ハッピーな出来事





    50名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2013/10/04(金) 20:24:27.39
    他の人みたいに壮大な馴れ初めではないが・・・

    社会人2年目、呑んだ勢いで15歳年上上司の嫁さんに手を出す。
    やってる最中、年齢のわりになんかかわいいなぁとか思う。

    次の週に作ってきてくれたお弁当で胃袋をつかまれる。
    ちょうど彼女もいなかったし、まぁいっか的な感じで付き合う。

    泊まりに行った日に作ってくれた晩御飯で胃袋をつかまれる。
    俺に逃げられない為か、なんか必タヒな嫁かわいいなぁとか思う。

    1ヶ月記念って作ってくれたケーキで胃袋をつかまれる。
    「なんか色々やってもらっててうれしいわ。ありがとう」って言う。
    なぜか嫁半泣き状態。
    「たぶん最初で最後のチャンスやもん。がんばるに決まってるやん」って言われる。
    半泣き笑顔で胃袋以外の何かがつかまれる。
    指輪もないのに、勢いでその場でプロポーズする。
    嫁大泣き状態になる。

    その後お互いの両親に紹介して付き合い始めてからだと3ヶ月くらいで結婚した。

    嫁原因の不妊とかいろいろあったけど、子供も出来た。
    子育て大変なのに、薄給の俺に尽くしてくれるメシウマな嫁さん。

    俺幸せ。





    832:名無しさん@お腹いっぱい。2011/05/17(火) 03:17:03


    ちょいスレチだが


    子供できたああああああああああああああああああああああああああああああああ!
    10年目w
    嫁も子も愛してる
    寝れねぇwwww
    すっげぇうれししよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

    寝屁こいて寝てるけど愛してる
    俺がんばる!うん。がんばる!





    10 :名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 12:30:35.81ID:Rz6Agcr80.net
    今日、嫁と産科に行ってきた
    タイミング法のために何回か行ってたところだからあんまり緊張はなかった
    しかも検査薬でわかってたし、すぐできて嬉しいねえ、なんて暢気に話しながら行った
    その産院、奥さんがエコーをしてもらうときはその部屋の前でも待てるから俺はそこにいたんだ

    しばらく待ってたら部屋から嫁と医者の笑い声が聞こえた
    和やかな談笑レベルじゃねえの、嫁ってこんなに声出して笑うっけ?ってくらい笑ってんの
    しかもおばちゃんナース?助産師?まで「あららー!」って
    そしたら俺が診察室に呼ばれて、嫁もそこに来た
    先生「ここに丸があるでしょ」
    俺「はい」
    先生「これが赤ちゃんの入る袋、胎嚢っていうんですよ」
    俺「(この丸、2つ見えないか?)はい」
    先生「ところでこの胎嚢が3つあるんですよ」
    俺「(2つじゃないのかよ!)ということは?」
    先生「トリプル赤ちゃんです」





    93 :鬼女日記2013/09/19(木) 13:08:33ID:QLrye1gK
    パートタイム勤務でも、海外研修連れて行ってもらったこと。
    ある日、店長が「○○さん、アメリカ行かない?」って言って来て
    「はあぁぁぁ!?」(←本当にこう答えた)と衝撃を受けた。

    移動は全てチャーターバス、宿泊先はマ○オットやヒルト○など
    私ですら聞いたことのある名前のホテルばかり。

    研修だから、ひたすらスーパーマーケット巡りなんだけど
    それでも楽しかった。

    個人では、とても出来ない貴重な体験なので、行けるものならまた行きたい。



    100: 名無しさん@HOME 2015/10/31(土) 19:52:42.29
    誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て 
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性.と結婚した 
    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった 
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった 
    でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた 
    おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される 
    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた 
    そんなある日






    957 :鬼女日記2017/08/03(木) 16:19:42.net
    モラ八ラ男と結婚していた。
    付き合ってた頃ずっと別れたかったが別れ話をしたら軟禁されレ○プされ、子どもができて結局結婚した。そのへんは省く。

    クソエピソードは山程あるが1つ挙げると、キッチンの流しの三角コーナーを覗き込み、ちょっとでも生ゴミが多いと怒る。
    野菜の皮を厚めに剥くと、もったいないことしやがって!!食え!!って三角コーナーから皮を拾われて口に押し込まれたりした。
    ちなみに生活費は完全折半。食べさせてもらっているわけではない。
    しかもこのとき生後2ヶ月の子どももいた(育休中)。

    抱っこしてないと寝ない子で、短時間で必タヒに家事してるからどうしても野菜の皮の剥き方とか雑になる。それでも怒られる。
    おかずは常に5品出せと言われ、惣菜や冷奴を出すと怒られる。常備菜で遣り繰りしようとすると、手抜きだと怒られる。狂いそうだった。

    モラ八ラにありがちな、外面が恐ろしくいい男だったので、周囲に訴えても信じてもらえない。
    私の産後のヒスだと片付けられた。今思えば手回しされてたっぽい。

    そんなクソ男が氏んだ。交通事故だった。
    続く





    338 :鬼女日記2012/11/10(土) 12:29:32O
    ついこの間結婚した。私は30すぎのオタクで相手もオタク。
    息子の結婚を諦めていたらしい相手のご両親がかなり喜んで
    式披露宴とも費用を出すからとグレードの高い場所で行うことが出来た。
    二次会は自分達で費用を出してオタク友達だけでコスプレしばりのホテルパーティーにした。

    式披露宴に母の姉夫婦とその娘(従姉妹A)夫婦をよばなかった。
    親戚の集まりで会うたびにAは「ぷっ、オタクですかー?その年でアニメですかー?
    だから結婚出来ないのよ」(本当にこう言った)を何度も言ってきていたし
    叔母夫婦もそれを止めない。A旦那も一緒に笑ってる始末。それに親戚関係の行事も
    なにかと理由をつけて費用を出さなかったり、出し渋ったりしていた。
    そんな訳でまぁいい機会だということで親戚一同もうんざりしていて付き合いを
    止めようということに。すっきりした。





    277 :鬼女日記2008/12/04(木) 14:36:57
    嫁に面と向かって飯まずい言うたのが6ヶ月前
    一切飯作らなくなってから6ヶ月
    今日、仕事から帰ったら飯の支度が・・・

    俺の幸せな日々6ヶ月でオワタ

    そう思って一口食ったら
    「あれ?美味い・・・」
    食ってる俺の顔じーっと見てるから
    「何したのこれ」て聞いたら
    どうやらマズイ言われたのが悔しかったらしく
    料理教室通ってたらしい





    247 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/23(日) 09:07:05ID:n8dyIaNa.net
    10年位前に受けた整体
    腰を引っ張って鈍い音がしたとたんにお尻や太もも辺りから汗がドバッ
    体の筋肉が緩んで気持ちいいだるい何とも言えない感じがして
    ストレッチしたらあり得ない位曲がって、痛くない
    その後、何とか水を飲まされ数時間後にこれまたあり得ない位のお通じ
    発汗のあったお尻辺りから吹き出物。でも解毒された感じだった。
    何とも言えない高揚感が1ヶ月位続いてあの整体の影響かなと思い
    また受けようと思ったら先生が亡くなってた。
    お弟子さんもいなかったらしくもうあの整体は受けられないが
    あれは本当に良かった





    349:おさかなくわえた名無しさん2007/09/16(日) 13:13:43 ID:BOzjdjOv
    以前カラスを飼っていた。
    父親が傷ついていたカラスを拾って来て
    そのまま飼う事に。

    エサはドックフードを水でふやかせたものを与えていたんだけど、
    お客さんの周りをグルグル回ってかまってアピールしたり
    母親に甘えて口をあんぐり開けて「ンカァ〜♪」とエサをねだったり。
    可愛いんだすごく。
    普段は家の泊まり木に止まってたりするんだけど、
    カラスが外に出掛けたときは父が両手を振ると
    どこからともなくサーッと一直線に 飛んで来て
    父の肩に止まるんだよ。

    最後はカラス仲間が迎えに来て自然に帰っていったけど。
    カラスってこんなに人に慣れるんだと衝撃だった。

    このページのトップヘ