いい話





    7562015/09/15(火) 14:53:07ID:2r2tGpHO.net
    ちょっと暑かった日の夕方、電車で座席は全部埋まってる混み具合で、カップルが座ってた
    そこに鳶っぽいイカツイにーちゃんが彼氏の方に「悪いけど席変わってくんねー?」と登場
    うわ、絡まれてる可哀想、とは思ったけど、恐いから皆見て見ぬふり
    そうしたら彼女の方が席を譲って
    「昼休憩入れました?じゅーじさんじ(?)にコーヒー以外の水分取りました?
    すみません、ちょっと○○(聞き取れなかった)見ますね」と
    喋りながら、結構汗かいて汚れて見えたにーちゃんに普通に触る
    にーちゃんも吃驚してたけど、質問にだるそうに答えてた
    彼氏も「気分悪かったら俺に寄りかかっててください」と心配そう
    この辺りでにーちゃんがDQNじゃなくて軽く熱中症気味なことに周りも気づいた
    彼女が飲みかけでごめんなさいと言ってOS-1取り出してにーちゃんに飲ませてた

    ちょっと休んで復活したのかにーちゃんが彼女に「同業ですか?」と聞くと
    「セコカン(施工管理技士のことらしいggった)なんです、
    この前うちの職人さんも熱中症やったので…」と答えてた
    自分とその三人が降りる駅一緒だったんだけど、彼女がにーちゃんに優しくお説教
    「涼しくなってきた時期が危ないの分かってますよね?もー、駄目ですよ!」
    にーちゃんも「うっす…、監督さんも気を付けてください」と敬語になってた
    最後に彼女が「休んでちょっとでも気分悪かったら必ず病院行ってください、ご安全に!」
    にーちゃんも笑って「すみませんマジ助かりました、ご安全に!」ってやりとりしてた





    545 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/09(水) 22:32:56
    義妹と結婚した俺が通りますよw 

    俺には2つ下の弟が居て、俺より先に結婚した。 
    当時、俺25、弟23、義妹20、田舎者同士で出来婚ではなかったが結婚式の時は身重だった。 
    俺は都会に出ていてなんとなく互いに結婚を意識している同じ年の彼女がいた。 

    その3年後、弟が他界した時は義妹は2人目がお腹の中にいたので、 
    俺の両親と義妹の両親でどうするか話し合ったが義妹の強い希望で産む事が決まった。 
    そのまま義妹は実家に戻り出産、俺の両親も有形無形のサポートをしてたようだ。 

    一方、俺はその3年後に彼女の浮気が発覚し問い詰めた結果あっさり振られる事になった。 

    傷心のため引っ越ししようと思い、いっそのこと結婚資金だった貯金を頭金にして 
    マンションの購入企画しそれを両親に相談しようと実家に帰ると姪2人と義妹が居た。 

    で、両親とも俺と義妹に結婚を勧める、勧める、猛烈に勧める。 
    義妹も俺も困惑してしまったが、上の姪も一緒になって煽る。 
    その場では俺が強く否定して終わりになった。 

    で、ちょっと言葉が強すぎたと思ったので後で義妹に謝りの電話を入れた。 
    そこで義妹曰く、義妹の実家を家業を継ぐ事になる男と妹が今度結婚するので 
    義妹が出ていくとおさまりが良いねと言われている。 

    それで普段から仲良くしている俺両親に自立のための再就職先が無いかと相談したら、 
    ちょうど女に逃げられた俺の所に永久就職すればいいと勧められた。 
    なのでどうせ俺に断られると思ったので俺が良ければと答えた。 
    2つもコブが付いてる中古女が図々しくしちゃって済みませんでした。 

    気まずくなったので義妹ちゃんはまだ若いし、 
    可愛いから俺より良い人見つかるよ、と当たり障りのない事を言うと。





    681 :名無しさん@おーぷん
    震災絡みの嫌な話が続いてるけど・・・。

    今年のGWに岩手に行った。
    津波で大きな被害を受けた三陸の地域で、
    昔お世話になった人が(故人)住んでたところなので
    観光旅行とはいえ少しでもお金を落としてこれたら〜みたいな感じ。
    でも行ってみたらまだまだ復興には遠い感じで津波の爪痕がしっかり残ってた。
    そして宿泊したホテルってのが、仮設住宅の真横だったんだ。
    窓からそれを見下ろす感じになってしまうので
    観光なんかで来てるのが申し訳ない気持ちになった。
    一泊して翌早朝に海を見に散歩に行ったら
    途中でその仮設住宅に住んでる多分30代前半ぐらいの母親と子供に会った。
    「おはようございまーす」って子供に声掛けられて
    「おはよう」って返したら、母親の方が「ありがとうございます」って言うのね。
    ???ってなってたら「たくさんの人が来て下さることが励みになります」って言われた。
    私だったらあんな大変な思いをして、今でもこんな不自由な生活してたら
    この人のように笑顔でこんなこと言えないなぁと思って
    その強さに衝撃だったわ。





    77:名無しさん@HOME2010/11/14(日) 14:13:08 O
    先々週のトメ
    18年間一緒に暮らしたぬこが旅立ってしまい、号泣。

    先週のトメ
    ぬこはまた新しい毛皮で戻ってきてくれるよと嫁に諭され、
    このままじゃあの子が成仏できないわねと立ち直る。

    一昨日のトメ
    朝起きて庭に出たら旅立ったぬことそっくりなやつが庭先に侵入しているのを発見し、
    すごい悲鳴で家族をたたき起こす。

    昨日のトメ
    不思議となつくぬこを獣医の所へ連れて行き、前ぬこの主治医を絶句させる。
    同時にヨメトメネットワークにてぬこの飼い主を確認に入る。

    さっきのトメ
    ぬこに飼い主がいないことを確認。
    ウッキウキでくるくる踊ってる。





    1 :名無しさん@おーぷん:2016/07/26(火)21:33:51 ID:6Kk
    色々懐かしくなったので聞いてくれ
    というかヤンキーってイイ人もいることを聞かせたい





    297:名無しさん@おーぷん2015/01/02(金)22:58:46ID:TzJ

    どこに書き込んでいいか分からないから、
    以前別件で書き込ませてもらったここに書かせて貰う
    私が元嫁の妹を、不登校から学校へ復帰させた時の話になるから、
    不登校の知り合いがいる人は参考になるかもしれない


    元義妹は、小学生の頃からイラストを書くのが好きで、
    クラスメイトからもそこそこ人気があったらしい
    しかし中学に上がってからは、
    他校出身の子に自分のイラストをオタクっぽくてキモいと馬鹿にされ
    中学校に行くのが嫌になり、夏休みが終わっても学校へ行けず、
    そのまま不登校になってしまった

    元義妹が不登校のまま、学校に一度も行けずに2年生になった春、
    私は元嫁を通じて彼女と面会した
    最初はかなり警戒されたが、私が同じく不登校であったことや
    同じ趣味であるイラストの話などをしている内に
    心を開いてくれ、徐々にだがある程度踏み込んだ話ができるようになっていった

    ある時、元義妹は私に『なぜ学校に行けと言わないの?』と聞いてきた

    私は無理に学校に行く必要はないと考えており、
    不登校になったこと自体はそこまで後悔していなかった
    学校に行かなかったことよりも、学校へ行っていない間、
    ずっと遊んでいたことを後悔していたからだ
    私が学校へ行かず、家に篭って遊んでいたことで失ったものは多かった

    ・中学校で身につくはずの学力の全てと、勉強をする習慣
    ・学力が無いために狭まってしまった進路の選択肢
    ・一番成長する時期に運動しなかった事で、伸びなかった身長と体力
    ・クラスメイト達と培えたであろうコミュニケーション能力
    ・他の大多数の人間が当たり前に修める義務教育を、
    修められなかった事からの自信の喪失

    他にも、失ったものは多かったと思うが、
    中学校に行かないで遊んでいた私は
    人生においてあまりにたくさんのものを失った。
    いや、失ったというよりは自ら捨ててしまったのだが





    702::2015/03/28(土) 19:33:54.83 ID:


    もう、かなり前の話だけど、俺が嫁子と知り合ったのはスナック。
    飲み屋のねえちゃんだ。

    俺、大手企業に勤めていて、支店長と先輩に連れられて店に行った。
    地方都市では、大手企業の支店長ともなるとお偉いさん待遇。
    接待や来客時によく利用していて、
    うちは上得意様で支店長とママも懇意になっている。

    そこで嫁子に一目ぼれ。
    おかっぱヘアで切れ長の目、妖艶なアイメイクにシャドウ。
    俺の好みど真ん中だった。
    かなり古いがDESIREを歌っていた頃の中森明菜を想像してくれ。
    よく似ているし、俺こういうのにメチャ弱いんだ。
    ママにカウンタの女のコ紹介してと言ったら、
    「嫁子ちゃーん、ご指名よ~」で嫁子が俺の隣に座った。
    実は俺まったくの下戸で夜の街にはうとい。
    どういった会話をすればいいのかもわからずにしどろもどろ。
    嫁子もスナックでの接客に不慣れという感じで、ママが助け舟出してくれたけどたいした話もできなかった。

    支店長が「俺男、嫁子ちゃんが気に入ったのかぁ。ママ、二人をよろしく頼むよ」。
    ママ「お任せください!!」

    なんか、俺的にはうれしい方向にすすんだ。
    ママさん、この界隈でかなり顔が利いて、世話好きな人らしい。実は嫁子はある事情で嫁子両親から頼まれて叔母にあたるママが預かっている状態。
    俺は支店長の部下として、信用保証がついている形だし。
    俺が嫁子よりもかなり年下という点と下戸なのを除けば、大手企業に勤めているごく普通の若者。
    嫁子の相手としてママのお眼鏡にかなったというところかな。





    1:名無しさん@おーぷん2014/05/25(日)12:19:25ID:M7mfLLA/V3
    慕われたったwwwwww





    894:愛とタヒの名無しさん2011/04/09(土) 23:14:13.94
    父がちょっと不幸だった結婚式。
    姉の結婚式を近親族のみで、沖縄でする事になった。
    大好きな祖母にも出席して欲しかったが、祖母は80歳近い年齢で、
    足が悪いし、杖が無いと移動が難しい。
    そこで父が「俺が面倒見る!」と宣言。(母タヒ別でいません)
    姉達もプランナーや旅行会社に車椅子等の用意を頼み、
    無事、出席の運びとなった。
    ほっとしたのもつかの間、
    父、出発の2日前にちょっとした事でギックリ腰になり、自分が
    車椅子にて移動する八メに。
    結婚式では、何故か元気一杯になった祖母が、嬉々として父の車椅子を押して、
    バージンロードは歩くし、次の日にグラスボートに乗って船酔いで、
    動けなくなった私の面倒も一緒に全部見てくれて、
    結局祖母に全部甘えた式+旅行になってしまった。
    父は凹んでいたが、新郎親族には
    「元気なおばあちゃん」として評判良かったし、
    私達は祖母が楽しそうだったから、良かったと思う。





    693:素敵な旦那様2005/08/23(火) 00:28:50
    夜中に残業中に家に電話してさ、
    嫁が出て「はい、もしもし」っていつものように受けるのを聞きつつ
    5秒くらい間をおいて

    俺「ハァ ハァハァ ハァ」
    嫁「…も、もしもし」
    俺、再び「ハァ ハァハァ ハァ」
    嫁、いきなりガチャンと電話を切る

    で、1分くらい経ってから
    また電話をかけると嫁さんは受話器は取るんだけど
    用心して何にも喋らないんだよね。
    すかさず俺は「おー、もしもし、俺だけどそろそろ帰るわ」って喋り出すと
    嫁さん「ウェーン、さっき変な電話かかってきて怖かったよ~」って言うから
    俺「なんだって!それってハァ ハァハァ ハァって言うような電話か!」
    嫁「バカヤロ-!」

    となりました。

    このページのトップヘ