イラッとした・ムカつく話





    536 :名無しさん@HOME2011/07/07(木) 13:55:00.26 O
    孫に会いに来たトメに、何故かくっついてきたニート義兄。
    私がキッチンで麦茶を注いでた時に、寝ている我が子(5ヶ月)に「全然起きないじゃん、生きてんの?」とデコピンかまして泣かせやがった。

    咄嗟に近くにあった卵焼きフライパンで滅茶苦茶ぶん殴ってやった。多分7、8発は殴った。
    トメは義兄の眉間に全力チョップ、泣き出す義兄を引きずって帰ってくれた。
    子の血を吸った蚊すら心底で憎む程に激ガルガル期なので、次顔見たら私は何するかわかんないぞ。 





    706:おさかなくわえた名無しさん(o・ω・o) 2014/10/27(月) 00:45:31.81ID:Z00g0tph
    ウチの会社は個人営業の店で弁当を買っていたんだけど最近その店との契約を切った
    何でかと言うと増税時にその店が料金を変えて来たんだけどそれが五百円から六百円だった
    それでも大分以前から付き合いのあった店だったから仕方なくその店で注文し続けた
    そうしたら一週間もしない内に味噌汁が廃止され更に品数も減って漬物が二種類入るようになった

    流石にどうかと思い値上げしたんなら品数を減らすのをやめてくれ
    こんな状態だと他の店に変える事も考えると言うと味噌汁は廃止のままだったが品数は戻った
    だけど最近他の会社でその弁当屋の話題が出て値上はキツイと言うとその会社だと値上げをされていないと聞いた
    よく聞いてみても品数も減っていないし味噌汁も未だにあると言う

    頭に来て弁当屋に電話するとじゃあ以前と同じ値段に戻しますと言ってきた
    もうその弁当屋と付き合っていくのは無理だと思い別の弁当屋を探しそこに変えた
    ウチの会社は弁当取る人が少なくて毎日十食程度で、値上げしていない会社は五十食程だったらしいので上客の方からの契約を切られないようにしたんだと思う
    お互いに苦しいと思い値上げしても注文し続けていたのに裏切られた気分だった





    169 :2016/09/09(金) 23:55:17.net
    去年の冬の俺の奮闘記

    自分が覚えてる限り病気はしたことが無いと言う嫁
    確かに出会いからそれまで嫁が具合を悪くしたのを見たことがなかった

    ある朝、いつも以上に機嫌の良い嫁が朝飯を作ってくれてた
    俺「なんか良いことあった?」
    嫁「なんかあった訳じゃないけど、なんか楽しい!」
    やたらテンションの高い嫁をよく見ると、顔は赤いし目はどことなく潤んでる
    俺「お前、もしかして熱ある?」
    嫁「えー、私が熱とか出す訳ないじゃん!むしろ今日は体が軽くて調子良いよ!」
    問答無用で額に触ってみたら尋常じゃなく熱い
    大丈夫といって聞かない嫁をなんとかベッドに座らせて体温を計らせたら体温計が壊れてると言いだす
    確認してみたら38.9度だった





    950:名無しさん@おーぷん2016/06/17(金)20:04:11ID:Y5H
    相談です。
    俺親との同居の代わりに、
    彼女の出した条件が妥当なものか判断してほしい。

    俺30代半ば年収600万
    彼女30代前半年収200万

    1年付き合った彼女と結婚の話が出ている。
    俺家は父が数年前に亡くなり、
    俺名義の一軒家に母(収入は年金のみ)と二人暮しのため、
    結婚するなら同居してほしいと頼んだ。

    最初は、
    ・いきなり同居は気を遣う
    ・俺家に住むと彼女実家からも職場からも遠くなる
    ・彼女実家も母一人(彼女父とは離婚)のため、同居したい気持ちはこちらも同じ
    (ただし彼女母は働いているため収入がある)
    という理由で渋っていた彼女。

    だが交換条件を飲んでくれるなら同居してもいいと言い出した。
    条件は、
    ・俺が彼女の姓を名乗る
    ・彼女母が働けなくなった場合、仕送りをする
    ・彼女実家には出入り自由、好きな時に帰れる

    というもの。
    交換条件のはずなのに数が多い気がするんだが…。
    これは条件として妥当だろうか?





    112 :2012/07/24(火) 01:18:52ID:Mt9CubNJ
    3行箇条書き

    ・彼と水族館に行って駐車場を歩いていたら、女が背後からとび蹴りしてきた
    ・私がなぜかタイミングよく方向転換したため、
    とび蹴り女は「アチョー」のポーズのまま地面に着地、足がじゃりじゃり。
    ・地面は砂利敷き。ホットパンツのとび蹴り女、足が血みどろのすり傷まみれになりながら
    「私がほしかった指輪とか見せびらかすな」とかキーキーわめく。
    よく見たら2年前別れた元夫の授かり婚した妹。



    13 :名無しさん
    2で規制されてたのでこっちに。長文すみません


    地元でマンション借りたら隣が高校の同級生Aの部屋だった。
    私は新婚で小梨、Aは家族4人(うち幼児二人)。
    Aは挨拶もそこそこに「今仕事してるの?」って聞いてきて
    してないよ、って答えたら「良かった〜!!助かった!!」って
    もう子供預ける気満々。
    引っ越し片付いた?片付いた?って
    何度もピンポンしてきて子供を放牧。
    「探検してこ〜い」だってよ。
    ちょっとドアを開けると隙間から入ってきてうちで探検隊ごっこを始める
    隣に返しに行こうとするも、留守。
    夜になって平然とうちに子供を引き取りにきたから迷惑だって告げたら、
    「ごめん、私働いてるんだ!そっちは専業だよね?」って
    当たり前みたいな顔して言ってきた。





    172:名無しさん@HOME2007/04/21(土) 14:12:02
    長文になりそうだが、ここで吐き出させてほしい

    出来婚だった私が、出産した次の日、
    新生児室のガラス越しに(姑が)実家の母に言った言葉
    『本当に息子の子供かしら』

    そんな事言うなら妊娠報告した時に言ってほしかった。
    我が家に届いた封書を勝手に開けたり、
    居ない間に色々と物色してみたりなど
    娘と結託して色々な事されたり言われたりしたけど、
    いずれは一緒に住まないといけない人だからと聞き流す様にして我慢してました。

    今思えば、何んで我慢したんだろう?
    何んのメリットも無いだろうにと思う。
    ただ、嫁姑問題に旦那を巻き込むのが可哀想だと思ってました。

    後、若さかなぁ。
    今のおばちゃん気質だと、まだ色々言い返せてた様な気もします。

    続く





    863:名無しさんといつまでも一緒2007/06/13(水) 22:56:15
    向こうの親に言われたことがあるぞ。
    自分の生活を守るのは解るが、
    娘達の苦境も少しは想像してくれ、とな。

    離婚当初にある程度まとめた額を渡して、
    それでいて毎月5万払ってますが何か?

    …って婉曲に伝えたら殴られたっけ。
    銀行、郵便局巻き込んで調べた挙げ句、

    元嫁だった女の使い込み発覚しますた。
    つーか、パート風情で
    1年に車2回も入れ替えられるか。
    普通気付け馬鹿。





    826 :2015/01/11(日) 09:01:440.net
    去年終わった話ですが、まだ義弟嫁は不満が一杯だそうです。
    義弟嫁に会ったら「二人で会ってお話をしたいです。」と言うので
    会う約束をした。
    それまで特別に嫌なこともされてないし
    通り一遍の表面的な付き合いのみだったから、なんだろうとちょっと興味もあった。

    義実家は旦那達の祖父がさる企業の偉い人まで行った人だとかで
    便のいいこちらあたりでは屋敷町と言われる地区にある素敵な日本家屋です。
    旦那祖父母は義父が結婚した時にその家を義父に渡して
    自分達と義父と年の離れた末っ子の叔父(旦那から見て)と別宅に移り住み
    そこで亡くなった。その別宅は叔父が相続し、本宅は義父が相続したとか。
    でも同居介護した叔父に相続は多くて義父には本宅のみ。
    義父自身はコネも関係ない職に就き、定年退職した。
    義母は結婚後ずっと専業主婦。

    去年義両親が旦那と義弟を自宅に呼んだ。老後の話だったそうで
    相続税が馬鹿高くなる家は売る、売ってその後駅前にマンションを買うか
    ケアマンションに二人で入る。少し地価が上向いて来たので
    これから売りに出すから、残っている自分の荷物を片づけて欲しい
    とのことだったそうだ。





    676 :2008/02/09(土) 09:18:300
    プチスカですが投下していいですか?

    私の父はイギリス人です。
    母は日本人で、私はどちらかといえば母に似たので、
    瞳の色と髪の色以外は、パッと見はほとんど日本人です。

    夫と結婚する時に、結婚に大反対したウトメ。
    「外人の血なんて、○○家に入れる訳にはいかない」
    「義妹ちゃんの結婚に差し障りがあったら困る」
    「得体がしれなくて気持ちが悪い」
    など、散々なことを言われました。

    すったもんだのあげく、結婚はしたものの、私は夫公認で絶縁。
    夫も、冠婚葬祭以外は疎遠になっていました。
    私の妊娠が発覚した時も、手紙を書いてきて(電話はNDで着信拒否)
    「変な血が流れた子どもは、産まれても不幸になるだけだと思います」とか言ってきて、私はストレスで切迫流産で入院したりした。

    続きます。

    このページのトップヘ