いい話





    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)19:30:49 ID:z5ExpOcDX
    財布忘れた・・・。
    どうしよ、誰か助けて。





    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/26(木) 19:06:01.63 ID:HzlU2hUx0.net
    「バイトするから、私のためにもうそんなにがんばらなくてもいいよ!」って

    くっそ泣ける

    このままいつまでも未経験でいてほしい





    291: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/01(月) 23:13:06.83 ID:4RuTGhKl0
    息子帰ってくる時間帯は俺ら夫婦共仕事なので、いつも俺が作り置きして仕事行ってんだけど、帰ってきたらいつも
    きれいに残さず食べてキッチンにお皿置いてるのに、今日は珍しく残してた
    因みに今日はチキンのトマト煮で俺の大好物
    多かったのかな?と息子に聞いたら黙って頷くも何か様子がおかしい
    そこはリビングに上がってきた母親(息子からすると祖母)が今日家にいたので聞いてみると、何とトマト煮苦手との事
    どうやら息子、俺が毎日飯作ってるのに美味しくないって言うのが申し訳無かったようで
    「パパのご飯美味しいけどトマト煮だけダメなの」ってごめんて言う息子の心優しい気遣いが嬉しかったのと同時に、
    これまで何度か作って食べさせてたのが申し訳なくて俺もごめんなって謝った
    嫁は美味い美味いとがっついてたけど
    何にせよ息子が思いやれる子に成長してて嬉しかった
    ……でもこれからはトマト煮作れないのがちょっと残念





    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/03(日) 18:40:54.465 ID:CyEVpWeO0
    俺も嫁もコロナで家にいる時間が多いから勇気出して言ってみようかと思う。お前ら背中押してくれ

    スペック
    嫁24歳
    俺25歳
    結婚3年目子なし





    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)17:16:27 ID:ec3
    帰宅したらテーブルに「◯◯(俺)へ」という手紙が置いてあって、中にはひたすら俺への愛、感謝が綴られてたんだけどナニコレ…
    普段はこんなこと絶対しない嫁だから怖いんだけど…





    282: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/10(土) 23:36:16

    嫁さんは、知り合った当時娘を通わせてた保育園の先生

    嫁「お帰りなさい、お仕事お疲れ様です」
    俺「どうも、お世話さまです」←たぶんこんな感じの挨拶

    娘と二人で暮らしてたから、一緒に家に帰ったところで、
    当然、「お帰りなさい」って返事してくれる人がいる筈もなく。

    そんなもんだから、保育園に娘を迎えにいくと、先生方の中で
    一人だけ、嫁さんだけが「お帰りなさい」って言ってくれるのが、
    なんとなく印象に残ってた。

    一日中子供の相手して疲れてるんだろうに、いつもお迎えが
    遅くなる俺に対してすら、元気で明るくて、人当たりが柔らかくて、
    いい人だなぁと思ったっけ





    28: トイトイ ◆TJ6cWEUYOg 2015/02/18(水) 13:56:47.11
    割り込み相談すみません。 
    書き込みがはじめてなので要領悪かったりしたら申し訳ないです。携帯からなので、改行などおかしいかもしれません。 
    でも誰にも相談できずお願いします。 

    ・相談者の年齢職業 
    43歳、会社経営 
    ・嫁の年齢職業 
    35歳、会社経営 
    ・婚姻期間 
    10年間 
    ・子供の人数、年齢 
    なし 
    ・わかってるなら間男の年齢職業 
    バースナックの店長で年齢は35歳 
    ・過去の不倫の有無(夫婦共に) 
    なし 
    ・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか 
    決めていない 

    この三ヶ月嫁の様子がなんとなくおかしいと思っていた。いつもより出張が多いのが気になった。 
    携帯は見たがロックされていてパスワードをいくつか試したが全くわからず家の中も色々捜索したが怪しいものは何一つなかった。 
    そこで興信所に依頼することにした。今日報告書をもらったんだが間男はホスト風なイケメンな男だった。 
    この二週間で5回会っていて、2回は間男のマンションに嫁が一緒に入っていっていた。 
    3回は夕方二人でご飯食べて間男の職場に入っていった。 
    基本うちは朝食、夕食一緒に食べるのだか、その日は嫁から仕事の打ち合わせがあるからと連絡があった。 

    正直俺さ、嫁のことすごく愛してるし、尊敬してるし、感謝していたんだ。だからこの事実を受け入れられなくて壊れそうなんだ。 
    嫁を失うなんて考えたこともなかった。もう今日は仕事できないな。 
    俺は嫁が幸せなら離婚してあげることが唯一おれにできることだと頭ではわかっているんだが。 
    制裁とか慰謝料とかは考えていないから、さっき嫁に話があるから今日は早目に帰宅できないかと連絡した。 
    嫁は何か察知したのか「大丈夫?何かあった?今どこ?家?とりあえず今から戻るね」と連絡あった。 
    今日で幸せだった結婚生活は終わりなのかと思うと消えたくなる。





    156: 1/2 21/01/14(木)10:39:03 ID:IK.ky.L1
    書いたら物凄く長くなったので、長文うざーの人は無視してください。

    以前派遣された職場(BtoCのコールセンター)でパワハラをでっち上げられたことがある。
    その事実無根のパワハラを理由に、次回の契約更新を拒否されたと聞き
    「じゃー本日限りで辞めていいです」
    てさっさと辞めた。
    ここの経緯も色々語りたいところだけど、今回の話とは関係ないので割愛。


    派遣先上司も派遣元営業も最悪だったけど、上司以外の人達にはとてもお世話になったし
    色々と気になることがあったので、オフィスビルの1階にあるカフェで待って挨拶をした。
    私の目的は「ポンコツ」と呼ばれていた女忄生。
    ポンコツさんは、驚くほどポンコツで私が
    「まずはこの説明をして、次にこの交渉をしてください。これがダメだったらこっちで交渉してください。」
    て交渉方法と順番を説明してメモの確認をした上で
    「それでもダメだったら、最終手段としてこれを提示してください。これ以上は無理なので、お断りしてください。」
    て最後までの流れを教え、ポンコツさんに流れを読み上げてもらって相互確認した上で電話をかけてもらったのに
    「こういう状況でして、こんな状況で~えぇ最終手段はどうでしょうか?これ以上は無理です!」
    て真ん中すっ飛ばして最終手段を最初に提示するような人だった。

    因みにポンコツさんを任されたのは、私が辞める2週間前からだった。
    それまでは、色んな人がポンコツさんの担当をして、ポンコツさんに暴言を吐きまくっていた。
    それでもポンコツさんは
    「私の覚えが悪いから……〇〇さん(教育担当)にはご迷惑をお掛けして……」
    と泣き言一つ言わず、ただただ自分の物覚えの悪さを恥じて学ぼうとしていた。
    だからポンコツさんが覚えられない原因の1つに、周囲の圧力も関係しているように思った。
    結婚後専業主婦をしていたポンコツさんは、20年ぶりくらいに社会復帰。
    社会復帰最初の職場は、新人教育がしっかりできてなくて、教育係から威圧的な態度を取られるなんて私には無理。
    だからポンコツさんの担当を名乗り出て、褒めて伸ばすことを徹底した。
    ポンコツさんの仕事ぶりは前述の通りだったけどw
    「無事に1件対応が終わった」
    それだけで大袈裟に褒めて、何故こんな作業をするのか?っていう「そもそも」のところから全て説明して
    担っている作業の繋がりを理解してもらうところから教えた。
    (「何故、顧客アカウントに簡単な通話履歴を残すのか?」ていうところから理解してなかったw)

    しかし、私がポンコツさんの担当になって1週間ほど経った頃から、ポンコツさんの表情が暗くなった。
    今まで以上に悩んでるようにも見えたから、給料日に食事にでも誘おうと思っていた。
    そんな中で突然のパワハラでっち上げ&営業担当もしっかり話を聞いてこなかったくせに
    「ポンコツって呼んでた人いたじゃないですか?あの人に何かしたんじゃないんですか?」
    て言われて、もし意図せず傷つけていたら申し訳ないと思ってポンコツさんと話したかった。

    仲良くしてもらってた方と話していると、ポンコツさんもやってきて意外にも
    「あれ?私さん!?」
    てすっごく嬉しそうに駆け寄ってきた。ポンコツさんが駆け寄ってきたことで、他の人は帰宅。
    「時間ありますか?お茶どうですか?」
    て誘ったら乗ってくれたから、近くの喫茶店へ移動して一息ついたところでポンコツさんが泣き出した。
    「私さんには凄くお世話になったのに、突然辞められちゃったからお礼も言えなくて……」
    て親子ほど年が離れた私と再度会えたことが泣くほど嬉しいと言ってくれた。
    そこから色々話をして、やはり仕事が辛いと感じていることやポンコツさんも次の更新を断られたことが分かった。
    「本当は出勤するのも辛いけど、プライベートでもっと辛いことがあるから仕事の辛さは平気」
    そんな話もあったから、ポンコツさんに今すぐ転職することを促した。
    最初こそ
    「こんな私でも突然辞めるなんて、みなさんにご迷惑を掛けてしまう」
    て躊躇してたけど、ポンコツさんのポンコツぶりを力説して
    「ポンコツさんが辞めても続けても大差ない」
    て着地点で説明したら納得して転職する気になってくれて、ポンコツさんの詳しい経歴を初めて知った。

    長いと言われたので、一旦切ります。





    1: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)04:11:40 ID:QP7
    ちゃんと黒字やで





    454: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/04/25(月) 14:07:30.93 ID:Wh1v6Pqi
    病院で栄養士やっております。 
    病院給食に毎日必ず苦情を言ってくる患者さんが居て 
    看護師さんが丁寧に聴きとって書面で提出してくれる。 
    「混ぜご飯の具が少ない」「ハンバーグはもっと甘辛ソースで」とか。 
    でも嗜好に対応する事は現状無理だし、その患者さんだけを特別扱いはできないので 
    患者さん全員にアンケートを取った。 
    件の患者さんの用紙には「握り寿司。でもどうせ無理でしょ」と書いてあった。 
    やってやろうじゃないか。 
    うちの調理師の半分は寿司職人の経歴があるので 
    そのメンバーの勤務表をやりくりして「その日」に集中。昼前に一気に握ってもらった。 
    刺身の予算不足分は、ヅケにする、タレを塗るなど手間暇でカバー。 
    結果、その日初めてその患者さんからの苦情は無かった。 
    勿論他の患者さんからの希望メニューも順次実現していく予定。 
    食養課は病院じゃ裏方だけど、縁の下の力持ちって自負はあるんだぜ。 

    このページのトップヘ