いい話

    104: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)17:35:12 ID:Ue03oE6Ll
    今日のトメ
    妊娠3ヶ月の私のもとに、朝もはよ(10時)から電話で「いまから嫁いびりしにいくわよ!!」と言ってきたトメ。
    やってきてそうそう私のおもてなしを見て「まー嫁子さんお姑様にこんなものを出すなんて!せめてこれくらい用意しなさい!!」となかなかお目にかかれない高級なケーキを渡される。嫁子用意のようかんは「こんなもの!」と言いながら平らげる。
    それから始まるトメ無双。

    嫁子がお昼を用意しようとすれば「○○家の味を教えてやる!」と言いながら嫁子を居間に座らせ持ってきた材料で○○家の味を再現する。
    嫁子が掃除しようとすれば「嫁子は掃除がなっていない!」といいながら嫁子にたまごクラブを渡して家の掃除機がけをする
    しかたがないのでたまごクラブを読んでいると「あそこのやつ全部洗濯機に入れてやったわよ!」と勝ち誇った顔で言ってくる
    そろそろおやつ時なのでお茶の用意をしていると「息子ちゃんに変なもの食べさせてないでしょうね!」と言いながら台所を占拠して晩御飯まで作り始める
    そして最後に「嫁子が貧相だと息子ちゃんまで貧相に見えるんだから○○家の嫁としてそれなりの服装をしなさい!」と封筒に入った三万円を置いて去っていく
    そんなツンデレトメ

    ちなみに上記のセリフの前には「これ勝手にやっちゅうわよ!」とか「ご飯何々勝手に作っちゃうわよ!」とかいった断りが必ずはいるツンデレトメ
    私が動こうとすると「嫁子は邪魔だから寝てなさい!」とお茶をだしながら言うツンデレトメ
    ありがとうございますと言うと「違うから!嫁いびりだから!」と顔を赤くするツンデレトメ
    凄くかわいいです

    ちなみにお義父さんが酔った勢いで「あいつはかわいい。出会いからかわいかった」といった直後真っ赤になりながらお義父さんのズラを奪ってバシバシ叩くお義母さんが今までで一番かわいかったお義母さんの姿でした

    以上、うちの萌え系お義母さんを自慢したかっただけ

    629: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/11(木) 02:34:20.53 .net
    初めて会ったのは俺が27、嫁28のとき。 
    嫁は俺が昔つとめていた会社の取引先の社員だった。 
    それから嫁が会社を辞めたのは知り合ってから半年ほど経った頃。 

    顔を合さなくなって以来2か月程経ち、俺が観光でシドニーを訪れていたときのこと。 
    ホテルで朝食をとっていると近くのテーブルで嫁に雰囲気のよく似た女性を見かけた。 
    似てる気がするけど、まさかなと思っていた矢先、植物園の近くで写真を撮っていた嫁に話しかけられた。

    嫁もホテルのエレベーター前で俺を見かけたときから、
    もしかしてと思っていたらしく「奇遇ですね」と少し話しをした。 
    別れたあと、その後市内でその日のうちにシティレールやオープンカフェ等で顔をあわせること3回。 

    そこで旅行の話をしてわかったのは参加しているツアーは違ったが日程が似ていること。 
    当時の俺は深く考えるよりも先に「こんなところまで来て、日本で面識のある人に会った」という不思議さから 
    「夕食を一緒にとりませんか」と誘った。 
    それからは向こうの快諾で、残りの2日間を結局ほぼ一緒に観光した。 
    お互い写真を撮るのが好きなのもわかったので、撮った写真をまた見せ合おうとも話して連絡も交換し合った。 
    一緒に観光した2日間は楽しかった。 
    その頃はこれも社交辞令のようなものだと、特に帰国したあとのことは考えていなかった。 

    実は過去にも、他国で親しくなった初老の男性と帰国後会う話をしたことがあったが 
    連絡をとりあうことはなかったので。嫁が言ったのもきっとそれと同じ類だろうと。

    129名無しさん@鬼嫁ch2014/08/02(土) 13:15:48 ID:
    俺の脳内の修羅場

    結婚1年目で嫁が妊娠。
    もう少し新婚生活を楽しみたかったな~と思いながらも、妊娠中の嫁をサポートし、無事男児を出産。

    嫁もDQNネームは絶対嫌と言っていたため、命名仁志(仮名)。

    毎日息子は泣いて喚く、嫁は産後鬱になるわで育児の大変さを痛感。

    半年もすると息子はコロコロと笑うようになり、激カワ。
    自分の子供はこんなにカワイイのかと幸せを感じていた。

    嫁も不安定な時もあるが、息子を溺愛し「2人目いついく?」と爆弾発言を連日投下中。

    そんな息子は嫁のクローンかと思うほどよく似ていた。
    「ちょっとばかしお父ちゃんにも似て欲しかったな~」と言うと
    「この耳のくぼみそっくり!!」と微妙なフォローをする嫁WWW

    分けます

    595: 1/2 投稿日:2014/03/04(火) 12:07:28.54 ID:gMsixt5G

    大学生の時、アパートの隣の部屋の子供が虐待されてるのを見付けたのが最大の修羅場。
    当時10月だったか11月の深夜。 
    俺は呑み会帰りでほろ酔い状態でベランダに煙草を吸いに出てた。 
    柵に肘をついてたら何かが視界の端で動いた気がして、隣のベランダに目を向けていっぺんに酔いが覚めた。 
    隣の部屋の息子さんがネ果で体育座りしていた。 

    夜目に見ても傷だらけの体、即座に虐待だと思った。 
    言葉も出なくて数秒パニック状態になった後、防火壁叩き割って隣のベランダに乱入した。
    驚いている少年に自分の上着を着せて、自分の部屋に連れていった。その間お互い無言。 
    ご飯を食べさせたら自然と寝入ったので隣に怒鳴りこもうかと思ったけど、 
    隣に連絡する=少年帰る=また虐待されるんじゃないかと思って思い留まった。 
    代わりに警察に連絡した。

    367:おさかなくわえた名無しさん2012/03/25(日) 23:18:17.93ID:B2cmKmSS
    大学卒業して就職するんで養父に今まで育ててくれてありがとうってお礼を言った。


    本当の両親はオレが10歳の時に事故で亡くなって、お袋の弟である叔父一人に育てられた。
    妹はまだ高校生だが、当時も今も独身の叔父が一人で兄妹二人を育ててくれた。
    オレはたぶん地方に配属されるだろうから家を出て寮に入ることになる。
    うまく近くの拠点に配属されたら自宅から通えるけど、最初は地元から遠くに飛ばされることが
    多いらしい。

    大学まで行かせてくれてありがとうございました。
    妹はまだ手がかかるけど、オレがいなくなってもこれからもよろしくお願いしますって畳に両手ついて
    心を込めてお礼したのよ。

    そしたら、正座されて「こっちこそ今までありがとうな。お前を育てて面白かったわ。」
    って頭下げられた。
    「子供育てるなんてどんな無理ゲーって思ったけど、お前らはベランダのトマトよりスクスク育つんで
     楽しくてしょうがなかったわ。」
    ってにこにこ笑いながら貯金通帳の束と印鑑を渡された。

    467: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/12/14(金) 05:37:00

    会社に嫁が中途入社してきて、笑顔の可愛い子だなと思ったが
    俺は×1の身だし、けしていい男ではないから無理と思っていたが、
    飲み友達ぐらいにでもなれたらラッキーと思った。 

    同期の営業が「○さん(嫁)と3人で飲みに行こう」と誘ってくれ飲みに行っ 
    たんだが、この営業の奴がかなり遊び人でな、いい男だし俺に勝ち目はないと思ってた。

    また3人で飲みに行くことになり、店に行ったら嫁しかいない。 
    営業の奴は仕事で来れないとのことで、とにかく緊張した。 
    会話もまともに出来ないし、俺は目の前の酒をひたすら飲んでいた時に 
    嫁が「○さんて、お子さんいるんですね」と話し出した。 

    会社の誰に聞いたのか、俺に子どもがいて養育費を払ってることも知ってた。 
    俺と元嫁との間に1人子どもがいたんだが、元嫁が浮気して妊娠したのが 
    別れた理由でそれも知っていた。 

    不思議なもんで、この日2人で飲んで何故か意気投合した。 
    仕事中、嫁が一生懸命仕事をしてる姿を目で追ってる自分がいた。 


    数日後には付き合っていたんだが、その半年後、嫁からプロポーズされた。 
    俺は×1だし、嫁のことは好きだが結婚となると躊躇した。 
    そしてその数ヵ月後、また嫁からプロポーズw 
    俺みたいな男のどこがいいんだ?と聞いたら、「どこだろね?w」と笑い、 
    「真面目なところ。今まで色々あったと思うけど、これからは私が絶対幸せ 
    にするから!」と泣きながら言われた。 

    これが嫁との馴れ初めだ。

    731: なご 2011/11/05(土) 18:34:59.62 ID:In+1+qRS0
    昔、当時10歳だった妹
    (めちゃくちゃ聞き分け良くて、ワガママとか全然言わない子)が
    珍しく母におねだりをしてた。 
    (ちなみにお小遣いとかは貰ってなくて、必要な物はその都度
    母に相談して一緒に買いに行く、というルールだった) 

    妹「おかーさん、これ(雑誌に載ってた黒革の財布を指さして)欲しい。
    買ってください」 
    母「( ゚д゚)えっ!?な、何が欲しいの?」 

    妹からのおねだり攻撃は超珍しいことだったせいか、カーチャンは動揺気味w

    んでその欲しがってるものが財布だと知って、
    軽く考え込んで 

    母「うーん、自分の財布欲しいってのはいいんだけど、これ革でしょ? 
      ●●(妹)にはまだ早いんじゃない?もっと可愛いのとかにすれば」 
    妹「やだ!どうしてもこれがいいの!お願いします!
    大人になってもずーーーっと大事に使うから!」 

    と必タヒに頼み込んできて、押しに負けたカーチャンは
    結局その財布を妹に買ってあげた。 
    喜びの舞を踊ったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり、
    あげくの果てには財布を抱きしめて寝る妹は可愛かったのを覚えてるw 

    で、こっからが本題。 
    妹は今25歳なんだけど、その時の財布未だに大事に使ってた。 

    妹「だって大人になってもずっと大事に使うって約束したから!(*゚∀゚*)」 

    ととてもいい笑顔で言う妹を見て和んだというか、なんかほんわかした。

    64: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/03 14:13:24


    友人(新婦)の式。オカルト注意。 

    新郎新婦の生い立ちみたいなプロフィールビデオが流れたんだけど 
    写っちゃいけないものがバッチリ写ってた。 
    他にも何人か気付いた人がいたらしくてザワザワ…ザワザワ…。 
    で、その変な空気がやっとおさまりそうってところで、 
    新婦の従姉妹(?)が中二病かメンヘラか分かんないけど 
    「○○ちゃん(新婦)は祟られてる!」と叫び出してさあ大変。 
    父親らしき人に即行でつまみだされたけど、 
    「怨念!悪霊!私が除霊してあげる!」ってロビーでも暴れてた。

    そのPVは新婦の手作り。 
    小さいプレビュー画面を見ながら作ってたせいで気付かなかったらしい。 
    当時、新婦は皆がザワザワしてるのは 
    あまりにもPVの出来が良くて感心しているせいだと思ったらしい。 
    いきなり従姉妹が叫びだした時には 
    「何のサプライズ演出かと思ってワクワクしたのにww」って笑ってた。 

    式後、PVを家族で確認したところお父様が「かあちゃんだ」とポツリ。 
    なんと写っていたのは生前からイタズラ好きだった新婦のお母様だそうな。 
    お母様が亡くなったのは新婦が3~4歳の頃だったため 
    あまり記憶もなく、写真と見比べてもピンと来なかったらしいけど 
    お父様が呟いた「かあちゃんだ」を聞いた瞬間に 
    涙があふれてとまらなかったそう。 

    そうだよね。 
    悪霊が「あっかんべー」して写るわけないもんね…。 

    あれ?もしかしてスレチか?どうもすみませんでしたー。

    874: 693 2013/08/15(木) 16:46:35.63 ID:NGx0Ch18

    DQN返しともいえる、祖父の武勇伝。当時子供だったので聞きかじりです。 

    20年以上前、当時健在だった祖父が所有地の整理を始めて、いくつか土地を売った。 
    まだバブルの恩恵が残ってた頃で、そこそこ高値で売れていく中、マンション開発に交渉された土地があった。 
    そこは、理由は不明ながら祖父は売りたくなかったらしいけど、相手側に「マンションかハイツを建設したい、 
    最上階角部屋を破格値で分譲するから土地を売ってくれ」と言われ、一人暮らしの祖父を案じていた父達が 
    賃貸住だった叔父夫婦にそこに住んでもらえばどうかと勧め、祖父も合意した。 
    で、マンションというには.微妙な高さのマンション完成。 
    そしたら、立地条件よし・広さや値段も手ごろだった為、完成前後に完売御礼になったらしい。 
    無論、叔父夫婦が住む予定だった部屋も。
    話が違うと祖父や父達が相手先の会社に訪問したら、「証書もないですしねえ」とヘラヘラ。手違いで売買したのではなく、 
    口約束だけで法的な書類がないのをいいことに、故意にやったんだろうとわかった。 
    新築の広い部屋に移れると思っていた叔父夫婦ショボーン。父や他の兄弟も、「高い勉強代だったと思うしかないな」と慰めた。 

    しかし明治生まれで二度の戦争経験者である祖父は引き下がらなかった。 
    何度も相手先に赴き、「近くに息子夫婦が来てくれると思ったからこそ売ったんだ、今からでもどうにかならないか」と訴える。 
    「もうあなたとも先方とも正式な売買契約が成立してますのでねえ。あまりしつこいようだと、警察に…」とやられたそうな。 
    そうこうするうちに、購入者達の入居がほぼ完了してしまった。 
    祖父は、そのマンションの敷地三方を囲む形でまだ土地を所有していた。残る一方は山。マジ山。人の登り下りもキツそうな山。 
    所有する土地に「私有地につき立ち入り禁止」と囲いを付けた。業者に頼まず一人で毎日日曜大工したらしい。 
    結果、マンションの住人さんは「徒歩・自転車・原付の出入りはできるが車は無理」な幅1mあるかないかの通用路しか使えなくなった。 
    それまでは、私有地を通過するのを祖父曰く「厚意で」許していただけ。 
    宅配便や郵便屋さんも、トラックがマンション前まで行けない。こちらは田舎なので皆車で移動するが、マンション入居者さん、 
    車を出せないor入れられない。

    171: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)08:09:32 ID:U0l
    昨日旦那とペットショップ行って子ヌコ見てきた。
    最近ひとりで猫砂とか買いに行った時に
    可愛い子ヌコいっぱい居たんだ~って話してたから。
    でもうちにはもう成ヌコ×3が居るから見るだけねって約束で行ったんだ。

    私はしばらく首輪見たりウロウロしてたんだけど、
    ふと旦那を見るとある1匹の子猫さんの前で固まってる。
    どしたの~?って旦那のとこに行くと、
    その子猫、なんかうまく言えないけど超旦那に似てた。
    「なんかこいつ俺みたい…」って旦那も自分で認めるぐらい似てた。

    このページのトップヘ