修羅場

    81:  04/09/02 19:49 ID:i9/5VjFp
    小さな子供が居るので以前から危険を感じる角のある所には緩衝材を置いている。 
    しかし、説明していたにもかかわらず嫁がそれをどかした。 
    そういうときに限って長女が暴れていて顔面を打ち付けてバックリ切った。 
    言う事を聞かなかった嫁を殴って蹴った。

    感情に任せていれば顔面を血だらけにする位殴りたかったが、止めた。 

    それにしても、何か起こらなければ対処が出来ない政府に似た性格は一生付きまとうの 
    だろうか。起きた時には命が無いという事も有りうるのに何故言う事を聞けないのか・・ 
    もしかしたら平等という奇麗事を鵜呑みにしているヤツが多いのかもしれない。 
    暴力は避けたい事だが、言って分からないヤツには暴力で解らせるしかない。 

    刑務所が有り、タヒ刑という判決まで有るのは言って解らない人間が居る事の証だ。 
    人は平等では無いから平等を望むのだと思う。言った事を守ったのにトラブルになった 
    のであれば俺が長女の人生を狂わす全責任を負わなければならないだろう。 
    しかし、言った事を守らなかった為に長女の人生を狂わす事は俺を含めて親の犯罪なのだ 
    と思う。従わせる事が出来なかった俺も罪の対象だろう。 
    そういう意味では夫婦にも上下関係が必要だと思う。下僕にするという意味ではなく、自由 
    の中でも、正当な理由の有るルールに反する行為は徹底的に守らせる暴力が必要だろうと思う。 

    世の中の人間は法律に基づく刑罰という暴力を恐れるからルールを守るのだ。 
    それを否定する人間は自分が法律に守られている立場だという事を理解出来ていない愚か者。 

    刑罰という暴力が無ければ女は常に強姦されっぱなしだと思う。 
    今日の事故は俺自身の甘さも痛感する出来事だった。 
    親になれば責任の重さを痛感する事が多いな。 
    起こっていないから何もしないのではなく、起こりそうだから未然に防ぐという当然の行いを 
    して、悔いが残らないようにしてくれ。 
    今日は疲れた。

    158: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/03(金) 16:39:28

    恋愛ネタじゃないが、投下。 

    俺は身長が2メートル強。 
    しかも重症なヘルニア持ちで、腰をとっさに屈める事が出来ない。 
    このため、子供が2歳になってからは、犬みたい、と評判が悪い子供用ハーネスを使っていた。 
    (リード、とも言う。リュックサックみたいな形状で、親が持つ取っ手付紐が付いている) 

    当然、周囲からは評判が悪い。 
    『子供をペット扱いしている。』 
    なんて、散々言われた。 

    まぁ、ほとんどが陰口だったんだが、中には面と向かって言ってくる人も。 
    それが、お隣のA子さん。 
    町会の取りまとめ役を進んで引き受けたりもするいわゆる学級委員タイプ。 
    『ハーネスは子供の成長によくない。』 
    『腰が痛い、なんていうのは、単なる言い訳』 
    『子供への愛情が不足しているから、そんなものを付けさせる。』 
    なんて、言いたい放題。 
    直接俺や嫁に言うだけじゃなく、周りにも言いふらす。 

    その影響が出てきて、他の連中まで俺たちを白い目で見始めたころ。 
    商店街近くの交差点で、A子さん家族と会ったんだ。 
    夫婦に、4歳の子供。 
    自分の子供を見ずに、俺たちへ注意し始めるA子さん。 
    旦那もしたり顔で、A子さんと一緒に俺たちを注意するだけで、子供を見ていなかったらしい。
    しかし、俺の子供とA子さんの子供が赤信号を飛び出してしまった。 
    俺たちの子供はハーネスを付けていた為、咄嗟に引っ張って大丈夫だった。 
    しかし、A子さんの子供は、折り悪く走ってきた車に轢かれてしまったんだ。 
    結果、重症で入院する事に。 

    処理終了して、数日後。 
    家にいきなり警察が来た。 
    俺の子供がA子さんの子供を突き飛ばしたしょうがい致傷、って事になってた。 
    で、警察署へ連れて行かれ、事情聴取。 
    状況を説明し、警察は納得したが、納得できないのはA子さん。 
    周りにうわさを流す等シャレにならなくなってきたので、弁護士に相談、民事訴訟を起こす事に。

    216: 名無しの心子知らず 2013/03/31(日) 18:35:00.74 ID:mFn2Wzsz
    うちのゴボウみたいなブス長女を消したい 
    友達もいないから性格も歪む一方でコロしたい 
    さっきは手拍子をしながら
    「しーね、しーね、しーね」とか言って
    猫背で私の後ろを通ってった 
    刺していいかな

    6: 「母親」1 ◆ygcFPa2oZQ 2013/08/23(金) 21:02:55.79 ID:7KvFnp3Z0

    これは自分が、小学5年生も終わりに近づいた2月か3月の時の話です 
    その頃小学校が終わるとダッシュで帰宅し、当時ハマってたSFCのFF5を夕食までプレイするのが日課でした。 

    ある日いつものように友達と遊ぶこともなくダッシュで帰宅すると、家には誰もいません 
    『じいちゃんもばあちゃんも近所にお茶でも飲みに行ってんだろーなー』と、特に気にすることもなく2階にある自室に行き 
    FFの続きを夢中でプレイしていました 
    当時母親は昼間仕事をしており、だいたい6時半頃帰宅~夕食準備~7時頃夕食~夕食最中に父親帰宅というのが我が家のパターンで、その日も必死でレベル上げをしてると6時半頃になり、ガラガラっと玄関の開く音がして母親が帰ってきました 

    「ただいまー」 
    「おかえりー」 
    「またゲームー?」 
    「おーう」 
    「じいちゃんとばあちゃんはー?」 
    「知らーん、また近所でお茶じゃない?」 

    階段下からの母親の呼びかけに適当に返事をすると、「ふーん」とか言いながらパタパタと台所に入っていく音がしました 
    再びゲームに没頭していると 
    「おーい、ご飯ー」 

    時計を見ると7時を少し過ぎたところ、今日はここまでかーと、セーブをして部屋を出ようと扉を開けた瞬間 
    ブーーーーンブーーーーーン!!って、耳元にアブでも飛んできたかのような凄い音がしました 
    「うわあ!!」っと、声を上げて必死に頭の周りを手でパタパタしてると音がピタッと止んで 
    ガチャン 
    誰もいないはずの後ろ、つまり部屋の中から音がして消し忘れた部屋の明かりが一つ小さくなりました 
    ??!・・・自分の部屋の灯りは昔からのガチャガチャ式で、本体の下に50センチ程の紐がぶら下がっています 

    つまり、いま自分の部屋で自分以外の誰かが明かりを消した・・自分のすぐ後ろでガチャン、ガチャン 
    続けて二回音がして部屋が真っ暗になりました 

    「うあああああああああああああ」もうね、パニックです。転がるように階段を下りて真っ暗な廊下をぶつかりながら走って「おかあああん!おかあああん!」って 

    (続く

    このページのトップヘ