怖い話

    2: 名無しさん@おーぷん 2014/09/16(火)23:15:52 ID:tSNx6Ofgp

    書き逃げしていくけどこれはネタ認定していってね。

    私に18年間もの間殴る蹴る食事をさせない経済的せ*的とありとあらゆる虐待をしてくれた父親。
    どんなに虐待を加えても子供は親を介護するものなんだってさ。

    だからしてやりましたよ、介護。
    両手両足をS*グッズで拘束、アイマスクと恨み言を録音したレコーダーに
    繋いだヘッドホンを常時着けさせ、口を食事時以外塞ぎ、
    引っ越しする予定があったのでそれまでの8ヶ月間をトイレでね。

    引っ越しのときに捨てるつもりだったので、そのときにきちんと歩いてどっかに消えてもらえるように立って座って立って座って…の運動だけはさせた(結局歩き方は変だったけど)
    食事は栄養に配慮したものを選び液体にして無理やり飲ませた。

    言うことを聞かなかったら殴った。シャワーは冷水週3。
    その間私は小を風呂場で、大を近所のコンビニで済ませていた。
    糞親のせいで私は結婚しないだろうから、私で末代。

    最近無縁仏に壺を捨てて来たので記念カキコ

    64: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/03 14:13:24


    友人(新婦)の式。オカルト注意。 

    新郎新婦の生い立ちみたいなプロフィールビデオが流れたんだけど 
    写っちゃいけないものがバッチリ写ってた。 
    他にも何人か気付いた人がいたらしくてザワザワ…ザワザワ…。 
    で、その変な空気がやっとおさまりそうってところで、 
    新婦の従姉妹(?)が中二病かメンヘラか分かんないけど 
    「○○ちゃん(新婦)は祟られてる!」と叫び出してさあ大変。 
    父親らしき人に即行でつまみだされたけど、 
    「怨念!悪霊!私が除霊してあげる!」ってロビーでも暴れてた。

    そのPVは新婦の手作り。 
    小さいプレビュー画面を見ながら作ってたせいで気付かなかったらしい。 
    当時、新婦は皆がザワザワしてるのは 
    あまりにもPVの出来が良くて感心しているせいだと思ったらしい。 
    いきなり従姉妹が叫びだした時には 
    「何のサプライズ演出かと思ってワクワクしたのにww」って笑ってた。 

    式後、PVを家族で確認したところお父様が「かあちゃんだ」とポツリ。 
    なんと写っていたのは生前からイタズラ好きだった新婦のお母様だそうな。 
    お母様が亡くなったのは新婦が3~4歳の頃だったため 
    あまり記憶もなく、写真と見比べてもピンと来なかったらしいけど 
    お父様が呟いた「かあちゃんだ」を聞いた瞬間に 
    涙があふれてとまらなかったそう。 

    そうだよね。 
    悪霊が「あっかんべー」して写るわけないもんね…。 

    あれ?もしかしてスレチか?どうもすみませんでしたー。

    66: 名無しさん@HOME 2013/01/18(金) 22:05:18.10 0
    思い出し投下。 

    若かりし頃 スノボに行ってアイスバンでスっ転げた。 
    自分の肘が脇腹に入り余りの痛さに病院へ→レントゲン撮ると肋骨ちょびっと骨折だった。 
    痛がり呻く私に当直だった整形外科医がバカにしたように 
    「wwちょっとの骨折で大げさな!痛がりですか?」と言いながらグイグイ腹を押さえ触診。 

    あまりの痛さにグエグォ呻き息も出来なかった。 
    母が「この子は我慢強い子なんですが」と言ってたのでちょっと笑った。そして念のため2日入院。 

    退院する日の昼過ぎに帰る準備してたら看護婦さんと外科医が3人集まり 
    「今から絶対安静です!内臓(脾臓)破裂してたので緊急手術です」と言われた。 
    内出血で2L以上出ており(致タヒ量近い)危険な状態で身内の血液型を聞かれた。 

    外科医の後ろに腹をグイグイ押さえた整形外科医がテヘペロな顔で立っていた。 
    タヒねと思ったのが第1の修羅場。退院してたらタヒんでた。

    333: 本当にあった怖い名無し 2011/10/18(火) 11:05:13.12 ID:i0sItNAX0
    小学校5年生の時の話 
    父の実家は地方の山の中の集落にあった 
    あまり親とうまくいってなかった父は大学進学と共に殆ど帰らなくなったそうだ 
    けれど結婚して私が生まれて少しだけ交流が復活した 
    といっても2年に一度くらい1泊で帰るくらいで、私自身祖父母の印象は薄い 

    小学5年生の時に生まれた弟の顔見せの為に久しぶりに父の郷里へいった 
    祖父母の自宅に泊まるのだが、父は親戚宅の用事が長引いて帰れなくなったため 
    母と自分、0歳児の弟だけが泊まることになった 

    その昼から集落は賑やかで祭りがあるとの事だった 
    私は出店を期待してワクワクしていたのだが、神輿や白い旗?をふりまわす 
    男の人がいるだけでたいして面白くもなかった

    750: 本当にあった怖い名無し 2012/08/29(水) 11:53:43.03 ID:Xzt+JeL30
    復讐の中に、障害者に対する酷い行為が含まれていますので 
    嫌いな方はスルーしてください 

    中学に入ったばかりの頃仲良くなった同級生A子は、身体障害者だった。 
    障害といっても軽いもので、歩く時に少し足を引きずったり、喋る時にわずかに声が震える程度。 
    頭の良い、優しい子だった。 
    ところが、クラスの女王様気取りのB子とその腰ぎんちゃくC子が、A子をターゲットにして陰湿な虐めを始めた。 
    A子の歩き方や喋り方を真似してゲラゲラ笑ったり、A子が話してると馬鹿にしたり、虐めの内容はとても幼稚なものだったが、 
    とにかく1日中ネチネチ絡んでる。 
    見かねて、いい加減にしなよと止めたら、私のことも虐めてくるようになった。 
    私の容姿や、ちょっとした癖などを嘲笑ったり、聞こえるように悪口を言ってくる。 
    身体的な危害を加えられるわけじゃないし、スルーしておけばいいやと思ったけど、 
    多感な中学生にとっては、こんな幼稚な苛めでも毎日やられると結構精神的に堪える。
     
    それを見ていた他の人たちも、A子をかばうと自分まで虐められると思ったらしく、
    A子から離れたり、便乗して虐めたりするんで 
    A子の周りには私をはじめごく数人の友人しか寄りつかなくなった。

    このページのトップヘ