復讐・DQN返し





    295 :鬼女日記2016/01/11(月) 13:41:25ID:uzU
    職場で新しく組むことになった新人の女(Aさん)が雑談の中で
    今までこの人!と思って落とせなかった男性.いなかったと言った。
    男性.落とすのにはコツがあって、それは別に身体を武器にすることではない、
    そのコツがなにかは内緒~らしい。
    すごいなぁと思いながら、その事が強烈に印象に残ってた。

    それから数ヶ月経った頃に、Aさんと一緒に外回りしていたら
    以前喧嘩別れした元友人のB子とバッタリあった。
    B子の後に隠れるように、バツが悪そうに元彼の姿も。
    B子は「今、式場の予約してきた所なのー」と得意顔。
    B子と別れたあと、Aさんが「さっきの男性.あの人の婚約者?」と聞いてきた。
    「好みかも。ああいうちょっと頼りない感じって好きなんですよね」と。

    B子は私と彼が付き合ってることを知ってて友達なのに横取りしたこと。
    横取りされた時「好きになったら奪うのは当然。自分の気持ちに素直になっただけ」
    と言ってのけたこと。
    「あんた(私)と違って、彼氏を奪われるようなヘマ、私だったらしない」
    と笑われたこと。
    ・・・を、ある期待を込めてAさんに話した。
    私がAさんに話したのはそれだけだけど、Aさんは期待通りに
    B子から婚約者を奪ってくれた。

    元彼のことは馬鹿な浮気性.男だと見抜けなかったのは自分だし、
    あのまま知らずに付き合わなくて良かったと心から思ってる。
    なので今更なんとも思ってないけど、
    B子が婚約者を奪った女が私と一緒に歩いていた女だと知って
    私の差し金だと思い込み(ある意味正しいけどw)、
    家まで怒鳴り込んできた時、
    「あれれれ?好きになったら奪うのは当然だって言わなかったっけ?
     奪われるようなヘマしないとも、あんた言ってたような気がするけど
     違ったっけなぁぁぁ?」
    と言い返してやることが出来て、やっとあの日の屈辱をはらせた。





    413:学生@名無しさん2012/09/28(金) 20:10:37.47ID:uPcmujTU0
    俺が中学2年の頃、
    大好きだったパイロットの叔父が、
    交通事故でタヒんだ。

    俺もパイロット目指してて、
    すごいショックだったけど形見のものにと、
    機長が着てるYシャツ?みたいな
    肩に金の四本線が入ったものと
    A○Aの苗字が書かれてるバッチをもらって、
    何とか立ち直ろうとしていた。

    そして先生に許可をもらってきたので、
    学校に制服の下にYシャツとして機長服をきて、
    名札としてバッチをつけて学校にきてた、矢先のことだった。
    2年の半分もすぎた頃、
    今の先生が首の骨をやっちゃって、
    先生として復帰できなくなったので
    他の代理の先生がくることになった。

    そして休み時間に友達と話をしていたところ、
    暑かったので休み時間だしいいやと思い、
    上着を脱いだ。





    146:名無しさん@HOME2008/08/25(月) 17:37:02
    今月頭に結婚式を挙げた。

    婚約前に何度か義実家へ遊びに行ったときも
    トメコトメの言動や行動に不安は感じていたけど、
    旦那がいつも〆てくれていたので余り考えないようにしていたが、
    結納の時に私の両親の前でトメが
    「私子さんは、これから○○家の人間になるのですから
    私たちを一番に考えなさい」
    「これで私たちの老後は心配ないわ~」等と言って
    旦那・ウトに〆られたトメ。

    「何で弟君がこんな女と・・・姉弟じゃなければ私が・・・」と泣き出し
    旦那・ウトに〆られ、気持ち悪がられた毒コトメ。


    それからはまだ籍も入ってないのに
    「家の嫁なんだから!」「同居は当たり前よ!」と言われ続けて、
    私も旦那も仕方なく同居に承諾した。
    もちろんその時は義実家との同居に・・・

    でも、今月頭の結婚式にコトメが真っ白なウェディングドレスで出席し、
    式をめちゃくちゃにしてくれたのをきっかけに旦那と共にDQ返し決行!

    はらわたが煮え切る思いをしたままキャンセルもせずに新婚旅行へ出発。
    その間に私の両親、妹、弟に頼み
    旦那家(一人暮らしだった)と私家(一人暮らし)の荷物を私実家へ。
    元々、実家は両親・祖母祖父での完全二世帯で
    祖母祖父が亡くなっているため1世帯分あいてる。
    本当は弟夫婦が住む予定だったんだけど、
    弟嫁が同居はまだ嫌!っ事で私たちに・・・
    同居嫌な弟嫁も大喜び!
    基○外トメ・コトメと縁を切りたがってた旦那も大喜び!
    ウトもトメと離婚予定で大賛成!

    もちろん、籍も私性.・・・

    「いつ荷物を運ぶの?」「早く来て家の仕事をしなさい!」と
    私携帯へガンガンかかってきてるけど知らない!
    明日には携帯番号変えちゃうし。
    旦那が今晩トメ・コトメに絶縁を言い渡しに義実家に行くらしい。

    あ~笑いが止まらない!





    727:名無しさん@HOME2008/03/20(木) 21:03:16
    元義実家にしたDQ返し。

    普段から「嫁の家とは格が違う!」と公言していたウトメ。
    ウトメ・旦那は教員、コトメやコウトも四年大を出ているのが自慢。

    片やうちは両親自営の印刷屋。それだけで義実家はいわゆる「町の工場」を連想していたらしい。
    「格下の家の娘をもらってや っ た」「本当なら駄目だったんだけど、今はこういう世の中だからね」
    旦那もかばうどころか一緒になって口をそろえる始末。
    最終的には流産したときに「役立たずは出ーてーけ!出ーてーけ!」と
    義実家で口を揃えて言われ、雀の涙の慰謝料で離婚した。
    その後。
    こつこつ書きためていた義実家での日記を、仕事の合間に書き起こし、自費出版しました。
    といっても実家で作ったから、わずか30部程度。
    装丁は見た目豪華に。タイトルは「○○家の真実」(義実家と漢字違い。読みは一緒)
    登場人物もすべて漢字違いもしくは一字違いぐらいで。


    添削をしていただいた恩師に(半分冗談で)推薦文をいただいたので、

    恩師に差し上げたら
    「昔の知り合いの息子さんが最近離婚したから、すすめとくよ(ニヤリ)」
    そういや良く似た名前だと仰ってましたもんね。是非にと少し多めにさしあげた。


    そういや元ウトメの尊敬する人物って、この恩師だった気がしたけど覚えてないや。

    コトメの縁談相手もこの恩師絡みだった気がしたけど忘れた。





    18:名無しさん@HOME2012/07/11(水) 16:07:41.93 0
    厨二病なカルトっぽいものにはまったクソコトメが、
    要約すると「超絶テクを誇る教祖と子作りしろ」と言ってきたので、

    夫と相談した結果、寝ている間にコトメの両手足を縛り、
    「実は私が魂を捧げた神の化身があなたがたをイケニエにしろと仰せである」
    と淡々と告げ、インド音楽を流しながら二人で周囲を舞い踊りつつ、
    豚のコマ切れを一枚一枚コトメの顔に貼り付けて行った。

    コトメが「やめろよキ○ガイー!」と泣き叫んだので、
    前にコトメが言っていた
    「ま、あんたたちに真実を知れって方が無理だね、これだから馬鹿は…」という台詞を
    白目剥いて言ってやりながら、今度は両手に着火マン持って火踊りをしてやった。

    その後、シタギ姿にひんむいたコトメを姿見の前に置き、
    「働いたら負けだと思っているw」が口癖のニートだったコトメのニタニタ顔を想いつつ、
    「バラ!モモ!脂肪!三ッ段ッ腹!! これが!お前の!勝利の証!」と言いながら
    ハタキでぺちぺちと叩いてやった。

    ギャン泣きがしくしく泣きに変わったので、大好きな漫画を夫と二人で朗読して
    「ねぇ、こんなセリフ現実の人間の口から聞いてどう?どう?」と責め、
    「恥ずかしいです…キモいです…ごめんなさい…」と言わせたところで、
    今月中にバイトを探さなかったら無一文で追い出すと宣言し、解放。

    豚コマは放任主義の名目でコトメを放置していたトメに黙って食わせた。
    夫はとても機嫌がいい。


    お前の教祖とやら、一人称俺だけどピザ女じゃねーか。アホが。





    10 :鬼女日記2016/03/06(日) 09:54:07ID:RNa
    物静かでいつもニコニコしていたわが母が
    元夫に「こ○してやる!」と飛びかかった時が衝撃というか修羅場というか。

    夫が元夫になったのは、嫁いびり放置で私が病んだから。
    姑にやられた事は大したことないんだけど、アポなし訪問、作ったごはん強奪、
    元夫から合鍵もらって家探し(私の物だけ。夫の物はしない)
    嫌味、罵倒、携帯に罵倒満載の留守電を一日に何件も残す等々。
    元夫に訴えたが「それくらいいいじゃんw」で全部スルー。
    約一年で病んだ。
    今思い返すと当時は自分を病んでると思ってなかった。
    ある日、元夫が何かこっちに言った時「それくらいいいじゃんw」て言葉がスラっと出てきた。
    そしたら元夫が凄くビックリした顔をしたので面白くなって、以後ずっと
    元夫が何を言っても「それくらいいいじゃん、それくらいいいじゃん」て繰り返し続けた。
    ふざけてんのか!と怒鳴られても、ニヤニヤしながら「それくらいいいじゃんw」
    と言い続けた。
    元夫は最終的に気味悪がって近寄らなくなったけど
    元夫に対してはもうその言葉しか出てこなかったから言い続けた。
    姑は「キチ外、出て行け、ヱッタ!」と留守電わんさか。
    でも私が病んでたから同じく気味悪がってアポなし訪問は減った。
    その代わり窓の外から泥投げられたりした。
    私は泥掃除しながら「効いてる効いてるw」とか思ってた。病んでる自覚は全くなかった。
    不思議なんだけど、元夫と元姑以外には普通に対応できて
    仕事も特に問題なくこなせていた(事務で6割ルーティンなせいもある)。
    当時の同僚いわく「テンションが高くておかしかったけど、すごく上機嫌なんだと思ってた」だそう。
    一カ月くらいその状態が続いて、ある日親戚が果物を届けに来てくれた。
    親戚は私を見てギョっとした顔して、「何か辛い事があった?」と聞いてきた。
    覚えてないけど、私はすごくテンション高く返事をしたらしい。
    親戚から親に連絡がいって、翌日の夜、アポなしで両親が来た。





    473 :鬼女日記2007/01/22(月) 16:09:01
    いいなあ、うちはトメもコトメ(独身)もクソだった。
    私が仕事休みの日に朝から「買い物してきてー」とクソのどっちかが頼んでくる。
    子供はまだか、ちゃんとやってるのか、など
    あーだこうだあーだこうだクソコンビが言ってきて、
    「そういうの、やめてもらえませんか」と頼んでもダメ、旦那が言ってもダメ。
    関わらないように休みの日の電話取らなかったりしたら
    私の職場に電話して、「今日休みのはずなのに連絡とれない!
    出勤してないなら、捜索願出さないと」とか言う。(もちろん嘘。そうやって言うと
    職場の人間が私に連絡とってくれることわかってるから)
    頭きたので、こないだ買い物言いつけられたとき、もう一回
    「もう嫌なんで、やめてもらえます?」と聞いたけどクソコンビは
    「私達だって嫁子ちゃんが寝込んだ時買い物行ったりするんだし、助け合いなのに~」
    と言われたので、トメが大切にしてて自慢にしている花を入れてないけど飾ってる花瓶を
    ガッシャーンと割ってやった。で、「こんなことされるくらい嫌なんですよ」と言ってやった。
    トメはふじこって「何するの!これウン百万円もするのよ!」と半泣きで
    つかみかかってきたけどボーン!と突き飛ばして「あら、本当にそんな値段したんだw
    見栄はってるんだと思ってたわ。」と言ってやった。

    ちなみにコトメも私につかみかかろうとしたけど、ものすごい形相で私のそばに来る途中、
    破片で足を切り、それどころじゃなくなってた。

    向こうから義実家立ち入り禁止を言い渡され、絶縁(私のみ)も言われた。
    でも、嫌がらせはたまにまだくるけど、それでも快適。





    85 :鬼女日記2011/11/13(日) 19:03:10O
    陰湿な嫌がらせ大好きのトメコトメ。

    例;義実家に行った時お茶に髪の毛混入(飲む前に気付いた)
    例2;同じく義実家で出されたご飯に〇毛(食べる前に気付いた)
    例3;コトメが私の鞄をあさり小物をパクろうとした(小物をポケットに入れようとした時に目があい未遂だが、ウト旦那に〆られたがトメがかばい懲りずにもう一度リトライしてきたウルトラバカ)

    最後に義実家に行った時、トイレを借りた時に玄関でトメが何やらしている。私の顔を見て2階に逃走した。
    私の靴が若干位置が変わってたのでひっくり返したら画鋲が入ってた…。
    そっと下駄箱の上に画鋲を置いといてしばらくしたら、玄関から悲鳴があがった。

    バカコトメが外出しようと靴を履こうとして下駄箱の上の画鋲が見事に手の平に刺さってた。

    トメ「なっ…嫁子の靴に入れたはずなのに…」

    この発言に旦那ブチ切れで絶縁した。

    コトメが出かけることと下駄箱に手を置いて靴を履くのを知ってて画鋲を置いてたのがDQN。





    172 :名無しさん@おーぷん
    私は幼い頃から両親が共働きで、夏休みは毎日カップ麺とかレンチンできるレトルトとか、小学生でも作れるものを毎日食べていた
    その時からレトルトやインスタントが大嫌いで「食べ物がひもじいのは人生がひもじいんだ」と謎の悟りを開いていた
    あと父も母も大病院勤務で掃除をしてる暇もなく、部屋に貯まるホコリが気になって気になって毎日自分で掃除をしてた
    その時テレビでほこりにはダニがーとか、カビの恐ろしさがーとかやってたせいだと思う
    その頃からカビも大嫌いで「部屋が汚いと病気になる」と思い込んでる

    大人になった今、旦那は私の食へのこだわりや潔癖気味な性.を理解してくれて、同居して家族が多いことからパート主婦させてもらってる
    食事は祖父母に合わせて栄養価や食べやすさを優先
    かならずお味噌汁とサラダとデザートと言う名の乳酸菌の入った料理は欠かさない
    掃除も部屋が多いから一週間で一回りできるよう、毎日場所を変えながらその部屋にあるメンテナンスの必要な家電もぜんぶ分解掃除を行うし
    キッチンと洗面台とお風呂場とトイレなど、汚れがたまると落とすのに苦労する場所は毎日こまめに掃除する
    バスタオルやバスマットなどは毎日洗わない人もいるそうだけど、私は耐えられないから毎日洗ってる

    これでも私にとってはまだまだなんだけど、よその若奥様たちからすると「やりすぎ」らしい
    この辺りの地域は自治活動が結構盛んで消防団も残ってたりする
    喧嘩にならないよう当番で役員が回ってくるんだけど、旦那さんは働いてるから奥様が出て来る
    この辺は新興住宅地なので私達の班は私含め20〜30代の若い奥様が多くて、集会のあとは皆でランチしたり飲み会したりしてる
    消防団なんか毎夜23時過ぎまで飲み明かしてたりする
    私も誘われるけど、私は家のことがありますので、で必ずお断りして帰ってた
    それが「できる奥様アピール?」と目をつけられて、同じ班の若奥様たちから集中攻撃された
    ゴミを家の前にワザと落とされたり、子供に我が家の壁で壁当てされたり、うちのポストにボール当ててコントロールの練習したり
    全部警察に通報した
    ある日の活動集会の後、いつものように帰ろうとしたら「子供もいないくせにそんな家のために時間取って何してんの?」と詰め寄られたので、散々いびられて学習した私はいつものように隠しておいたボイレコの入った鞄を声を拾いやすいように置いた
    私の語る一つ一つのことにダメだしする奥様たち
    「バスタオルなんか毎日洗わなくたって旦那は気づかない」とか「料理なんか真面目に作ったって男は味に気づかない」とかそんなソフトなダメだしから始まり、奥様方の会話がヒートアップ
    私そっちのけで奥様方同士で会話の世界にのめりこみ、姑が嫁にするような「嫁の食事だけ生ゴミ」みたいな行為を旦那にしていたことを次々暴 露
    「レモン汁放置してたら中でカビはえちゃったから、勿体無くて旦那の焼き魚にかけちゃった」とか聞いてるこっちが吐き気を催すような発言もとれた
    「犬が食べ残した犬の肉の缶詰に焼肉ソースをかけたら旦那が喜んで食べた」とか
    他にも旦那さんの陰口や見えない嫌がらせの暴 露の会話を集めた
    それを奥様に気づかれないように少しずつ少しずつ何ヶ月もかけてそれぞれの旦那さんにデータを渡していった
    一応議事録の音声データとして、奥様に聞かれないよう最新の注意を払って
    殆どの人は自治会のことは妻に任せているからと聞かずにスルーしてたけど、律儀な旦那さんの何人かが聞いてくれて、そこから旦那さんネットワークや夫婦喧嘩が外まで響いてたことから皆さんきちんと聞いてくれるようになった
    全員ではないけど、一気に離婚祭りにまで発展した
    私の旦那は仕事に忙しい人で地域活動にはノータッチなので、真相は知らない
    他の家の人にも「私が地域活動全部やりますから!」と関わらせなかったので具体的なことは何も知らない
    こんな性.悪い仕返しするために毎回すすんで全ての活動に参加してたなんて真っ黒な腹の中を絶対知られるわけにはいかない





    689 :名無しさん@おーぷん
    以前付き合ってた元カノの、別れた後の態度が気に入らなかったときにしたイタズラ。
    向こうから告白されたのがきっかけで付き合い始め、1年たった頃。
    元カノがやっていたブログに載せられていた元カノの写真が目に止まった。
    「友達と飲み行ってきた。知らぬ間に写真撮られてた 笑」という感じの内容で記事が更新されていた。

    全然深い意味はなかったんだが笑顔でうつってるのがかわいかったのでして保存してしまったことがあった。
    いまになるとこの時の俺の行動は正解だったと思う。
    翌々日ぐらいに、なぜか元カノが例の写真が載っていた記事を削除していた。
    あれ?消した?とは思ったが特に気にせず聞きもしなかった。

    それからしばらく後、学校の授業でノートPCを持参した際、女友達に一枚のイケメンの画像見せられ「これ名前誰だかわかる?俳優だと思うけど名前がわからん」と聞かれた。
    「画像検索すりゃいいじゃん」と言うと「なにそれどうやるの」って言うもんだからやり方教えたら感心してた。
    その際、フォルダの上のほうに表示されて目についたのがあのとき保存していた彼女の写真。
    「これで一致したのがあれば表示されるから」と見せると、女友達は自分のもやりはじめた。
    俺は軽い気持ちで検索してしまったあと、気になるものが目についたがすぐにその画面を閉じた。
    そして帰宅後に自宅でもう一度、例の元カノの写真で画像検索をやり直してしまい、血の気がひいた。

    検索で一致したのは見知らぬ男のブログ。そのページで目についたのは「女〇〇切り」「ナンパ成功」「今年の即数」「今日のセフ」の文字。
    そして一致した記事にあるのは、まぎれも無く俺が当時付き合っていた元カノの写真。
    目線こそされていたものの、すぐにそれが彼女だとわかった。
    日付は俺と付き合い始めてちょうど数か月の頃のもの。
    俺があの日保存したのはその記事の中の一枚にすぎなかった。他にも別の日付で何枚も掲載されていた。俺しか知らないと思っていた元カノの姿も。

    その日はそのあとどう過ごしたかはよく覚えていない。
    翌日、元カノからいつものように電話がかかってきたが俺はひどく冷静だった。
    「今日時間ある?」と言うと前に都合がつかなくてとりやめたデートだと思ったのか、すぐに約束が決まった。
    俺は自宅で保存していたデータから例の画像たちをプリントアウントして持参した。
    待ち合わせ場所で先に待っていた元カノの姿を見たとき、一瞬現実なのか夢なのかわからなくなった。
    会うなりすぐに見せると、元カノ、案の定沈黙。
    いつから?とか俺とは遊んでだけ?とか色々聞きたいことはあったが、途中から聞くのさえ嫌になりもう無理だと伝え、「ごめんなさい」と謝る元カノを置いて帰った。

    このページのトップヘ