ずうずうしい





    31: 可愛い奥様 2020/12/07(月) 13:49:23.67
    コロナで減少するかなと思ったけど職場にそれなりにお歳暮が届いた
    例年ならすぐ開封してお菓子なら休憩に食べたり加工品は分けたりと
    年末までには片づけてたんだけど
    今はまだ在宅勤務の人もいて出社率4割で人少ないし
    物によっては賞味期限も長いからそのうちどうするか決めようって言ってるんだが
    いつの間にチェックしたのか入って間もないパートが頂いたお歳暮を全部チェックしてたようで
    〇△は賞味期限が短かいから早くしないとだめになるとか
    □×は缶詰で数がいくつしかないから皆に回らないどうやって分けるのかとか
    大丈夫パートのおめーにはぜってーに回さんよ
    とは言えないので大体持ち帰る品の担当が決まってる感じだし
    そのうち社員で分けるから大丈夫って言った
    後でずるいとか卑しいって言われてもかまわない
    夏の私のお土産、他の人に回さずお前がこっそり持ち帰ったの知ってるんだからなって言おうかと思ってる





    749: 名無しの心子知らず 2012/04/24(火) 20:19:46.71 ID:P+b1InX+
    先月末に、近所の玩具屋の閉店セールでランドセルが一個千円だったので10000円分購入。
    で、私が買ったので黒のランドセルが無くなったみたいだった。
    ランドセルが買えた報告を私の息子達に孫達の分のランドセルを買ったからと報告。
    報告も終わり、私の車のトランクにランドセルを入れてると見知らぬ子連れの女忄生が「私の息子に分けてくれませんか?」と訪ねて来たので
    私は孫達の分なので申し訳ありませんが譲ることはできないんです。
    と、断るとその女忄生がいきなり険しい顔してトランクに手を入れて来たのでつい
    おもいっきりトランクを閉めてしまいました。





    61: 名無しさん@HOME 2006/12/15(金) 18:34:38
    まだ新婚で遠距離に住んでいた時、大晦日に呼ばれて義実家へ。 
    行ったら夕飯にお寿司が出た。(回転すし屋の持ち帰り) 
    ありがたくご馳走になろうと思ったら、義兄嫁がバクバクにぎりの方を食べ始めた。 
    遠慮してのり巻きの方だけ食べていた私きょとん。旦那も気付いて箸が止まった。 
    ほとんど義兄嫁に食われてしまったけど、きっと義兄嫁がお金出したんだろうな、と思った。 
    こりゃ仕方がないな、と。


    次回(と言っても翌年ぶりだったが)寿司持参で義実家行ったよ。
    持っていったのは回転寿司のじゃなくて普通のすし屋で握ってもらった物だけど、義兄嫁にやっぱり食われちゃった。アチャー





    131: 名無しさん@HOME 2018/09/16(日) 20:10:08.54 0
    最近結婚したんだけど義弟嫁がなんか図々しい気がする 
    今義実家に私たち夫婦と義弟家族が遊びに来てるんだけど
    昨日も今日も義弟嫁が一番風呂

    ごはんの準備も手伝わないし朝も一番遅く起きてくる 
    夜も授乳してるらしいけどそんなもん? 
    正直義父よりも旦那よりも先にお風呂入ってて唖然としたんだけど





    373 :ラブラドール速報 2008/05/15(木) 17:30:13 ID:q7h4KVjO
    同僚に友人を紹介したのがきっかけで、結婚まで至ったカップルが二組できた。
    それ以来、自分にも誰か紹介しろと頼まれることがちらほらあるのだが
    会社の先輩(♀)と親戚(♂)が非常にずうずうしい。
    先輩は30代後半、親戚は40代後半だがどちらも「昔はモテた」が口癖で、
    自分には価値があると思い込んでいるらしく高望み。
    先輩は「家事を折半してくれる人がいい。収入と学歴は高くて当たり前、
    年収800万が最低ライン、オッサンは嫌だから30代前半までの人がいい」
    親戚は「家事育児を男に負担させる女は嫌。収入も自分と同じくらい
    (500万前後)はないとダメ。もちろん子供も欲しいから20代の子をよろしく」
    ちなみに二人とも、独身で金を自由に使える分着飾ったり遊びまわったり
    しているが、貯金はほとんどないらしい。
    高齢低収入なんだからもうちょっと妥協しろよ、つか
    人に紹介頼まなきゃならないほど焦ってるくせに条件つけるなずうずうしい!
    という内容のことをソフトに言ったら、じゃあ高望みしないから
    それなりの人を紹介してと頼まれたので、二人を引き合わせてみたところ
    「あんなジジイ(ババア)を紹介するなんて酷い!」
    とほとんど同内容の怒りメールが来た。
    せっかくお似合いの相手を紹介してやったのに、まったくずうずうしい。





    221 :ラブラドール速報 2016/06/15(水) 23:18:40 0.net
    義兄夫婦の長男が高3で、今頃になって医学部に行きたいと言い出したものの
    偏差値も親の経済力も今の時点では遠く及ばないそうで…。
    でも、これからの頑張りに期待して出来るだけのことはしてやりたいから経済援助してと言われたのだけど
    うちにも保育園児がいるし、学資保険かけてるけど、それだけで足りるかわからないし…。
    共働きでも自分たちの生活のことでいっぱいいっぱいですと言って断ったわ。
    義兄は会社員で義兄嫁さんはパートもしてない専業主婦だし
    なんでもっと早く子供たちの将来のことを考えなかったんだろう。
    おまけに義兄が50過ぎても社宅住まいだから、定年前に新築の一戸建てが欲しいそう…。
    それに関しても、年齢的に長期の住宅ローン組むのは難しそうだし
    住居費が浮いてる間になんで貯蓄してなかったんだろう?
    家族で海外旅行してきたばかりの彼らに学費援助してって言われても、なんで旅行になんか行ったの?としか思えない。





    159: 名無しさん@おーぷん[] 2015/04/02(木)15:24:42 ID:h7t [1/1回]
    直接言われた訳じゃないけど、なんとなく避けられてるから友達やめられたっぽい

    友達が結婚した相手が開業してる歯医者さんで医院の近くにマンション買っとかで
    しかも交通の便が良くてそこそこ繁盛してるみたいだから、
    遊びに行くがてらホワイトニングと詰め物を白くしてほしいって頼んだんだ
    そしたら予約が詰まってるから少し待たせるかもって連絡きたけどお願いすることにした

    でもいざ言われた時間に行ってみると、けっこう待たされるし料金は他の歯科医院と変わらなくてビックリ
    そのことを言ってみたら受付が裏手に行って友達の旦那に確認して安くなったからいいけど

    その後マンション行って友達とお茶したんだけど、夕食時になったら帰ってくれオーラが凄くてびっくりしたよ

    他にも詰め物を治してほしいって連絡しても予約が埋まってるから無理みたいって連絡がくる
    正直、連絡の不備とかありえない医院みたいだから、
    そこまで繁盛するのか疑問だったんだけど避けられてるって気がする

    友達も士業でそこそこ稼いでるはずなのに、お菓子は少ないし
    歯科医院とかお菓子けっこうもらったりするはずなのに

    まあこのままでいいかって気もする





    67 :ラブラドール速報 2017/06/22(木) 22:54:04 0.net
    実家の近くに家を構えてる弟夫婦が居る
    出張土産を渡しに実家へ行くと結構な確率で顔を合わす
    大体は無難にお菓子を買って帰るんだけど
    弟嫁「これは弟子が食べれないから可哀想…」
    私「ごめんなさい、他に何をお土産にしたらいいか分からなくて」
    弟嫁「○○(出張先)なら○○(化粧品ブランド)が有名じゃないですか~」

    まだ1人で歩けない子に化粧品ですかそうですか…
    こんな発言をされたら態々お土産を買ってくるのも
    馬廘らしくなってお土産制度は廃止させて頂いた 終わり





    560: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/06(金) 15:07:10 ID:YiVBRVVw
    先週すごいのに遭遇した。 

    スーパーでブリ1匹が安かったので、
    店員さんに捌いてもらおうと思ったら
    既に何人かお客さんが待ってる状態。 
    時間がかかりそうだったので、
    家に帰ってから自分で捌こうと思って
    値札だけ付けてもらうことにした。 

    私が呼びかけた際に、店員さんは調理希望と思ってか 
    「既にお待ちのお客様が何人かいて、
     お時間かかります」と言われたので
    「自分で捌くので、値札だけ付けてください」
    というやり取りがあった。

    値札付けたりパッケージしてもらってる間待ってたら
    背後にいた30代くらいの奥さんが
    「魚捌けるなんてすごいですね。
     私のもやってもらえますか?」と声かけられた。

    え?私のもって何?と思って見ると、
    奥さんの手にはサンマの入ったビニール袋。

    勿論嫌ですって断ったんだけど、
    何かテンション高くまくし立ててきて、
    ・子供の情操教育のためにも、捌くところを見せてほしい。
    ・よその家だと気を使うだろうから、
     お宅(私の家)でやってもらって大丈夫です。
    ・車運転できないので、家まで乗せて。
    ・お礼に、アラはあげますから(サンマのアラをどうしろと?)
    ・(私がブリ買ったの見てたのか)食べきれないでしょうし、協力します!
    半分もらいますよ!等々。

    うまいこと言えればよかったんだけど、
    嫌です、無理です、要りませんと
    モゾモゾ言うことしかできずにいたら
    店員さんが「いかがなさいました!?」と大きめの声で言ってくれたら、
    私に「やな人!」を捨て台詞にそそくさと退散してった。

    店員さん、ブリ渡しながら
    「何かされませんでした?」て気遣ってくれて
    奥さんが脱げてった様子が目に入ったのか、
    近くで品出ししてたパートさん2人くらいも近寄ってきて
    「警備員さん呼ぼうか?」
    「(大事にするのが)嫌なら店長に話しておくから、
     何言われたか教えてくれる?」
    とか少し話してたら
    退散したはずの奥さんが猛ダッシュで戻ってきて

    「何でそっちの肩持つの!?被害者は私なのに!」
    などと、すごい形相で怒鳴ってきた。
    その声で、男忄生の社員さんや、
    警備員さんが駆け寄ってきて、奥さん連れてかれたんだけど
    「この人が分からないこと言うから!」
    と怒鳴りっぱなしだった。

    怖かった。戻ってきたのがすごい怖かった。





    873: 名無しさん@おーぷん 20/04/12(日)14:28:19 ID:mV.pc.L1
    今日は妹の誕生日なので、
    昨日スーパーにケータイ(ケーキ)の材料を買いに行った
    そしたらイチゴが安くて、
    妹の好物だから奮発して大粒いちご2パック購入

    テンションが上がって帰宅し、家に帰ったとき、
    玄関を開けた瞬間に
    「いちご安かったから2パックも買っちゃったよー」と報告
    そしたら叔母と叔母の娘(10)が大阪から避難という
    名目で遊びに来ていて、バッチリ私の声を聞かれた


    聞かれた手前出さないわけにもいかなくて、
    いちご一粒、隣にホイップクリームを绞り、
    チョコソースをかけ、ブルーベリーソースでお皿に彩りを足し、
    トッポを添えて、飲み物と共に二人に出した
    その後勉強したかったけど、娘ちゃんに遊んで遊んでとせがまれ、
    私のゲーム機で3時間くらい付き合わされた
    途中母が「お姉ちゃん、そろそろお勉強の時間なの」と娘ちゃんに言ったけど
    すぐ泣く娘ちゃんは案の定シクシク泣いてしまい、
    叔母から「お姉ちゃん(年上の意味)なのにひどい!」と言われて、
    祖母(叔母の実母)からも「大人げない、遊んであげなさい」と言われて、
    結局母が無理やり追い出すことになった夕飯時まで遊ばされた
    その上で帰り際、
    叔母から
    「いちご2パックも買ってきたのに、一粒しかくれないなんてケチね」と耳打ちされた
    祖母からも
    「中学生の妹より幼い娘ちゃんを優先して、1パックくらい食べさせてあげなさい」
    と怒られた
    ケーキの材料は私がバイトしたお金で妹のために買ったもので、
    他人にとやかく言われる筋合い無い
    あとからこっそり祖父に呼ばれて、「これ、いちご代」と500円玉を渡された
    祖父にそんな気遣いをさせてるとも知らずに、
    母の建てた家で大きな顔をしてる祖母は大っ嫌い
    母は私達のために我慢して円満に見える家庭を築いてるけど、
    私も妹も、叔母が娘ちゃんを産んでから祖母が私達を邪魔に思っているのは分かってるし、
    子供じゃないから母がどれだけ我慢してるのかも理解してる
    母は妹が就職したら、父と祖父母を追い出して、
    家も処分して、縁を切る計画をたててる
    でも、私と妹がもう家の居心地に耐えられなくなってる
    数年後、私が大学卒業して就職してお金を稼げるようになったら、
    そのときに母と妹を連れて家を出たいと考えてる
    妹とも話して、それを希望に耐えてる
    娘ちゃんが生まれるまでは祖母も優しい人だったのに、
    成長して母そっくりな私達は、祖母にとって嫁2号嫁3号でしかないのかな
    コロナで学校もバイトもなくなって、
    外出も自粛でずっと家にいて、私も妹も精神的な消耗が激しい
    昔はそんなことなかったのにな
    家にいるのがしんどいって何なんだろ

    このページのトップヘ