相続





    247:名無しさん@おーぷん2015/08/18(火)20:06:58ID:5mS
    今日の出来事。ちょっと長い。

    母方の伯母の娘=私にとっての従姉は昔から母にべったりで年に数回母にお金を借りに来る。
    金額は数万だけど、返してもらったことはなかったよう。
    両親は共にそこそこ稼ぎが良かったから、母もあげたものと諦めてたみたい。
    その伯母というのが母兄弟の長子で母は末子、母と伯母は一回り以上歳が離れている。
    田舎の農家の6人兄弟だったから母にとっては育ての親同然だったってのも理由らしい。
    父はいい顔はしなかったけど母の稼ぎから出しているので母の気の済むようにさせていた。
    私兄弟は調子のいい従姉が大嫌いだった。

    今年の春先に母が亡くなった。
    遺産は揉めることなく遺言書通りに兄弟3人で仲良く分けた。
    初盆で親族が集まったんだけど、その帰り際に従姉に「お金貸して」と言われた。
    私「人に貸せるほど裕福じゃないんでー」
    従「叔母さんの遺産入ったんでしょ?いつも叔母さんは貸してくれたし。叔母さんの遺産なら私にも権利あるよね?」
    私「いや実の子がいるのに従姉さんに相続権はないでしょ」
    従「相続の権利はなくても今まで叔母さんに貸してもらってたんだから、叔母さんの遺産から借りる権利はあるでしょ?」
    私「仰ってる意味がわかりませんが…」
    従「いいから!3万でいいの。早く」(右掌を上に向けて出せのポーズ)
    私「相続した時点で母のお金ではなくて私のお金です。返してもくれない人に貸すお金はありません!」
    ちょっと大きな声で言ったら兄達や夫が何だ?何だ?と来たので従姉は私を睨みつつ退散。

    今日仕事から帰って来たら便箋8枚の目の滑るような長ーい手紙が届いてた。
    いかに伯母が母を大事に育てたか、伯母のお陰で母や私達は裕福に暮らせたんだとか延々と。
    ちなみに母の結婚後は伯母に頼ったことはない。
    逆に従姉が産まれた時中学生だった母は忙しい伯母に代わりによく従姉の世話をしてたと聞いている。
    だから母は従姉に甘かったんだが…。
    締めに「恩を仇で返すような娘に育って叔母様はきっと草葉の陰で泣いているでしょうね」だって。
    当事者の母と伯母はもう墓の中なのに、いつまでも集れると思うなよ図々しい。





    826 :2015/01/11(日) 09:01:440.net
    去年終わった話ですが、まだ義弟嫁は不満が一杯だそうです。
    義弟嫁に会ったら「二人で会ってお話をしたいです。」と言うので
    会う約束をした。
    それまで特別に嫌なこともされてないし
    通り一遍の表面的な付き合いのみだったから、なんだろうとちょっと興味もあった。

    義実家は旦那達の祖父がさる企業の偉い人まで行った人だとかで
    便のいいこちらあたりでは屋敷町と言われる地区にある素敵な日本家屋です。
    旦那祖父母は義父が結婚した時にその家を義父に渡して
    自分達と義父と年の離れた末っ子の叔父(旦那から見て)と別宅に移り住み
    そこで亡くなった。その別宅は叔父が相続し、本宅は義父が相続したとか。
    でも同居介護した叔父に相続は多くて義父には本宅のみ。
    義父自身はコネも関係ない職に就き、定年退職した。
    義母は結婚後ずっと専業主婦。

    去年義両親が旦那と義弟を自宅に呼んだ。老後の話だったそうで
    相続税が馬鹿高くなる家は売る、売ってその後駅前にマンションを買うか
    ケアマンションに二人で入る。少し地価が上向いて来たので
    これから売りに出すから、残っている自分の荷物を片づけて欲しい
    とのことだったそうだ。





    500 :名無しさん@おーぷん2013/10/24(木) 16:29:21ID:7Nz22EXx
    数年前の修羅場。多少のフェイクあり。

    当時私の家族は母、兄、私、弟の実家暮らし。
    兄弟三人は既に就職しており、母もパートで日中は家に誰もいない状態。

    ある日兄が一人の女性.を婚約者だと言って連れてきました。
    兄より5歳年上のAと名乗る女性.は、なぜかその日からうちに住み始めました。
    母はおおらかな性.格で父も既に他界。
    私も弟も疑問に思いましたが、兄がいずれ結婚する人だからとモヤモヤながらに納得させAとの同居生活は続きました。

    同居開始早々はAも早起きをして朝食を作ったり弁当を作ったり、兄と一緒に仕事に行ったりしていました。
    ですが同居2カ月もたたない頃に、妊娠したからと仕事を辞め家に入り浸るようになりました。


    このページのトップヘ