トメ・コトメ





    331:名無しさん@HOME2008/05/07(水) 21:48:08
    コトメが婚約した。

    「婚約のお祝い頂戴」と毎日メールやらしつこい。


    私と旦那が結婚した時に、他の兄弟が10万以上包んでいたのに、
    コトメだけは1万しか包まなかったくせに、まだ大学生の枯れタヒと「いつか結婚しよう」って
    約束交わしただけで婚約祝いだ?ざけんなバカと思いつつスルーしてたけど、
    あんまりにもしつこいんで、二人の名前入りのアルバム作ってやった。
    刺繍入りのやつ頼んだから結構高かった。

    でもお祝いだから仕方がないよね。


    でも、それだけじゃ何だから、メールでしょっちゅう送ってきてた彼氏との旅行写真だの、
    いらないのに置いていった彼氏とのキスプリクラとか全部貼って
    いつまでもお幸せに(ハァト ってメッセージ書いたり、デコレーションして台紙を
    綺麗に飾って超力作のアルバムにしてあげた。
    でも、ごめんね。彼氏のアパートに送ってから気付いたの。
    全部元彼とか、元元彼とか、何代目か忘れるような彼氏との写真とかプリクラだったのは、
    本当についさっき気付いたんだ。今時のプリクラって日付も入れたり出来るじゃん?
    だから婚約者とかぶってる彼氏もいたようだけど、悪気はなかったんだ。
    コトメちゃん今日会社の研修で出張だよね。今日もう届いたらしいんだ。

    婚約者君から「荷物届いてたんですけど俺宛で良いんですか?良いなら開封します」って
    連絡きたから「いいよー」って言っちゃった。
    私が母に作ってもらったウエディングドレス勝手に持ち出して、着やがったり

    私のアクセサリーを何個もパクッた罰だと思って笑って許してね。 





    158:名無しさん@HOME2013/11/23(土) 10:41:34

    ウトメは、コトメ上げ・嫁下げが激しかった。
    私のことを、高卒を理由に頭が悪くて世間知らずと決めつけ
    「コトメちゃんに何でも相談して従いなさい」と言ってくるのが煩かった。
    ウトメ自身は、本気で私のためを思って助言しているつもりなのが更にムカついた。

    幸いコトメはごく普通の人で実害は無く、年に1、2度の帰省時と、たまに来る電話で嫌な思いをするぐらいなので放置していた。

    先日、親類関係のお祝い事で盛大なパーティーがあり、ウトメと私たち夫婦とコトメ夫婦も呼ばれて参加した。
    会場には市会議員や大企業の偉いさんも来ていて、参加者で名刺交換が始まった。
    私も混ざって名刺交換をしていたら、それを見たウトメがいきなり
    「何みっともないことしてるんだ、やめなさい!」と怒って、トメに至っては真っ赤になって私の手をぴしゃりと叩いて来た。
    私もびっくりしたけど、名刺交換していた相手の人も驚いて、ウトメを窘めてくれた。
    偉いさんの一人は、「私のほうが名刺をいただきたくて挨拶に伺ったのですが?何か?」とまで言ってくれた。(たぶん私をかばってくださった)





    560:名無しさん@HOME2011/11/13(日) 16:01:17.67 0

    私と母は血が繋がっていない。
    仲が良く実の親子じゃないことも気にしたことはないのだが、私のトメがそのことをネチネチと言う。

    今日もアポ無しで来て、母の顔を見るなり「他人は出ていってくださる?」
    ただでさえ格下の家から貰った嫁だってのに、他人までついてくるなんて。
    この子は嫁に貰ったんだから介護なんてあてにしないでくださいよ。だって。
    母は大爆笑して「トメさんだって、義実家の血は一滴も入ってない他人でしょうに。
    格下格上とおっしゃいますけど、それは何が基準?
    老後のことも施設は予約済みですわ!ま、現役で働けるうちは働きますけどね!」

    その後も間髪入れずに言い返され続け、トメはさっさと御退散。
    親子ほど年の違う父の後妻に入り、超膿家脳だった一家を3年たらずで制圧した母に
    なんで勝てると思った、トメ。





    23:名無しさん@HOME2012/04/04(水) 11:44:19.04 P
    夫と喧嘩をした。原因はトメ。
    車で1時間半ほどの距離に一人暮らししているトメは。
    毎月1泊2日の日程で、私たちが休みの週末に泊まりにいているのだが、
    今月は平日に泊まりたい、二人の留守中に行くから
    先に合鍵を送れと言ってきたらしい。
    留守中によその人が家に入り込むのは好きじゃないからやめてほしいと言ったら
    夫は「よその人じゃない、親だろう。俺は平気だから鍵は送る」と言って平行線。
    俺の親を嫌ってるのか?母さんだってたまにはこの家でゆっくりしたいんだから、わかってやれ。
    だってさ。

    でもトメの魂胆はわかってる。
    私は、祖母と母が茶道を教えていた関係で、着物をたくさん持っている。
    特に祖母は普段から着物で、いいものを着てるのをトメが見て
    私が持ってる着物を見せろと言われ、見せたことがある。
    「あら、これはコトメ1号ちゃんに似合いそう、これはコトメ2号ちゃんに似合いそう
    これは帯を変えれば私でも着られそう」
    と品定めされた。
    おまけに、来月はコトメ1号が同僚の結婚式に呼ばれてると言っていたし
    コトメ2号は花嫁修業(予定はないけど)で茶道を始めたらしい。
    私がいないときに来て家探しする気満々なのは、火を見るより明らか。

    夫とギクシャクしても訪問を断るか、着物を実家に避難させて訪問を許すか、思案中。





    811:名無しさん@HOME2007/09/06(木) 17:40:17
    ウトが亡くなって寂しくなったらしいトメが
    我が家に転がり込んできて、3ヶ月。
    最初のうちはおとなしかったが、だんだんと図々しくなり
    暴走をおっぱじめた。

    「嫁子はうちのことを何もしない」
       共働きだから専業主婦並みの家事は無理。
       でも休みの日にはたまった家事を片付けてる。
    「嫁子の作る料理は冷凍食品ばかり」
       調理時間節約のため、食材を例としている。
       半調理品ゼロとは言わないが、責められるほどではない。
    「嫁子は贅沢しすぎ」
       働いているのでスーツは必需品。
       ボーナス時にスーツやバッグを買うのは
         サラリーマンの必要経費だし、夫も同様。
         なのに私だけ責められる
    その他諸々・・・・・

    頭にきたので、アパートを借りて家財道具一式を中古で揃えて
    トメを追い出しました。
    「お情けで置いてやってるのに、いけずうずうしい。
    もう顔も見たくありません。一生さようなら。」
    とお見送りさせていただきました。スッキリ!スッキリ!





    192:名無しさん@HOME2007/10/17(水) 20:31:57

    なんか冗談みたいな展開ですが。
    何かというと「離婚よ離婚!」が口癖のトメ。

    ウトさんがトメの気に入らないことをすると「そんなんじゃ離婚よ!」
    私が何かしても「それじゃ離婚するしかないわねえ」
    それさえ言えばまわりがビビって動くマジックワードだと思ってるらしい。

    先日、用があって義実家へ行った。


    夕食は寿司を取ったのだが、食事が終わって本題の為の書類を広げるのに、
    食卓が狭かったので寿司桶を重ねて脇へ寄せた。
    「あ~ら~片付けもできないのね、出前の桶は洗ってから返すものよ。そんなことも出来ないなら離婚しかないわねえ」ほぼ予想通りのセリフだったので、にっこり笑って緑の紙を出した。

    「残念ですけど、ご本人の意思が大切ですものね。書き方も聞いてきましたから」
    鉛筆で夫欄にウトさん、妻欄にトメを下書しておいた。
    「なっこれどういう意味!」
    「だって今トメさんが片付けも出来ないなら離婚っておっしゃったから…
    そりゃあその家の主婦が片付けも出来ないのはどうかと思いますけど、
    そんなに自分を責めなくていいと思うんですよ?

    でも、前からよくおっしゃってるし決意固いのかと思うんです」
    「まさか息子とはいえうまくいってる他人夫婦に離婚奨めるような非常識な方はいないでしょうから、
    ああこれはトメさん思いつめてるなと前からお気の毒だったんですよ」
    もっとイヤミ言おうと思ってたんだが、ふと見たらウトさん、自分の欄記入してたw
    書きながら、ウト「毎日言われてるもんなあ俺…退職して家にいるようになったからトメも疲れるんだろう?
    お互いのペースが違うからなあ。
    一度別居して、外でデートするところからお互いもう一度やり直すのもいいな。

    トメがいなくなったら家事の辛さや有り難さも俺にもわかるだろうし、
    トメも一人で暮らしたら俺を懐かしく思ってくれるだろう。
    そうしてデート重ねて、俺、もう一度トメにプロポーズするよ。
    息子も一人立ちしたんだ、親じゃなく男女としてもう一度やり直そう」
    聞いてて私もウルっときたけど、トメ号泣。

    結局離婚届は使わず、ウトメは人もうらやむラブラブっぷりになり、
    トメはウトとのデートに忙しく、ウザさはすっかりなくなりましたとさ。



    193:名無しさん@HOME2008/09/03(水) 13:03:33
    ここに書かれる話から比べたらすっごく些細なことですが。

    同居コトメに毎日お弁当を作ってた。
    栄養、見栄えを考え洋食から、和食までバランスよく考えに考えて。
    残業になるときはクッキーやマドレーヌも手作りして持たせた。
    たのまれれば職場の皆さんの分も。
    コトメの衣類のアイロン掛けはもちろん靴やバックも磨いてあげてた。

    そんなコトメも嫁に行って二週間。
    実は料理出来ない、家事一切できないが相手にばれて今大変らしい。
    結婚相手の厳しいと評判のお姑様に毎日しごかれて、泣いているらしい。
    私は何も悪くないですよ。
    コトメの希望でお弁当やおやつを作ってただけ。

    それを自作と言ったのはコトメですから。





    724:1/22007/02/22(木) 08:59:03

    プチですが個人的にはスカッとしたので。
    私の元トメはどこにでもいるクソトメでした。
    孫から家事から私は一通りの過酷な修業(同居中)を耐えたのですが、
    ついに我慢出来なくなり別居。
    その後浮気・シャキン夫とも別れ、幸せに暮らしてました。
    ところが先日実家に帰省中、ばったり元トメに遭遇。
    (私実家と元トメ宅は同じ市内)
    元トメ『あら、久しぶり~』
    なんて声かけられてしまい逃げられなくなったので挨拶程度ならと話してしまいました。
    嫌味混じりな自慢をされ、孫の話に。
    といっても私の娘二人ではなく、元夫と再婚相手との間に娘が一人出来たんだと話してました。
    昔散々、次女をいらない子だとか成長が遅いから障害があるだの言ってくれたトメ。
    もちろんおまえは女腹だ、役立たずとも言われました。





    90:名無しさん@HOME投稿日:2007/12/01(土) 11:05:45

    旦那は四人兄弟、姉3人、旦那の順。
    コトメ1が10年ほど前旦那実家に出戻り同居(コトメコ連れ)。
    当時偽実家を建て替えたばかり、ローンはウト、旦那折半。
    10年以上生活費も入れずコトメコの面倒をウトメに任せてパートに出てたコトメ1。
    最近ウトメとコトメ1が喧嘩したらしく、アパートへ引っ越した。
    コトメ1+コトメコによってマーキングされた1階部分は目を覆うほどの汚空間。
    二人が今まで住んでいた部屋にはいらない荷物がそのまま。
    ウトメあぼん後は偽実家の土地+家を売って相続分を払うことになるんだろうな。
    今は旦那の仕事の都合で偽実家には住んでないんだけど、ローンは払い続けてる。
    私の実親が生前贈与でくれたお金を使って家を買いたいんだけど、偽実家のローンがネックになっている。
    コトメ1には色々嫌がらせされたので、いっそのこと旦那ごとさくっと切ってしまいたいなぁ。



    304:名無しさん@HOME2008/02/28(木) 13:59:09
    パン祭り開催中トンギリますよすみません。

    結婚当初から、厭味三昧のトメとコトメ!
    先頃行われた大ウトさんの法事の時には40Lのゴミ袋を手渡されて、
    これでも被って姿みせんな!と言われた。
    コトメもせせら笑って一緒にうだうだ何か言っていた。

    私は素直なので、トメが去ってから袋にすぽっと収まってみた。
    しかしいかに低身長といえども肩ぐらいまでしか届かず、生首ゴミ袋になってしまった。
    そんな状態を親戚のちびっこ達に発見され巾着祭りに発展。
    さらにそこを到着した坊様に発見されて叱られた。
    言い訳としてトメからの台詞を鳩。
    トメは坊様にしょっぴかれて親戚一同の前で説教。
    最初トメはしらばっくれてたが、生首のまま様子を見にいった私をみて
    コトメが逆切れしてうっかりトメの先ほどの言葉を肯定する形になり自爆。
    親戚からも説教。
    コトメバカスwwwww

    晴れて絶縁とあいなりました。
    まさかこうなるなんて予想もしてなかったんですよ?本当ですよ?
    素直なだけだったんですけどねぇ~wwww

    ちなみに旦那はお坊様の送迎で不在でした。
    駐車場がちょっと遠くて、車を置いてから戻るのに時間かかかる。
    事の顛末を聞いたら物凄く謝ってくれたし、今でも反省と称して
    生首ゴミ袋を自ら進んでやってるので許しましたw


    このページのトップヘ