恋愛・結婚





    227: 愛とタヒの名無しさん 2009/04/13(月) 07:25:11
    この流れで思い出した昔の話。自分だけがサムかったかもしれない話です。

    身内の食事会は別にやったそうで、友人中心のこじんまりした
    披露宴と二次会を一緒にしたような結婚パーティに新郎友人で招待された。

    「お皿の裏にシールが貼ってある人に新郎新婦からのプレゼントがあります」
    と司会者がアナウンスした。しかし誰も名乗り出ない。
    司会者再度アナウンス。誰も名乗り出ない。新郎が司会者を手招きして耳打ち。
    司会者、「新郎新婦が各テーブルを回って当たりの人を探す」とアナウンス。
    結局シールつき皿は見つからなかった。
    単にシールを貼り忘れたのか、給仕の途中で剥がれたのかは不明。
    だが「プレゼント」が○ムウェイの鍋だったので
    自分は当たった人がこっそりシールを剥がしたのではと邪推せずにいられなかった。

    ゲームの景品関係も全部アムウェ○だった。
    司会者とはアム仲間なのか、プレゼントや景品の説明に非常に熱が入っていた。
    引き出物にも混入してた。
    新郎とはあっちが転職してから忙しいとかで最近会っていなかった。
    知らない間にマルチにはまってたらしい。
    また飲みに行こう的なことを言われたが

    友人が一人減ったな、と思った。





    284名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/06(日) 22:07:17.99 .net
    離婚したい。
    自分39才、嫁41才。結婚11年目、子供2人(娘小5、息子小3)、年収500万の地方公務員。

    嫁は自分と出会う前、職場の先輩と不倫してた。
    自分が嫁のこといいなーと思ってたから、薄々感づいててショックだったけど、
    厳しいこと言って、嫁も別れて、ほどなく「結婚したい」と言いながら自分と付き合うようになった。

    結婚前にもあったんだけど、子供が出来てからも喧嘩の度に「離婚したい」と言うようになった。
    その度自分も激昂してて大人げないなーと反省しつつ、なんとか2人の子供をもうけてきた。

    夜の生活は2人目の子供を出産してからは、ほとんどしなくなった。
    誘っても疲れてる、面倒くさいの繰り返しになり、 良くあるように自分から全く誘わなくなり、以降レスになった。
    今ではホントに嫁とするのが想像できなくなった。
    次第に色々と妻に関することが面倒くさく感じられるようになってしまった。
    因みに嫁の「離婚したい」という言い分は、「そうとでも言わないと夫が真剣に向き合ってくれない」から。確かに会話が得意でない自分は、非を感じて随分と妻に誤った。
    ただ自分も色々と傷を負いながらの結婚だっただけに、正直前の相手と比べられている気がして、どうしようもない嫉妬と、自分の無力さに、辛い日々を送るようになった。

    で、3年くらい前にまた喧嘩して「あなたが夜の生活面倒くさいというように、俺も会話が面倒くさいようになった。子供は大切だし別れるわけにはいかんから距離置いて頑張りたい」
    と言ってしまい、以降会話は激減した。
    嫁も「何年か頑張って、子供が自立する年齢になったら離婚したい」とのことになった。
    しかし無理に会話をする必要から解放された気がして、急に楽になり、満たされないながらも心が安定して、過ごせるようになった。





    652:名無しさん@HOME投稿日:2014/02/11(火) 00:26:10.35

    初カキコ。

    良ウトメの目から上手く隠れて次男嫁(私)、三男嫁を散々イビってくれたコトメ。

    長男の義兄が連れてきた婚約者にコテンパンにされて泣いて拗ねたというトメからの連絡が夕食時に来てホントにメシウマだった!
    トメは「まるでお兄ちゃん(長男)が女になったみたいな人だったわよ~」と興奮気味だったw

    次男三男に絶縁宣言されてもまだ反省できてないのかコトメ……。
    だけど話を聞く限りでは婚約者が強過ぎて勝ち目がない様子w
    しかもウトメどちらも足腰が悪くなってきてるから義兄は義実家と同居するつもりなんだって。
    同居話は婚約者さんから言い出したからトメ嬉しそうだった。

    コトメはそんな恐ろしい敵が同居になんてなったら義実家に居られないねw
    いい機会だから義両親に頼ってないで自立しろ!





    143 :名無しさん@おーぷん2014/10/08(水) 10:32:41ID:???
    夫と出会う前段階がすごく長いけど、それがあったからこそ夫に惚れた話。
    すごく長くなりますので、長文嫌いな人はスルーでよろしく。

    高3から付き合い始めて、県内の同じ大学に進学して
    就職もふたりとも順調にできた。
    社会人になって5年経った27歳の時に、私の妹に結婚話が出た。
    田舎なので親は“順番”に拘って
    10年近くも付き合ってるのに結婚の話は出ないの?とか煩くなった。
    妹の為に結婚するわけじゃないし、
    こればっかりはお互いのタイミングだしなぁと思いつつ
    本音を正直に言えば、妹に先を越されるのは複雑な心境だったし
    そろそろちゃんと考えないと、と思った。

    お互いの就職先が決まった時に、結婚について話したことはあった。
    いつか結婚したいねって話になって、
    私の方からは、子供は最低でも2人欲しいと思ってるから
    できれば働きながらでも多少無理が利く20代のうちに
    せめてひとりは産みたい。
    その為に育休が充実した会社を選んだって。
    彼の方は、3年は仕事を覚えることに集中したいって。
    じゃあまずは3年、お互い仕事に頑張りますか!って言い合って
    それまで通りの付き合いがその後も続いていた。





    93:名無し2012/03/14(水) 00:32:08.57 0
    「親御さん結婚式くるの?」ってウトに聞かれた。
    先月入籍、六月挙式だが、特に問題もないなら娘の結婚式に出席って普通
    だと思うんですが・・・

    夫に聞いたら「特に深い意味はないと思うよ」との事

    これまでにもウトメ絡みで色々あったからこの先ビミョ~に不安





    1 :名無しさん@おーぷん2017/10/02(月) 12:09:08ID:c89
    彼女が専業主婦になりたいって言うから、
    その代わり家事とか全部やって俺は家事一切やらないけどそれでいい?って言ったら
    それじゃ私は家政婦じゃんとか言われたから、
    俺は仕事をして家に金を入れる、お前は家で家事をひたすらこなす、全く公平だと思うけど?って言ったら、思いやりがないとかなんとか言われて今連絡してない状態





    453:名無しさん@おーぷん2015/03/16(月)11:23:08 ID:xgw
    嫁が寝付くまで俺のタ/マとか竿をモニョモニョ触るんだが…。
    やらしい思いじゃなく単にフニフニとした触り心地が和むし癒されるって理由らしいんだけど、
    俺としてはまぁそんなトコにそんな刺激与えられたらみんなの想像通り反応してしまう訳だよ。嫁好きだし。
    だから襲おうとすると嫁に「私寝たいです!」って拒否られる…。
    なんとか嫁にもむのをやめてもらうか襲わせてもらうかしたいんだけどなんて説得すべき??




    前編はこちら
    894:537 ◆R3Lg6IowgA2007/01/17(水) 10:23:08
    見積りは午後に行く予定
    家建てた業者に行く予定だけど、リフォーム専門とかのほうが安いかな?
    家建てたし値引き狙ってるけど。




    後編はこちら
    537:名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/16(火) 16:22:45
    二世帯で俺の両親と同居してる。
    一階親世帯で二階三階と夫婦世帯。
    昨夜嫁がおかんに激怒。別居したいと言い出した。
    ローンは俺と親父の折半。
    (実際は親父が頭金として半額既に払い済みで残りは俺のローン)
    ローン抱えてさらに賃貸となると生活が苦しくなる。
    子供は既に一人いるが、夫婦の意見で下にもう一人欲しいと思っている。
    朝からなだめていたんだけど、「あなたも考えて」と言われ嫁は実家に。





    673 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/11/16(月) 15:40:32ID:O5I0mWk/.net
    私が結婚した時、夫が転勤族だから新居も高い嫁入り家具も必要ないし結婚式も挙げなかったので、両親からのお祝いは最低限の家具や家電を揃えるためのお金100万しか貰わなかった。
    私はある理由で夫とは離婚した。
    妹が今付き合ってる彼氏と結婚を考えてるらしく、母親がその話を私にしてきた。
    「妹の彼氏の実家はかなりいい家で金持ちらしい。彼氏は東大卒で一流企業に勤めて給料もいいらしい。そんないい家に嫁がせるなら結婚式にもお金かけてあげないと。」
    みたいなことを嬉しそうに語っていた。
    結婚式も挙げてない100万しか貰ってない離婚もしている私に向かってよくそんなことが言えるよなと思ってスレタイ。

    このページのトップヘ