引いた・冷めた





    20: 恋人は名無しさん 2017/08/28(月) 23:15:21.75 ID:8VUKDePO0
    モヤモヤしてるので吐き出させて 
    3年近く付き合ってる彼に
    半年ほど前に逆プロポーズしたら

    「結婚は自由がないし
    子供もほしくないし縛られたくない」
    と断られた 

    それでも情があったから結婚を諦めて
    付き合い続けてきたんだけど

    その少し前から続いていた
    彼の便秘が酷くなり
    精密検査を受けると3bの大腸がん 
    あれよという間に手術でストーマに 
    昨日お見舞に行ったら
    プロポーズされた 
    「子供がほしい。
    一人身のまましにたくない」 

    でも私は
    「私は結婚であなたを縛る気もないし
    あなたの子供を持つ気もない。
    望み通り自由にすればいい」
    と慰めながらも断った 

    もしかしたら私が結婚したいと思った
    あの瞬間は
    虫の知らせだったのかもしれない 

    結婚していたら子供もうんでたし
    一生面倒を見るつもりだった 

    今はこれっぽっちも思わないけど



    579 :名無しさん@おーぷん 2017/11/30(木) 10:30:24 ID:zey
    義母が亡くなり、長かった介護生活が終わった。
    そしたら旦那が目に涙を浮かべながら、
    「本当にありがとう。
    お前達には長らく苦労をかけた。
    お礼に家を建てるよ。
    お前ずっと家建てたいって言ってたもんな。
    お前の好きなようにしよう。」だって。
    子供達と思いっきり笑っちゃった。
    旦那は訳がわからないといった顔できょとんとしてた。





    840:名無しさん@おーぷん2015/08/10(月)17:24:24 ID:fhq
    両親が私の結婚式出ないと言われた時が衝撃だった。
    うちは2人姉妹なんだが、姉が超ヒステリー型。母はいつも姉のヒスが
    始まるとオロオロで姉の味方。声が大きい人間、権威ある人間に無条件に味方するタイプ、
    父は空気。

    姉の口癖は「○○(私)ばっかりズルい」で、姉のお古以外の洋服や玩具は絶対禁止だったし(バレれば没収)、
    誕生日やクリスマスのプレゼントも姉の検閲に合格しないと(姉のより一桁安ければ合格)買ってもらえないし、
    何故かいつも姉が強権ふるってて、昔から自分の家が大嫌いだった。
    でもまさか、結婚式まで出ないと言うとは思わなかったのでショックだった。

    それも勿論姉(実家暮らし・当時三十路)が「妹の癖に先に結婚なんてズルいズルい!!お父さんもお母さんも認めちゃダメ!」
    でオロオロする両親。
    父はギリギリまで「でも俺だけは出るからな」とか言ってたけど、結局式の数日前に「行かない」と言出だした。

    ウトメは飽きれつつも、「あなた、よく今まで頑張ったわねー。これからはあなたの家族を作りなさい」
    と温かく言ってくれて涙が出た。
    夫の案で、式では「新婦両親は長期闘病中で、今日の日を楽しみにしてましたが参列はなりませんでした」
    と司会者に言ってもらった。

    そんなに団結深い私を除いた私実家だったんだけど、結婚を期に完全に実家との縁を切りだした(連絡完全無視)
    あたりから、団結に亀裂が入ったらしく、
    うちのウトメに「娘の連絡先教えてほしい、今から結婚式をやり直させてあげたい」とか父が連絡してきたり、
    「娘を取った。返してほしい」と母が電話したりしてるらしい。

    ウトメはしばらくそれを内緒にしようとしてたが、ある時私が義実家在宅時に掛ってきて露見し、
    「うちの心配はいいから、あなたは気にせず息子との家庭を守って」と言われ、泣けた。

    このままでいいのかなとも思うけど、今は子供も小さいのでウトメの言葉に甘えたい。
    姉がなんでだか透析通いになって、両親も大変らしいので、もっと大変になって私のことは忘れてほしい。





    966: 恋人は名無しさん 2011/10/21(金) 21:24:30.13 ID:GOTPH3sg0
    私 当時高校生 
    彼男 当時20代半ば社会人 

    彼男とは部活OBの紹介で知り合い申し込まれて付き合うことになった。 
    彼は一人暮らしで、やたらと部屋デートに誘われてたけど、私は恋人が出来たのが初めてなので躊躇してた。 
    呼ばれてほいほい行ったら軽いと思われるかなとか遠慮があった。 
    自分の中で半年以上付き合ってからだなとか思ってた。 
    デートの時に彼が忘れ物をしたから家へ取りに行くと言ったのでついて行ったけど、当然外で待ってた。 
    やたらと部屋の中で待っててと言われたけど、自分の中で作ったルールに従って外で待ってた。 
    すると彼のママンと遭遇。 
    とりあえずこんにちははじめましてと挨拶して、簡単に自己紹介をした。 
    すると私が高校生だと知った途端彼のママンが激昂。 
    未成年相手だなんて犯罪よ!と言いだした。 
    彼男が怒られちゃうなと心配してたら、 
    「未成年のクセに社会人の男の子に手を出すなんて!一歩間違えたら犯罪でしょ!」 
    え~?私が犯罪者?と軽くパニックになった。 
    ちゃんと別れるのよと言いすてて彼ママンが行ってしまうまで、なぜか彼男は無口。





    953:名無しさん@おーぷん2015/11/12(木)19:28:09 ID:xnN
    シモ系ですまんが愚痴。

    排卵日が近くなると体調が悪くなり、特にチ*ビが痛くなる私。
    だからそういうときは夜の営みはなしね、と夫に伝え、夫も了承していた。
    最近になって、夫が排卵日を狙って襲ってくるようになった。
    避妊もしようとしないので、そのたびに大喧嘩になる。

    結婚当初から子供は作らないと夫が言って、私も同意してた。
    結婚10年、夫から子供コールが出たことは一度もない。
    なにより、夫45歳、私39歳。
    「まだ産めるでしょ!」って軽々しくいってくれるよ。
    産むのは私だし、あんたは長距離ドライバーだから育児も私がメインになるのは
    わかりきってて、お互いの親族も頼れないって言うのに。

    子供が欲しかったらもっと早くに言ってほしかった。
    ていうか、私が35歳になった時に
    「これがリミットだと思うから、本当に子供が欲しいかどうかもう一度話し合おう」
    って言って、話し合いの結果小梨で行こうねと決めたじゃないかと。
    あーもう・・・今さら生みたいとも育てたいとも思わないよ・・・ 





    344:名無しさん@おーぷん2015/10/17(土)09:27:45 ID:mSa

    なんか自分でもびっくりなんだけど、離婚しました。
    こんなに簡単に別れるとは想像もしなかった。
    結婚して最初の1年以降は旦那がA/Vとかでしかたたなくなってしまった。
    原因が将来に対する不安で、子供を育てる自信がないという気持ちから
    生身の人間では立たないらしい。(精神科の先生がそう言ってた。)
    正直私も1人なら何とか大学まで入れれるけど、まあ贅沢はできないなって認識だったんで、
    旦那の不安が理解できないわけじゃなかったし、レスでも気にしなかった。

    一緒にいるだけでも幸せと思えたってのもあったしね。
    でも、この間のお盆に旦那の祖父の7回忌があって旦那の実家に行ったんだけど、
    その時旦那の親せきが私に子供ができないなら身を引いてやることも嫁の勤めなんだぞって言われた。
    旦那もそれを聞いてたのに、「まあまあ、俺は2人で幸せなんですから。」って言った。
    それ聞いた瞬間なんかさーっと熱が引くみたいに旦那への気持ちが無くなって、
    逆に我慢できないって方にメーターが振り切れたみたいになった。
    なんかうまく説明できないけど、この人これで私をかばってるつもりなのかな?とか
    やることやれないのはこの人なんだけど、とかもう色々一気に頭の中がいっぱいになって
    そっからはもう頭の中が「離婚」「離婚」でいっぱいになってしまった。
    すぐに旦那に離婚を申し入れた。旦那は何が悪いのか全然理解できないみたいで、
    いやだといわれたけど、旦那が生身の人間とはできないんだってことを
    義理両親にもきちんと説明しに行くって私が言ったら
    それだけは嫌だってことで届けにハンコとサインをくれた。
    財産分与も、慰謝料って形で出さないってことで、
    100万旦那がとって残りは私がとった。
    大体1000万に足らないってくらいはあったからほとんど私がもらった。
    最近ようやく引越しの整理もついて時間ができたせいか、
    離婚した時のことなんかをよく考えるんだけど、
    今でもなんで急に旦那と旦那との生活が嫌になったんだかよくわからない。
    今の私の状態なら離婚してなかったかもなとかいろいろ考える。
    なんかに取りつかれたみたいにあの時は「離婚」「離婚」てなってたな。
    かといってもう1度やり直したいかって聞かれるとそれはないなとも思う。
    「離婚」て勢いが大事なんだな、きっと。





    871:おさかなくわえた名無しさん2011/05/29(日) 09:03:26.68ID:B4JXi/HM
    中学生のとき、同じ部活の子が学校にゴス□リ専門のファッション誌を持ってきた。

    同じ部活のみんなで広げて見ながら「この服きれいだねー」「かわいいね~」と言ったり、
    カラコンのページにNARUTOの写輪眼そっくりなカラコンがあったので
    「写輪眼!写輪眼!」とか言ってた。

    最後のページには読者投稿のページがあって、そこも読んでみた。

    投稿者:30代女性

    「私はゴス□リが大好きで、会社にもいつも着ていっています。
    先日そのことで上司に呼ばれ、「もうちょっとまともな格好はできないのか」と言われました。

    それに対して私は「ゴス□リは私の魂そのものです。
    他の服を着ることなど私にはできません」と言いました。
    すると上司は「……分かった」と一言。
    それ以後ゴス□リについて何も言わなくなりました。
    理解のある上司で助かりました。

    これからもゴス□リとともに生き続けていきたいです」

    全員一気に何も言えなくなった。
    多分上司も同じ気持ちだったんじゃ……と思う。





    679:名無しさん@おーぷん2014/09/28(日)16:17:46 ID:???
    俺の知り合いの夫婦がもうすぐ結婚式を挙げる。
    そして先日彼らは「結婚式で着る衣装をレンタルする際に騙された」というようなことを言っており、
    その話の内容に衝撃を受けた。

    奥さんが着るウェディングドレスを選ぶ時3つに候補を糸交り、悩んだ末に一番高いウェディングドレスに決めたようだ。その決め手は「こちらの商品をレンタルしていただくとウェディング用のリングを差し上げます」と書かれていたから。

    それはPOPに手書きされていて、彼らに言わせると「汚い字だったから誤解した」ということだった。
    彼らは「ウェディング用のリング」と読んだわけだが、
    実際のところ店側としては「ウェディング用のソング」と書いたつもりだったらしい。
    奥さんがそのウェディングドレスに決定し「リング貰えるなんて…ありがとうございます」と店の人に何となく言ったら、
    リングではなくソングですと訂正されたようだ(ウェディング用のCDを貰えるということだった)。
    彼らはまだ支払いをしていない状態だったので俺からしてみれば支払い前に気づくことが出来て良かったなと思うのだが、
    彼らは結構怒っており「あれは騙すつもりだったに違いない」と言っている。
    「腹が立ったから一番安いドレスにした」と言っていたのも少し驚いた。

    店側が高いドレスをレンタルさせるために「リング」っぽく「ソング」と書いたとは思えないが…
    夫婦2人ともが「こちらからリングって言わなきゃ最後まで黙ってたと思う。
    あの微妙な書き方は指摘されたとき言い逃れするためだ」と言っているので、
    実際のところ店側はどういう意図だったんだろうなぁ…と思ったりもする。
    その微妙な字を見てみたいとも思ったわ。





    197:名無しさん@HOME2015/10/08(木) 23:45:59.22 0.net
    父方の従兄の結婚式で一家が地獄に突き落とされた話。

    勘違いで式場に早く着きすぎた俺家族。
    父と俺(当時、中3)はロビーのソファでゲーム、
    母と姉(当時、高2)はホテル内を散策すると言ってどこかへ行ってしまった。

    1時間ほどで従兄一家がやってきて、
    控室に向かう途中で「ドロボーっ!!」と悲鳴。
    従兄が新婦の声だと言うので、
    従兄と脚の速い俺が悲鳴のする方向へ駆けつけると、
    新婦が泣きながらドアの入口に座り込んでいた。
    部屋の中には新婦のウェディングドレスを着た姉と、「大げさねえ」と笑う母。
    従兄は「何してるんだ。早く脱げーっ!」と叫びながら、姉を往復ビンタ。
    母と姉は「何も殴ることないでしょ」と逆切れ。

    後からやってきた父は「ちょっと借りただけなのに」
    とふてくされる母と姉をビンタし、新婦父に土下座。
    母は「覚えてらっしゃい、離婚よ、離婚!」と絶叫するも、
    伯父(父の長兄)に殴られ、しぶしぶ土下座。
    姉は伯母にドレスをはぎ取られ、ブラとパンツ姿で土下座させられたが、
    全く反省している風でない。

    「このような親族をお持ちとは、この結婚は考え直させていただく」
    と新婦父の怒りは収まらず、
    「もうこのドレスは着たくない」と新婦が号泣したため、
    新婦の急病ということにして結婚式は中止で、食事会になった。

    母と姉が事の重大さに気づいたのは数日後。
    父の会社の大口顧客であった新婦父が
    母と姉がしでかしたことを理由に取引を停止したため、
    父はかろうじてクビは免れたものの、降格、減給。
    退職まで閑職に追いやられた。

    父が母に離婚届を突き付け、姉と二人で実家に帰るように言った。
    父は俺を引き取るので姉の養育費は相杀殳して払わない、
    母と姉のせいで中止になった結婚式の費用や慰謝料を払うから財産分与はない、
    という条件を俺たちの前で説明した。

    専業主婦だった母は父に捨てられたら暮らしていけないとすがり、
    パートして家計を助ける条件で再構築。

    このページのトップヘ