか丸わかり、せ*病もらって不妊に
    なったんだろ」「女一人で旅行するような人だからね」だとさ。

    その他、ことあるごとに「今の人は気楽でいいね、自分の世代は苦労」はいはいわろすわろす。

    旦那も親に愛想つかしてた。

    で、旦那の仕事の関係でアメリカに住んでたときに妊娠した。
    アメリカで産んだら子供がアメリカ国籍取れるし、何より旦那と
    離れる気はないから私はアメリカで産むつもり。
    でも義実家は、私が義実家の「世話になって」産むんだと
    決めてかかって、「うちに来たらきちんとした生活してもらうから!」だと。

    何いってんのこっちで産むよ、といったら激しく大騒ぎして、
    そんなとこで産んだら「あんたみたいな子になる」だって。

    で、結局アメリカで無事出産。ウトメを呼ぶことになった。

    ウトメは、旦那がウトメ地元空港からつきっきりで飛行機乗って
    アメリカに向かうと信じ込んだうえで、飛行機なんて大変だ大変だ
    そっちが戻ってこいといって大騒ぎ。甘いよ。 





    926:名無しさん@HOME2011/07/01(金) 16:37:10.99 0

    結婚して初めて夫の実家に泊まった。
    夕飯の時、ウトメから質問攻めにあった。

    すべてに答えた。

    トメが「嫁子さん、ちょっと食事が遅すぎない?もうみんな終わるのに
    あなたまだ全然じゃない。困るわ。片付けが遅くなるし」と言った。

    コウトが「飯食わせないで話しかけるオヤジとお袋が悪い」とぼそっと言った。

    下戸のコウト、ありがとう。

    すでに酔っ払っていた旦那、タヒね。 

    このページのトップヘ