ずうずうしい

    101:名無しの心子知らず2013/09/22(日) 18:01:47.96ID:1H1vphUe
    厄落としに。

    友人数人とちょっとしたパーティをやろうということになり、1番スーパーに近い私がお肉やらお酒やらを買うことになった。
    当たり前だが一人分にしてはかなり多い量をサッカー台でエコバッグに詰めていると、
    「一人じゃ多いでしょ?もらってあげるわ!うちの子お肉大好きなのー」
    というセコケチテンプレのセリフが聞こえてきた。

    声のした方向をみれば、ベビーカーに赤ん坊をのせたギャルママっぽい女性。
    そしてすでにお肉が入ったバッグを手でつかんで立ち去ろうとしていた。

    唖然として固まっていたのだが、同じ台で詰めていたいかにも田舎のおばちゃんがギャルママの手を掴んで
    「何がもらってあげるよ!それはそこのお姉さんのでしょう?それにそんなに赤ちゃんがお肉なんか食べるか!」
    と叱りつけくれた。そこではっと我に帰った私が返してくださいと言うと
    「いいじゃない!女の子がこんなに食べるわけない!うちは給料カットでふじこ!あいつはお酒も買ってたし余裕があるのよ!余裕がある人は分け与えるのがふじこふじこ」

    ここで店員(男の人)が数人駆けつけてきて、ギャルママからバッグを取り返してもらい、事務所?までギャルママを連れて行った。
    残った店員さんが謝ってくれ、返品も受付つけるといってくれたのだけど、汚れたわけでもなんでもないので断って帰ってきた。

    もうすぐ友人たちがくるので、肴にのんでたべます。
    赤ちゃん可愛かったんだけどなぁ…。
    セコケチかセコキチか迷ったけどキチっぽいなとおもってここにしました。スレチだったらスマソ

    460:名無しさん@HOME投稿日:2008/01/20(日) 22:04:35

    昨日夕方、兄嫁からメール。
    「明日そっちに行きます~よろしく」って…
    こっちの予定も聞かず何故か勝手に事後承諾の決定済み。
    こっちは旦那実家に朝から行く予定があったのと
    メール気付くのが夜だったので軽くパニック。
    実母まで連れてくるとの事だったので、慌てて断りを入れ、
    更に「うちの母が我が侭言ったのかな?だとしたらごめん」
    と書いた。
    (実家から車で2時間弱なので、実母は一人で来づらい)

    が「いや、○○はん(兄の名)と二人で決めたんです~」

    …兄40兄嫁23…
    兄嫁は若いし、アフォでも仕方ないけど…兄も止めろよ。
    こちとら幼児持ちだし、一人よがりな計画立てられても迷惑。

    しかもお目当ては我が家ではなく、近くのアウトレット。
    実母を連れて行くのは財布代わりをさせる為。
    兄が最低なのは分かってる。
    結婚前から多額の借金があるし、金銭的余裕は0。
    でもそんな兄と結婚したくてしたくて、我が侭言って
    挙げ句にすぐに子供欲しいって喚いて、結局現在妊娠中。

    結婚式にかかったお金も出産にかかるお金も全部実家持ち…
    貯金0でどうやって子供育ててくんだろ。
    このままたかるんだろうな…実家に。

    615:名無しさん@HOME投稿日:2010/03/10(水) 13:51:57
    子持ちの皆さん向けの自営が軌道に乗ってきた。

    開業当初、「嫁子に起業なんて無理ムリむっりーwwwww」と散々pgrしてくれあそばしたクソコトメ、
    「バイトとして雇え!重役待遇にしろ!名義に私も入れろ!」とうるせぇ。
    従業員は私含め4人しかいないが、それぞれ技能持ちなんだよ。
    コーヒー入れるのもインスタントなお前に何ができる。

    会社そのものは私名義だけど、そのものは姉がいないとやってけないのが実情。
    その姉の位置と待遇をクレとよ。もうマジタヒね。

    704:名無しさん@HOME2012/05/21(月) 13:34:13.17 0
    タイムスタンプ兼ねて記録
    今さっき義兄嫁から我が家の家電に電話アリ
    「ああよかった!いてくれた」と言う
    車でコストコ行ったら渋滞でどうしても間に合わないので姪を幼稚園に迎えに行って欲しい、といってる
    コストコ逝きは仕事でもなんでもないので「今から歯医者に出るとこだから」であっさり却下した

    147:おさかなくわえた名無しさん2013/05/12(日) 09:50:29.47ID:DgeSC01O
    昔イ○ンでみたずうずうしい話。
    その店の駐輪場は駅の近くにあったので、買い物客以外の駐輪がとても多かった
    ようだった。
    なので、途中からきちんと整備されて料金制になってしまった。買い物客は何時間か無料には
    なってたけど。

    それから「お客様の声」には無料で停められなくなった人からのいちゃもんが増加した。
    その中に「私は毎日ここの駐輪場に停めて大学に通っています。大学の帰りに毎日買い物を
    していたので、今回コインパークになって使えなくなりました。もとに戻してください」
    というのがあった。
    毎日買い物をしてるというのも嘘くさいし、してたとしても買い物をする時間以外も
    ほぼ一日駐輪場に停めるというのは、とてもずうずうしいと思った。
    それを恥ずかしいと思わずに言っちゃうのも相当恥ずかしい。

    45:名無しの心子知らず2007/08/06(月) 01:40:35 ID:Fe1Y/s/H
    解決済みのプチだけど投下。


    日曜の夜、夏祭りだった。
    子が5ヶ月なので今年はウチ(祭り会場近くのアパート)に友人夫婦を招いて食事後、部屋で花火を見ることにした。

    友人夫婦とご飯食べてる時にチャイムが鳴った。
    訪問者は私の又従姉S・S娘、面識無しのママさん2人+子3人。
    いきなり「こんばんは~♪ここ花火見えるよね?お土産も買って来たよ♪」ってSが上がり込もうとして来た。

    一瞬ポカーンとなったけど「ウチに来るなんて聞いていない。今日は友達が来ている。ところで後ろのバカ面揃えてニコニコ笑ってる奴らは誰?知らない人間を部屋に上げる気はない。
    お土産のたこ焼き?
    いらない。帰れ、非常識!」をオブラートで何重にも包んで言ったら、
    顔を真っ赤にして逆ギレされた。


    ・あんた達だけクーラーの中で花火見るなんてズルイ!
    ・友達より身内を大事にしろ!
    ・部屋がダメなら車を貸せ!車のエアコンつけろ!

    続きます。

    479 :ラブラドール速報 2018/02/26(月) 12:53:37 ID:W8F
    数年前に錦糸町という場所のフリマに参加した。
    服オタなので、結構可愛い物をたくさん持って行った。
    会場1時間前に着いて、手伝ってくれる友達が来るまで
    一人でレジャーシート敷いたりして設営してた。
    そしたら30代くらいの女性数人がジッとこっちを見ていて、
    ダンボールに入った状態の服の山に手を伸ばそうとしてくる。
    いつ販売します?もういい?と何度も聞きにきて、
    運営のルール通り10時から販売します、と言ってるのに
    スペースの前で座ってこっち見てる。
    そして、靴やバッグなど商品を並べ始めた瞬間、
    レジャーシートの上にドカドカと上がってきた!
    一応みなさん靴は律儀に脱いでいたw
    そしてダンボールに手を突っ込んで、引っ掻き回し、
    中のものを勝手にどさっと出して、検分し始めた。
    ブランドタグを状態を見て、定価や購入時期を聞いてくる。
    販売はまだです、中に入ってこないで下さい!と言ってもダメ
    私の私物まで勝手に見て、これも売りなよ、っていう人まで。
    こっちは一人で向こうは四人のおばちゃんで怖かった。
    聞いてることにはさっさと説明する!早く早く!って言われて
    もうどうしようもなくて答えていた。
    すると今度はもうちょっと若い数人の女性が中に上がってきて
    こっちも待ってたんですけど!ずるくない!?って奪い合い。
    そこに友達が来てくれて、とにかくもう売った。
    こんなに買うんだから安くしろオマケつけろ!って凄くて山姥みたいだった。
    大阪のおばちゃん的な感じじゃなくて、割とおしゃれな今時ママさんだった。

    398 :ラブラドール速報 2018/02/13(火) 17:27:44 ID:z8e
    こんな話題は荒れる元かもしれないけど、衝撃的だったのは確かなので投下w
    以前、K国人留学生の女性がゼミの飲み会の時に
    竹島はわが国の領土だみたいなことを言い出した。
    今思い出しても何からそんな話題になったのか思い出せない。
    回りの人たちは何と言っていいか分からず、違うよと言いたいけど面倒だなって感じ。
    そんな中、ある男性が「そう思うなら出るとこ出て決着付ければいいのに何故かそうしないよね」って
    ちょっと皮肉っぽく言った。
    すると「関係ない。あの島は私たちの国のものだとみんな信じてる。信じてる力が強い方が勝ち。
    気持ちの強い方の物なんだから!」と言い出した。
    割ときちんと話せる人だったから、カタコトによる誤解と言う感じではなかった。
    おいおい、そんな信じる力がーーーとか言い出したらトンデモナイことになるぞと皆呆れ
    なんとなくその人をスルーする形になった。
    それから半年ぐらい経った頃に、その女性がテレビに出演していた。
    竹島の領土問題で、K国人留学生が10人ぐらいだったか出演しててその中のひとり。
    MCは坂上忍でマツコ・デラックスなんかも出てたと思う。
    わー出てるわーーと思いながら見ていたら、当時と全く同じことを堂々と意見していた。
    「信じる力の強い人のものなんですっ!」と。
    そしたら坂上忍に「それはとても危険な考え方ですよ」と窘められていた。
    領土問題を信じる力で解決できると思ってることに衝撃を受けたことを
    平昌五輪の統一旗を見て思い出した。

    425 :ラブラドール速報 2018/02/11(日) 22:27:06 ID:i7K
    先月、初めて車乗せてクレクレをやられた。お隣さんだから、田舎の感覚ではクレクレじゃないのかも…とも思うけど、吐き出したい。

    夜、ど田舎の私実家から帰る時、隣家の一つ上の先輩(先輩は女性で子連れ)に、駅までどうしても乗せてって、と縋られた。旦那が急な残業で迎えに来られなくて…って、確かに田舎なので、1本逃すと次は1時間先。タクシーも出払ってて、乗りたい電車に間に合わない!!らしい。
    気持ちは分かるけど、子どもの居ない私の車にはチャイルドシートが無いし、車は見た目セダンだけど2ドアで後部座席は潰してる。
    それらを伝えても先輩は引き下がらないし、子ども(2~3歳)は寒そうで鼻水垂らしてるし…。
    でも乗せたくない。上記で分かる人も居るだろうけど、私が乗って来た車、とても人を乗せられる状態じゃないんだよね。ガチのレース仕様だから。
    先輩旦那とは面識がないから私から連絡も出来ないし、断っても断ってもダメで、隣のおばちゃんも出て来て、車で5分だから、って頭下げられて、しぶしぶ駅まで送ることにした。
    助手席で子ども膝抱っこでは乗せない、と断固拒否したかったけど、後部座席はシートを取り払って鉄板剥き出し、ロールバーが入っていて、乗り込んで貰うのは断念。
    助手席だってロールバーで乗り降り最悪な状態なんだけどね…。

    乗り込んだ途端、先輩、喋る喋る。シェルがフルバケのスポーツカーに乗ってみたかったんだって。4点式シートベルト(運転席は5点)もしてみたかったし!と…いや子ども抱いてて4点はダメじゃん。つか、公道で4点しないでよ、普通の3点締めてよ…って、聞いてやしない。
    駅までの道は警察署の近くを通るので、ハラハラしながら運転して、いつも以上に安全運転で駅にお送りして、荷物下ろしてダッシュで帰宅した。

    そしたら数日後、母から電話が来た。
    寒い駅に、子ども抱いて荷物も持った先輩を置き去りにして行くなんて、ご近所付き合いを何だと思ってるの!と。
    はあ?だよ。
    母が言うには、せめてホームまで荷物を持って行くくらいの手伝いはするものだ、常識があれば暖かい飲み物の一つも買って渡すのが人情じゃない?だそう。
    ついでに、あんたのその乗り心地最悪の壊れたボロ車と、下手くそな運転を何とかしなさい!!とのこと。

    私だって普段は軽自動車だし、この車はガチ競技者だった旦那兄が事故って(競技中ではなく仕事中の事故)乗れなくなったので、代わりにノーマルに戻して車検に出して、またレースショップで装備を戻して…ってのを代行しただけ。
    ちなみに母のいう壊れてる、というのは、恐らくレース用のサスとデフに不慣れな私が運転したせいで、ガツガツガリガリいったせい。
    旦那兄はリハビリ終えたらまた乗りたいからと頑張っていて、応援がてら偶に動かしている、って伝えてたのになあ…。
    確かに、お隣のおばちゃんは母に良くしてくれるし、私にだって優しい。だけど、それとこれとは別だよ。
    本当に近所付き合いを考えるなら、チャイルドシートの無い車に無理やり乗り込むようなこと、許しちゃダメっしょ。

    今回は折れた私も悪いけど、我が母ながら感覚の違いにガッカリ。もうしばらくは帰省しないし、競技車両に人は乗せないと誓った。

    466 :ラブラドール速報 2018/02/13(火) 18:41:53 ID:Ing
    今日あった出来事なんだけど、バス停でバス待ちしてたらリーマン風のおっさんにAという場所に行くにはどれに乗ったらいいか聞かれたんで、今私が並んでるこのバス停に来るバスならどれでも止まりますよって教えた。
    ここまでは良くある話だし、バスに乗り込んだらおっさんは運転席の後ろに陣取って車内の案内板と外の景色を凝視して降り損ねないようにしてた。
    運転士も察したのかアナウンスを大きな声でやってたり、バス停に着くたびに

    このページのトップヘ