いい話





    718:名無しさん@HOME2008/05/05(月) 21:02:43

    ちょっと長い話ですけど書かせてください。
    色々と職業の事がありますので、フェイクをかなり入れます。
    私のトメ(以後お母さんと書かせてください)は物凄く良トメ。
    勿論、そんなトメを生んだ大トメ(以後おばあちゃんと書かせてください)も良大トメ。
    ウトはもう他界しています。
    私は、実の両親が毒でして奴らが作った借金を返すために
    「風イ谷で働け!」
    っていわれて、お風呂屋さん系の風イ谷で働いていました。
    夫はそこにたまたま上司の付き合いとやらで来て、私のリップサービスに真剣になりました。
    最初は「カモだわ」なんて私も悪い心で考えていたんですが、
    夫はとてもなんと言うか純粋で、私の話に直ぐに同情しちゃっていました。
    いつの間にか私は彼をカモではなく、
    「悪質業者に布団とか売られてしまう心配な人」になってしまいました。

    そして、彼は私にプロポーズ。
    でも借金がある為に、何度か拒否していました。
    嫌とかではなく、私にはもったいないと心から思ったので。

    しかし、彼の押しの強さに負けてしまい、
    じゃあ食事だけ…じゃあドライブだけ…と何度かお付き合いをし、
    同情ではなく愛情であると結論が私の中で出ました。

    彼は、「親に紹介したい」と言うので、躊躇いながらもお会いしました。
    勿論、強烈に反対され拒絶され追い出される覚悟です。
    実は以前もそういうこと何度もあったので
    「甘い夢見てるんだ、今日全部覚めるんだよ。罵倒されて。」
    なんて思いながら彼の家へ行きました。
    お母さんは、私を見てニッコリ笑って迎え入れてくれました。
    おばあちゃんも直ぐに家の奥から出てきてくれて、丁寧におもてなししてくれました。

    「あれ?私の仕事知らないのかしら?」って錯覚するぐらいです。
    お母さんは、まごまごしてる私をみて、口を開きました。
    「貴方の今のお仕事とか私たちは知ってるの。
    でも、私の息子の選んだ人ですもの。それに実際にお話したら楽しい方ね。
    何があったかは知らないけど、私たちは未来へ行くの。過去なんて関係ないわ。」
    とおっしゃってくれました。
    涙がボロッボロこぼれました。





    62:名無しさん@お腹いっぱい。2010/05/24(月) 23:27:56
    俺は小さい時から通っていた空手道場の師範の娘と結婚した

    5歳から通いはじめ、俺と同年代の人がいなかったので
    同い年の嫁と組んでは稽古していた
    この頃は女子の方が体が大きいので嫁は強く
    俺はよく負かされては泣いていた

    師範からは「負けなさい、強い人は勝った数の何十倍も負けてるんだよ」と言われては励まされていた

    徐々に勝てるようになってきたのが10歳頃
    この頃から泣くのが俺から嫁になってきた
    俺も嫁もド級の負けず嫌い、ヘッドギアをしているとはいえ
    毎回傷を作るくらいボッコボコに殴り合った

    中学に入ってから、男女差が顕著に出はじめ
    組んでも練習にならなくなってきたので
    最後のスパーリングでお互い何かを賭けて勝負した

    その賭けがお互い好きな人に告白するという今考えれば馬鹿げた内容だったが
    そんな恥をさらすわけにはいかないと全力での殴り合い
    結果は嫁お得意のハイキックで俺がダウンして立ち上がれず俺の負け

    嫁は「じゃ、誰が好きなのか告白しなさい。後で本人にも言ってよね」と問い詰める
    俺はグルグル揺れる頭の中で「お前だよ」と言いたいが恥ずかしくて言えない
    嫁の「本当に誰よぉ、好きな人くらいいるんでしょ?」と追い撃ちをかける
    意を決して俺は「分かったよ、言えばいいんだろ。お前だよ」と言った
    一気に固まる嫁、何秒かして一気に顔が真っ赤になって
    嫁は「はぁぁぁぁ!?あたし!?いや、ちょっ…まっ…、あぅ…///」としおらしくなる
    今度は俺が追い撃ちをかけるように
    「好きなのはお前だよ、嫁子だよ。いつから好きになったかは分からないけどな」と言い切った 



    173:名無しさん@HOME2006/08/06(日) 02:08:22
    今日(昨日)の同居トメ

    自転車と電車を乗り継いでパートから帰宅したトメさんが足血まみれ。

    「自転車で転んじゃった(´・ω・`)嫁子ちゃんから借りたあいぽっどが壊れちゃった」を連発。
    「そんなことより手当て手当て!結構傷がふかそうだから病院行きましょうか!?」と言っても
    「それより嫁子ちゃんのあいぽっど(´・ω・`)」・・・このやり取りを数回繰り返した後、

    「iPodなんてどうでもいいですから!」と怒鳴ってしまった。 

    結局病院に行き手当てしてもらったあともずっと「アイポッド・・・(´・ω・`)」 

    「トメさんの足はお金で買えないけど、iPodはお金で買えますから」 
    「でも嫁子ちゃんがコツコツ集めた曲が台無し(´・ω・`)」 
    「曲はパソコンにあるから大丈夫ですよ」 
    「ほんとに(*´∀`*) !!!!???」 

    この後足ケガしてるのに無理やり電気屋に連れていかれて 
    私用のiPodを買ってくれた。トメさんも自分用のnanoを買ってた。 
    「嫁子ちゃん、この中に聖飢魔IIの曲全部入る?」 

    とwktkして聞いてきたトメさんカワイス。 

    とりあえず大事に至らなくて良かったよ。 



    952:おさかなくわえた名無しさん 2007/05/07(月) 13:27:13  ID:tvf82lii
    あれは平成12年3月4日、自分が高校1年の時のお話。

    その日はPS2の発売日。
    予約すらできなかった自分は、入荷するかもという僅かな希望を頼りに近所のゲームショップへ。
    学校終わって午後1時にお店に到着。
    店のカウンター前には既に3人の客が並んでいた。
    自分は、こりゃ無理かなーと思いながらも4番目に並んだ。

    すると前の客が
    「入荷は4つか3つらしいので、もしかしたら買えないかもよ?」と不安を煽る。

    まー他に希望は無いので並び続けることに。
    並んで2時間、何人かの客が自分の後ろに並んでは入荷数を聞いて帰っていった。

    ところが入荷予定時間の5時が近づいた頃、DQN親子が自分の後ろに。
    入荷数を聞いても帰らない。
    わずかな希望にもすがりたいんだろーなとか思ってた。




    5名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 12:35:34.17 .net
    過去に妻に「愛してる」と言った(叫んだ?)話でもよかろうか…
    昨日預かりクリーニングから取ってきたコート見て思い出したのだが…

    6名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 12:57:25.96 .net
    >>5
    俺はOK 



    437:名無しさん@HOME:2008/03/27(木) 01:27:090
    自分語りが入り長い話になりますがよろしくお願いします。
    亡くなった私の夫がエネミーでした。
    私と夫は10歳違い。
    コトメが男性関係の激しい人で小学生の娘(コトメコ)を置いて家出。
    他に身寄りが無いのでうちで面倒を見る事になりました。

    コトメコは気性が荒く、私はともかく、夫と合わず頻繁に喧嘩。
    家出を繰り返したり、コトメコが暴力を振るう事もあり、かなり苦労しました。
    夫は引き取ってもコトメコの事は丸投げ
    「女だから義務教育でいい」というのを、
    今は高校を出ていないと将来厳しいからと何とか説き伏せてコトメコを高校までいかせました。
    コトメコは頭がかなり良かったのと、コトメ譲りの美人だったので
    高卒でもちょっと良い企業に就職。
    夫と折り合いが悪いので就職が決まると離れた所で一人暮らしをして
    4年間一度も戻りませんでした。

    そんなある日、夫が事故タヒ、不倫相手を車に乗せ、飲酒をした上での接触事故でした。
    相手の方が大怪我を負い、過失がこちらにあるので、慰謝料で今まで貯めた貯金を殆ど使うことになり 、高校生の息子と大学生の息子を抱え、何より、ずっと夫に騙されていた事がショックで呆然自失。
    どうしていいか解らず、今までの人生は何だったのだろうかと思うと
    悲しさと悔しさでやりきれない気持ちでタヒぬ事さえ、考えていました。

    478: 名無しさん@HOME 2008/08/27(水) 13:43:49

    長文です。 

    義実家でトイレも風呂に居るとき姑にずっと無言で監視され、 
    大ウトメの前では怒鳴られ、こちらからの親切も冷たくあしらわれていた。 
    怖い姑だ私は嫌われてるんだと思ってた。 
    姑と買い物をしていたある日、私が大柄な男に腕を掴まれ叫んでたらかけつけた姑が 
    「うちの娘に何すんじゃー!」と痴漢に体当たり→ヨーグルト投げ付けまくって撃退してくれた。 
    痴漢は知的障害のある男性で施設から脱走してきたらしい。 
    小柄な姑の倍以上の体格の一見してわかる異常者相手に体当たりしたせいで、 
    怪我した姑は大事をとって入院。 

    お見舞いに行き花の水かえてたとき姑が旦那に 
    「絶対に嫁を大ウトメらと二人きりにさせるな」ときつく言ってるのを盗み聞きし判明した事実。 
    義実家で監視→大ウトからのセク八ラから守るため(姑も酷い目にあったらしい) 
    大ウトメの前で叱責→大ウトメらが何言いだすかわからんから(下品なことらしい) 
    それなら自分が怒鳴ったほうがマシ。 
    私「私がそちらのお荷物(重いほう)お持ちします」 
    姑「年寄りだと馬鹿にして!そんな細腕でしっかり持てるか!」 
    →私が病弱なので気遣かってくれていた。 
    他にも色々あるけど、私がさしあげたプレゼントは全て大事にしてくれていて、 
    相当なツンデレ姑だとわかった。 

    「うちの嫁」ではなく「うちの娘」と言ったのは、 
    姑が流産した日と私の誕生日が一緒で、 
    亡くなったその子の為にと添えていた花とお菓子が私の好きなもので、 
    もしかしたら生まれ変わりなんじゃ…と内心思ってたそうな。

    360: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/12(水) 10:30:53
    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 

    当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。 
    まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 
    娘も大きかったから、
    多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。

    子供はあえてつくらなかった。 
    収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、 
    子供は娘1人いればいいって事になった。
    突然嫁が交通事故で逝った。 
    娘17の時。 
    突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。 
    これからどうしようと思った。 

    生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。 
    何の問題もないはずだったけど、嫁側親戚が騒ぎ立てた。 

    そらそーか。 
    血の繋がらない29の男と17の女。 
    ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな。 

    「あなたはまだ若いんだから」とか、 
    「再婚するにも子供がいちゃ・・・
    しかも自分の子供じゃないのに・・・」 
    とか、散々言われた。 

    でも、俺は間違いなく娘は俺の娘だと思ってた。 
    何よりも、嫁のたった一人の忘れ形見だ。 
    俺が育てて行く以外の選択肢は全く頭になかった。 
    そんな親戚の騒ぎは右から左に流した。 

    娘も「今更こんな足の臭いオッサンとどーにかなるかw」
    と笑ってた。 
    当たり前の様に言う娘の気持ちが嬉しかった。 

    やっぱり影であらぬ噂を立てられた事もあった。 
    三者懇談や進路面談で学校に行くと、
    必ず教師に変な顔をされた。 

    部活で遅くなった娘を迎えに行って
    「お宅の生徒が成人男性と遊んでる」と 
    近隣住民から学校に通報された事もある。 

    それでも2人で暮らして来た。 
    再婚なんか考えた事もなかった。 
    それくらい娘には穏やかな、
    幸せな時間を与えてもらってた。

    296: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/19(火) 00:35:13.00
    誰もいないみたいだから少し語ろうと思う。 

    俺の嫁さんの半生は無茶苦茶な人生だった。 
    5歳の時両親がW不倫で離婚し、どちらも引き取らず施設へ 
    そこの施設では虐待、いじめのオンパレード 
    (まともに中学校もいけず) 
    16で脱走して夜の世界へ 
    そこで出会った男には金蔓扱いで挙句893に身売りされかけ 
    その後は逃げるように各地を転々としながら派遣として某観光地のホテルで働く 
    という修羅場の見本市みたいな嫁だった

    出会いのきっかけは嫁が働いていたそのホテルのバーに入った時 
    俺がバーテンダーをしていたから。 

    従業員どうしちょくちょく顔を合わせる事もあり次第に仲良くなっていった。 
    とは言っても最初はめっちゃ警戒された。 
    (嫁曰く、嫌いとかじゃなく過去の経験から) 

    バーに来る回数を重ねるごとに彼女への想いも強くなりとうとう彼女に想いをぶつけたが 
    答えは「考えたい」とのことだった 

    それを機に彼女がバーへくることも途絶え、諦めかけていた。 

    ひと月たったある日、彼女がふらっとバーへ現れた。 
    「俺君の事は好き…でも怖いんだ」 
    「怖いって性格とか?」 
    「そうじゃないんだ…」 
    蕩々と過去を話す彼女。 
    虐待の事…男の事…手首の自サツ痕の事… 
    「だから…諦めたほうがいいよ?」 
    「でも…好きって言ってくれたじゃん…少しずつでいいから俺の事信じてくれないかな」 
    我ながらダサい台詞だったと思う 
    「うん…わかった…信じてみる」 
    こうして彼女と付き合うことになったがここからがホントに大変だった

    193:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/10/02(木) 08:46:03.06ID:xWCjl4py 
    私は悪意のあるあだ名をつけるなら「鶏ガラ」とか「骨川スジ子」になるようなガリ体型
    一応ギリギリみっともないレベルではない。と思いたい

    そんな私に「トン子」「肉山豚美」的に巨デブ体型の友人があるお願いをしてきた
    いくらダイエットをしても食事制限しても痩せない。なんにも食べてないのになぜか太る
    あなたの生活習慣を知りたいので、何日か一緒に過ごさせて欲しい
    まあ暇な時だったのでOK
    3日くらいでいい?と滞在費とバイト代ももらった 
    痩せない原因は初日でわかった 
    私と同じ食生活をする、と言ってたトン子さん 
    「え、あれ?何にも食べないね…?」 
    え?なんで?御飯時でもないしオヤツでもないし食べないよ? 
    「あーうん、そうだよね…ねえジュースとか飲まない?」 
    じゃあ日本茶淹れるね 
    「………」 

    みたいな感じ。「スジ子さんみたいなのが本当に『なんにも食べてない』なんだ!」 
    と衝撃を受けて帰っていった 
    トン子さんも驚いただろうけど、私もデブの「なんにも食べてない」の真相が衝撃だった 
    太る理由分しっかり食ってるやん!!

    このページのトップヘ