怖い話





    672:名無しさん@HOME2010/06/26(土) 12:22:50
    ジサツした人のイ書に私の名前が書かれてたということで、長々と事情聴取されて鬱陶しかった。
    ジサツしたのは会ったことも聞いたこともない、知らない人。
    どうして私のことを知っていたのか、全然心当たりがない。
    警察でイ書の文面も見せてもらったが、確かに私の名前で、
    一緒に人生を歩みたかったとか来世では必ず幸せにしたいとか
    あんな男に負けた自分自身を呪うとか、書いてあったけど、
    気持ち悪くて途中までしか読めなかった。

    遺族の人にも色々言われたけど、本当に知らない人だったし、大迷惑でした。
    そもそも私は結婚もしてなければ付き合ってる人もいないし、
    「あんな男」っていうのも誰のことなんだか分からない。





    718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/02/27(金) 08:21:28.71ID:aPr3stWP0

    「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員タヒんだって事件あったよな?」
    「あぁ、あったな。それがどうした?」
    「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」
    「マジで?!」「えぇ~うっそー」
    「怪しい」「・・・ホントに?」
    みんなそれぞれ勝手なことを言っている。。。
    「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」

    ビデオが再生されると
    初めは普通の旅行のようだったが、
    その夜に一人のタヒ体がみつかると
    そこからはパニック映画のようだった。
    みんな震え、怯えている。

    そこから次々とタヒ体で発見されていき、
    結局はカメラマンと一人の少女が残った。
    少女は言う。
    「あなたが犯人なんでしょう?!
    私が犯人なわけないもん!
    それに、こんな状況で
    ビデオ撮ってるなんて
    おかしいわよ!」
    「違うおれじゃない!
    これは警察に証拠として、
    渡すために・・・」

    少女は最後まで話をを聞かずに
    外に飛び出していった。
    それをすぐ追いかけるカメラの男。

    そこで、急に画面が黒くなり
    次には無残な少女のタヒ体と
    首吊り自サツをしたと思われる、
    カメラの男が映っていた。
    そこでビデオは終わった。 





    89:名無しさん@HOME2014/03/09(日) 00:22:43.76 0
    相談に乗って下さい。ただ、少し前置きが長くなります。
    私には結婚前10年付き合った相手がいました。
    しかし25歳の時に、相手が結婚を迫ってきたのですが
    私は1年浪人していた事もあり、当時まだ社会人2年目でそんなタイミングで結婚するのが
    嫌で30までに結婚すれば良いじゃんと言っていた所、別れを切り出され、
    また相手にすでに新彼氏がいた事もあり、
    泣く泣く別れる羽目になってしまいました。
    しかしながら10年付き合った相手に捨てられたショックが大きすぎて
    周囲の話ではしばらくの間、いつ自サツしてもおかしくないほど落ち込んでいました。
    余りの状況を見かねた友人達が女性を紹介してくれたのですが
    友人達の配慮か、その女性は背格好や顔立ちファッションセンスなどが
    元カノとよく似た感じの子で、悲しみもある程度吹き飛び
    また元カノの事がありましたので付き合いだしてすぐに結婚に話を持っていき
    交際10か月ほどのスピード婚でした。
    ここまでが前提です。



    766: 名無しさん@おーぷん 2014/07/12(土)13:08:14 ID:eeXPzmLXs
    上司の嫁さんが
    三歩さがってあとをついてくるタイプで
    上司は亭主関白
    上司の家庭に憧れて嫁に
    「おまえもああなれ」
    と言い続けたら
    嫁が怒って実家に帰ってしまった

    あとで上司に確認してみたら
    上司の家は資産家で
    俺とは土台からして条件が違うことがわかった
    最初からそれを言えよ
    嫁に代わりに謝ってほしいくらいだ、
    上司責任とれ


    というような話を、

    昨日の夜中電話で
    弟にガーっと言われた
    でもうちの弟は独身
    よくわからんから
    いったん切って朝方親に電話
    「ヒロいつ結婚したの?」
    と聞くと
    「はあ?あの子は独身やん知らんの?」
    だと
    いや知ってるけどさ

    弟からまた電話かかってきたんで出て
    「オマエ内緒で結婚したの?最近?」
    と聞いた
    弟「何言ってんだ、俺はもう八年も前に結婚しただろ」

    いや八年前に結婚したのは俺なんですが…
    何これこわい

    433:名無しさん@おーぷん2014/08/12(火)11:15:13 ID:???
    嫁の神経が分からない。

    結婚前、俺の母が病気で他界した。
    物凄くショックだった。
    その頃俺は別の彼女と結婚前提同棲してた。
    しかし関係が上手くいかなくなっていた。

    そんな時、

    同僚だった嫁と友達になった。
    嫁が母親にとても似ているので
    安心感があった。
    何かの理由で、
    同僚何人かで嫁の家(一人暮らし)
    に行った時に、あっと思った。

    嫁の部屋が
    母の部屋にそっくりだったんだ。
    出してくれた卵焼きも同じ味。驚いた。
    俺に文句(突っ込み?)と言う際も、
    母が俺を叱るときの口調に酷似していた。
    母が亡くなってすぐという時期的な事もあり
    俺はどんどん嫁に安心感を覚え
    惹かれていった。

    彼女に謝罪し、慰謝料を支払い、別れた。
    それから嫁に告白すると、OKして貰えた。
    付き合い始めて数ヶ月で結婚した。
    子供にも恵まれて
    幸せな結婚生活送ってる。

    先日嫁が笑いながら告白してきた。
    実は、生前俺の母と
    コンタクトをとっていた。
    ずっと俺が好きで
    どうにか振り向いて欲しくて
    母に色々教わったり話したりしていたと。
    手引きをしたのは俺妹で、
    嫁は俺妹友人という立場で
    母に接触していたそうだ。
    その頃は母は既に病人だった。
    嫁は医者の家系だから
    病気関係に詳しく、
    母が長くない事を悟ったそうだ。
    だから。

    俺妹と嫁が繋がったのはSNSで、
    俺妹は当時の俺彼女が嫌いで、
    結婚して欲しくなかった、
    嫁の方が良かった、
    だから協力した、
    という事らしいんだが。
    おにいはマザコンだから
    ママに似せたら良いよ!と。

    嫁は笑って
    「あなたが好きだったから、
    大変だった!
    いっぱい頑張ったんだから!」
    と言っていたが
    俺は寒気がした。
    同棲していた俺彼女は、
    嫁と嫁妹が母と親しくしている事、
    嫁が俺を狙っている事を
    知っていたそうだ。

    今更その事実を知っても
    どうしようもないんだが、
    嫁に不満がある訳ではないのだが、
    どういう神経なんだ。

    102: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)15:42:21 ID:???
    私はバブル世代。
    とはいえ、当時はまだはじけてないからバブルなんて言葉はなかった。
    高卒でも上企業に就職なんて普通に出来た時代だった。
    私も高卒で地元で就職。友達は都内の大手企業に就職した子が多かった。
    進学先も都内がほとんどで、特に仲のいい子は派手に遊ぶので有名な大学生。

    当然、私も絵にかいたような派手な遊びを繰り返していた。
    遊び相手はお金持ちの坊ちゃん大学生やリッチな会社員。
    バブルがはじけても、まあディスコにはいかなくなったけど、程度で楽しく遊んでた。
    派手な職種だった会社を辞めて手堅く地元の土建会社に就職した。
    中小企業だけど役所相手の仕事が中心で景気良かった。
    肉体労働のおっちゃんたちや事務のおばちゃんたちにかわいがられて楽しくやってた。

    遊びもそろそろ卒業する頃だなと思い始めた頃、友人の紹介でF男と知り合った。
    F男は上場企業の社員。
    大学時代は派手に遊んでいただけあって、遊びなれていて面白かった。
    そのF男と数人の友人で集まってのプチパーティみたいので、Aと知り合った。

    AはF男の同期の同僚で、私より5歳年上。F男の友人にしては地味で落ち着いた人だった。
    バブル世代だからそれなりの遊びも知っていたけど、ちょっと堅くて面白味のない人だった。
    2度目くらいにあった時、Aから「F男と付き合っているの?」と聞かれたので「ただの友達」と答えた。
    実際、ふざけて軽いキスをしたくらいの仲。家も知らない。家電も知らなくて、でも名刺交換していたので
    職場に電話して「今日遊ぶ?」って感じ。
    今は彼氏もいないよ、と言ったら、「じゃあ、今日から僕が君の彼氏だよ」と言われた。
    え?と思ったけど、冗談かなんかだと思って軽く流し、でも自宅の電話番号記入の名刺を交換した。



    360
    名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/28(土) 14:04:50.86 .net
    相談なんだけどさ、来週の出張ついでに出張先に嫁を呼んで遊ぼうかと思って聞いてみたんだ。
    そしたら無表情になって行きたくない、の一点張り。

    俺と遊びたくないの?って聞いても
    行きたくない……って尋常じゃない様子で言う。

    その翌日?か数日後?に突然
    「私は美容室にも行けない、たまに出掛ける約束してもすっぽかされる。
    これからずっとこうなの?出張だから遊びに行こうってどうせまた嘘なんでしょ。もうやだ。もういや」
    ってすごい無表情で平坦に言った。

    その時尋常じゃない様子で包丁扱ってたから不気味だったんだよね。
    これもヒステリーに入るの?


    334:愛とタヒの名無しさん2012/01/13(金) 15:39:38.27
    新郎が刹人で少年院上がりの結婚式。
    いじめの延長で同級生を刹してしまったんだが、
    少年院を出た後は大学まで出て、しっかり社会人になって結婚、式を挙げた。

    その結婚式に、刹された被害者側の親とその取り巻きみたいのが乱入してくるという前代未聞の式に遭遇したことがある。

    恨みを抑えながら、加害者側が幸せの絶頂の時期になるまで我慢していたのだろうか。
    ご結婚おめでとうございまーすとか言いながら乱入してきて、皆にはサプライズの人か?
    みたいな目で見られていたが、ズカズカと司会者に向かっていってマイクを奪い、加害者側と被害者側の関係を説明。

    その後もいろいろあったが、一番印象に残ってるのは、
    泣き崩れるウエディングドレス姿の新婦に、動物かなにか?の血をバケツ一杯ぶっかけたシーン。
    とにかく凄惨だった。

    「人刹しの嫁にはその方が似合ますよー」とかいう内容の理由をマイク越しに大声で言っていた。
    取り巻き連中は「ひっとごっろし♪」というコールを延々と続けているし、まさに地獄絵図。
    ただ、式自体は最後まで続けられていた・・・

    まだまだ内容のある式になったが、
    酷すぎるし長くなるからもう書くのやめるが、因果応報ってあるんだよねという話


    669: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/13(水) 21:03:36.37 .net

    さっき、嫁の顔を思いっきりなぐった。 
    後悔はしていない、 
    子供(娘7歳)も「パパは悪くない」 
    と、支持してくれている。 
    嫁は出ていった。(実家かな) 

    殴るまでの経緯 
    嫁が出産6か月後から、
    中学の同級生をいじめていたことをカミングアウトを繰り返している。 
    反省しているわけではなく、武勇伝の様に鼻高々にして言う。 
    そのたびに、口をすっぱくして注意を繰り返しているが、
    しばらくするとまた言い出す。
    (大喧嘩もありました)
    今日も、またそれを言い出した。 
    だが、今日は何かが違った。 
    嫁「そういえばさ~、私のいじめてた○○の末路知ってる~(笑)?」 
    私「興味ないからヤメロ」 
    嫁「まあ、そうは言わずに(笑)、 
    そいつさジサツしたんだ~(笑)」 

    この言葉を聞いた途端、 
    初めて、女性相手に拳が出ました。 
    そして、今に至ります。 
    もう、知らんわ。あんなゴミ 

    439: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2005/12/14(水) 16:57:24 ID:2HogZODQ0

    昨日のことなんだけど、深夜家に帰ると 
    前にフルスモークのエスティマが止まっていた。
    俺の車庫入れに非常に邪魔だったので何か制裁を 
    と考えたがとりあえず近くの公衆電話からポリに通報した。 
    よほど暇だったのか十分くらいでパトに乗ったお巡りさんが 
    来たのだが何か様子がおかしい。
    その後しばらくしてもう一台パトが来た。 

    窓から様子を伺うと
    なんとその車にはドライバーが乗っていた。 
    その後そのドライバーはパトで連れて行かれ、
    車はお巡りさんが乗っていった。 

    今朝昨日ヤジ馬に来ていた近所のオバハンに聞いたら
    どうも御禁制品を持っていたみたい。 

    下手に制裁の夢を見なくて良かったと思った。

    このページのトップヘ