黒歴史





    33:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2014/09/13(土) 14:04:54.44 ID:iZR2Y4z90.net
    俺的には、というか俺だけが洒落怖だった話。

    姉貴の友達に、霊が見える人がいて、ある日その人(以下、友子さんとする)をうちに連れてきた。なんでも守護霊を見てもらうらしい。
    たまたま俺も家にいて、姉貴は俺にも見てもらえとうるさいので、渋々従う。

    友子さんは俺の方を見るなり一言、「あ、カッコいい」と言った。
    曰く、背中に大きな刀を背負って、鎧を着たお侍さんが俺の後ろで、腕を組んでたたずんでるそうだ。
    しかもつけてる鎧が、戦国武将みたいなやつじゃなくて西洋の鎧っぽい感じで、全身をガッチリ覆ってはおらず手足と上半身だけに付けてるらしい。

    物の上からそんな感じの防具を着て、陣羽織を羽織ってて、それがアニメやゲームのキャラっぽい印象で、それで第一声が「カッコいい」だったようだ。

    友子さんは俺のそんな守護霊に興味を持ったらしく、その日以降も遊びに来ては俺を霊視した。
    そしてまた別のある日、友子さんは一人でやって来た。姉貴じゃなくて俺に用があるらしい。
    凄く真面目な顔だったので、部屋に入れて、話を聞く事にした。

    「あのね、あなたの守護霊のお侍様なんだけど」
    「はい」
    「実はその人、守護霊じゃないの」
    「……はい?」
    「何回か霊視して、お話も聞いてみたんだけど、お侍様はあなたの作った守護精霊らしいの」

    と言われた瞬間、背中がゾワッとした。

    うちのじいちゃんはオカルト雑誌の愛読者で定期購読してて、バックナンバーも大事に保管してた。
    俺が小6の時、その古い号に載ってたのが守護精霊の作り方という記事で、役割と名前、その他いろいろな設定を与えて、自分の願望を叶えるための精霊を自分で作るというもの。
    細かいところまでイメージしやすいように、下手でもいいから実際に絵に描いた方がいいとあったので、当時の俺は守護精霊専用ノートを作って、そこに自分を守ってくれるサムライチックなヒーローを描いた。





    401 :鬼女日記2016/04/08(金) 12:15:06ID:nFc
    数年前にやらかした話。
    我が家は朝飯の時に必ず「今夜何食べたい?」と聞かれる。
    ある朝嫁が珍しく「手の込んだ物でもいいよ~」などと言うので「じゃあ角煮」と答えて出勤した。
    ちなみに嫁は在宅で仕事をしているので、時間をかけた料理もできるっちゃできる。

    しかし退勤間際になって上司に飲みに誘われた。俺快諾。
    角煮をリクエストしたことは後で思い出した。
    でも明日食えばいいよなと思い、「飲みに行ってくる。角煮は明日食うからとっといて」とメールした。
    すぐ折り返し着信があったので「ヤベッ文句言われる」と思い即電源オフにした。

    さらに2時間後、飲み屋で放尿中に壁のカレンダー見ててハっと気づいた。
    娘の誕生日じゃありませんか…。

    そろ~っと帰宅すると寝静まった家。
    冷蔵庫には「パパのぶん」と娘の字で書いたフセンがついた、ラップがけのケーキ。
    同じく油が冷えて固まった角煮。
    翌朝起きると、嫁、娘のほかに俺両親、義両親までいた。
    皆俺とは目を合わせようとせず、気まずい朝飯だった…。

    嫁に「親を呼ぶならなぜ言ってくれなかった」と言うと「何度も言った!メールもした!」と言う。
    俺は覚えていなかったが娘もそう言うので、俺が忘れたか聞いてなかったからしい。
    メールは履歴にちゃんとあった。ただ半月も前だった。

    義両親が一番寛大で、次に娘、嫁と俺母に一番執念深く後々までネチネチ言われた。
    以後、結婚記念日と娘の誕生日だけは忘れない父親になりました。





    711 :鬼女日記2017/07/25(火) 22:18:00
    黒さは薄いけど誰にも言えないこと
    ゲ/イの旦那とネットで知り合い、夜の生活は無し・お互い欲求のあるときは外で処理してよいという約束で友情結婚した
    私は30過ぎて周りからのプレッシャーに疲れていてヘトヘトで、逃げの結婚だった
    私は年々性.がなくなってきてたから丁度よかったし、ヤキモチを妬いたり妬かれたりも面倒くさいから愛してない相手との方が気楽だった
    お義母さん(トメ)だけは、息子がカミングアウトしたのでゲ/イだと知っていて、息子が連れて来るはずのなかった嫁が来た!と大歓迎してくれた。直接旦那のセクシャルについての話はしたことないけど、とても大切にしてくれてる
    ゲ/イだということは置いといても、旦那は人間的に好きじゃない。ネチネチして性.が悪い。でも、お義母さんは好きだ
    心配していた実母を安心させられたし、行き遅れ三十路を脱出できたから目的は達成した。ただ、たまにタヒにたくなる





    229 :鬼女日記2010/11/01(月) 00:17:17ID:8tlCzUM80
    今日、すっごい黒いことをしてしまった
    手が震えた
    今も心臓がバクバクしてる
    自分がここまで黒いとは思わなかった





    831 :鬼女日記2016/05/30(月) 15:36:51ID:No4
    私はイケメンの上場企業のエリートという肩書に騙されて、DV男と結婚してたことがある。
    でもこの別れた夫も私の見た目に騙されてた。
    もともと私は大学に入るまでは裏でいろいろ策を練ってあっちとこっちをケンカさせて
    自分の都合にいいように先生を動かしたり、一見すると悪い子ではなかったけど、
    塾の先生に粉をかけて相手が夢中になってきたらちょっとだけ相手をさせてお金をもらったりと
    まあDVをされても自業自得なことをしてた。
    でもやっぱり暴 力を振るわれるのは腕力でかなわないのがわかっているだけに
    怖かった。今までの自分を反省した。心を入れ替えようと思った。





    653:可愛い奥様2010/10/16(土) 15:20:23ID:2XdswAWRO

    今は40代のおばちゃんだけど21の時付き合ってた男に騙されて裏本のモデルにされた。

    いつものように彼氏の部屋に行ってお酒飲んだところまでしか記憶がなくて気がついたらホテルのベッドにハダカで寝てた。変なクスリ打たれたようで訳わからなくなってたみたい。
    彼氏は借金の返済を私がモデルする事でチャラにしてもらったみたいだった。
    写真をネタに「裏ビデオに出ろ」って脅してきたけど
    「警察に行く」と騒いだら強面の男の人が来て
    「悪かったな」とネガと100万円置いて帰って行った。
    彼氏とはさっさと別れて田舎に帰った。

    周りにバレてなかったので良かったけど思い出しても腹が立つ。記念じゃ無いけど一冊隠してる。
    セ○クスした記憶も無いけどしっかりやってる私が写ってる。





    277 :鬼女日記2018/03/19(月) 16:48:10ID:Tfo
    昔の自分たちの神経が分からない。

    中学高校一貫の私立の女子校に通っていた。
    友人の一人だったA子は入学した頃から既に大人びて落ち着いた雰囲気をまとった美人で、
    常に皆の中心にいた。

    そして、そんなA子は中2で彼氏ができた。
    なんと、相手は社会人だった。

    A子に社会人の彼氏ができたと知った私たちは、A子本人以上にはしゃぎ、盛り上がった。
    さすがA子!A子は美人だし、大人っぽいし、大人の男性.お似合いだ!格好いい!
    ・・・そんな感じで、純粋に悪意無く、本当にすごいと思っていた。

    A子も自分から積極的に彼氏の話をすることは無かったけれど、私たちに聞かれればなんでも答えて、教えてくれた。
    彼氏とどこに行ったか、何をしたか。

    A子の家は裕福だったけれど、当時家庭環境が荒れていたみたいで、週末は大体彼氏と過ごしていたようだった。
    月曜日の昼休みになると、友人皆でA子の週末をワクワクしながら聞くのが習慣になって行った。
    すると、噂を聞きつけた他の子たちも月曜の昼はA子の机に集まるようになって、皆で彼氏とのあれこれをはしゃぎながら聞くようになった。

    A子は当然、彼氏と体の関係も持つようになったのだけれど、聞けばかなり具体的で生々しいことも教えてくれた。
    それを聞いて皆で、きゃーきゃー叫んで、赤面しながら飛び跳ねたり大騒ぎしていた。
    廊下からその様子を見た教師が「何盛り上がってるんだー?」と覗きに来ても、「先生には内緒ー!」と締め出して笑っていた。





    18 :鬼女日記2018/01/14(日) 01:14:02ID:g+mre7rd0.net
    夫とテレビ見てるとき不倫のニュースになるといつも冷や汗。
    何年も前のことだけど。
    私のミスで迷惑をかけてしまった仕事関係の人に誘われて、断りきれず応じてしまった。
    お互い既婚者。私は20代前半、相手は親くらいの歳。
    避妊道具を着けて欲しいとお願いしたら途端に機嫌が悪くなってしまった。もういい。帰ってくれと。
    まだ子供は考えてなかったから夫はいつも自分でゴムをつけていた。今までの人も同じ。生でしたことなんてなかった。
    でもその時はかなりの損失だったから仕方ない、自分が悪いって気持ちが強くて、その日は避妊道具無しで関係を持った。
    嫌な予感がしたから、すぐ夫と妊活を始めて、長男を授かった。
    その後も仕事でよくしてもらってる。
    相手は3月で定年退職。





    767 :鬼女日記2017/08/20(日) 16:45:41ID:VoCZH1tU.net
    妹の結婚式
    妹は母親のことをあまり覚えていない
    母がタヒんだのは妹が5歳の頃なので、多少の記憶はあるのだが虐待されていた部分がスッポリと抜けている
    食事が冷蔵庫から出したコチコチに冷えた御飯だけで温めてももらえず、食べないと殴られ口に突っ込まれていたことも
    お風呂も洗面器で2~3杯のお湯をぶっかけられるだけだったことも
    そのため髪にゴミがからまっていたのを力任せに引き抜かれたことも
    習わせてもいないピアノやフルートやバレエや算盤を「なぜ出来ないんだ」とタコ殴りにされたことも
    幼稚園の同級生の女の子を誘拐してきて「この子が娘ならよかった」と目の前で可愛がって、私たちは夕飯抜きだったことも
    全部忘れている
    覚えていないけれどきっと可愛がってくれていただろう母
    私達を残してタヒんだことがきっと心残りだっただろう母
    母の遺影に席が用意され、亡き母への手紙が読み上げられ、花束が供えられた
    私は全てぶちまけたい衝動にかられたが、せっかく妹が忘れている最悪な記憶を掘り返して突きつけることになってしまう
    父も妹が本当は母が浮気して出来た子であることは墓まで持って行く
    母はどうせタヒんでいるし
    不幸と言うよりは何か苦い1日だった





    492 :鬼女日記2015/04/30(木) 09:46:13ID:jpH
    怖いのでフェイク入れてます

    夫に長くないがしろにされてきた
    結婚は私の資産目当てで、騙された私は親から受け継いだ土地を夫に渡してしまった
    夫は土地を売り払い、すぐに愛人を作って遊び呆ける毎日
    私はたまに帰ってくる夫の世話をするだけ
    「メシ」「フロ」
    さっさと離婚すればよかったのだけど、悔しくて意地になってた
    申し出れば夫は喜んで慰謝料を払って離婚するだろう
    弁護士に相談したが、土地は正式に夫のものになったあと売却されたとかで、土地も代金も取り戻すのは難しいと言われた
    離婚しなければ慰謝料は浮くし、離婚したらしたで手にした大金に較べれば慰謝料は安いものらしい
    その弁護士が言ってることが正しかったのかどうか分からない

    夫はたまに女を連れ込んだ
    愛人ではない女だ
    気まぐれで家に連れてきて、私に見せつける。嫌がらせ
    女が私に気付くと、夫は「家政婦のババアだ、気にするな」と女に言って笑った
    何度も続いて、だいぶ壊れた

    ある時、夫がひっかけた女によくない筋の男がついていた
    殴られて顔を腫らした女と夫を引きずりながら男たちが家にやってきた
    男たちはチンピラのような見た目で若かった
    最初、小説とかでよくある美人局かなと思った
    でも夫を酷く殴る蹴る殴る蹴る踏む蹴る踏む。痕が残るのに平気で顔も蹴る
    夫が「金を払うから」と言っても、「金の問題じゃねーんだよコラァ!」と叫んでさらに蹴る
    もう一人の男も、宥め役でもするのかと思ったら「○クンの事なめてんのかテメー!」とやっぱり蹴る
    女は床に体育ずわりでエグエグ泣いてるだけ
    男たちは暴 力的なだけのバカなチンピラだった

    このページのトップヘ