いい話





    261: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/25(木) 21:18:42.32 ID:4HsojAo7.net
    祖父(91)が萌え絵を描き始めたこと。
     
    83の時に祖母(がっつり認知症だったので老老介護状態だった)
    を看取ってからは第二の人生を謳歌してる。 

    85から突然PCデビュー(ネットは未接続)、そして去年からスマホデビューした祖父だけど
    スマホでネットサーフィンしてるうちに視野が広がったらしい。

    電気屋に行きたいというから同行したら、店員さんに確認しながらペンタブを購入。

    お世辞にも上手くないし萌えとは遠いんだけど、結月ゆかりを頑張って描いてた。
    難病持ってるし毎日通院やデイに通ってるけど、
    段々若返ってるような気もする…。





    688: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/06(水) 11:24:41

    バイトの新歓の二次会中
    深夜の変なテンションからメンバーで大富豪を始めたとき

    嫁、カード残り三枚
    俺、カード一枚も場に出せず


    嫁「2で流して…7渡しで終わり!えーと、誰にしましょう…」
    俺「あ、ください」

    嫁のニコニコした表情と、カード出す速さから何となくいいカードとわかった俺立候補。
    7渡しで渡されるカードはあまりいいものじゃないって思いこんでるから、誰も他に立候補いなくて嫁は俺に渡す。
    来たのはハートのエース、かなりいいカードだった。

    でも使いどころを間違えて貧民に。

    嫁「もう、せっかくいいカードだったのにー」
    俺「ははは、すいません」
    嫁「でもよくわかりましたね、いいカードって」

    ニコニコ笑う嫁の顔が印象的で惚れた瞬間だった





    195: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/28(火) 17:12:52 ID:lsRhS0k3

    1年くらい前に、自分の通っている空手道場に、すごいデブの30歳のオッサンが入門してきた。 

    基本稽古のときにもうハァハァいってて、運動してるのに顔が真っ青。 
    これはきっとすぐにやめるな。と思っていたら、その後もずっと通い続けてきた。 

    で、1年たった今では筋肉の上を脂肪が覆っている冷蔵庫のようなカラダになり、

    ともかくパワーがすごい。

    スパーリングなんかも荒さが目立つものの、パワーで押しまくってくる。
    まだ黄帯なんだが、どうかするとパワーで黒帯さえ追い詰めることがある。
    緑帯の自分ではすでにこのオッサンに勝てない。
    自分のほうが10歳も若く、経験も長いのに。

    人間、努力すれば変われるんだなぁ、と思ったことと、
    この人があと10年早く空手を始めていたら、きっと超一流の選手に
    なったに違いないと、ひと事ながらもったいないと思った。


    補足説明 白帯→青帯→黄帯→緑帯→茶帯→黒帯 道場によっては白帯の前にオレンジ帯がある。

    黄帯までは簡単に昇級させてくれるものの、緑帯から先はなかなか昇級できない。
    ちなみに、うちの道場で黒帯になれるのは総入門者数の5%以下だそうです。
    黒帯の数に制限があるわけではなく、たいていは何年も自分のように
    緑帯か茶帯でとどまってるかやめてしまうかのどちらかです。





    724: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/14(月) 21:21:26 ID:aHHKTDyM
    10年ほど前、年に一度の新商品発表会があり、俺はプレゼン(主催者側)として参加した。
    出席者は会社の営業を始め、販売店のディーラーさんが全国からやってきた。
    総勢300人ほどが集まっただろうか、夜の部はというと宴会場で立食パーティだ。
    正面入り口にはオードブルが、そこを一辺としてテーブルがコの字に配置され、
    寿司、サラダ、フルーツ、ケーキ、飲み物なんかが山のように積まれていた。
    会議の忄生質上、我々スタッフ部門は昼が、営業&ディーラーは夜の部がメインとなる。
    スタッフ部門が営業に巻き込まれると何かと厄介であることは事前に知っていたから、
    俺はそそくさとメインのオードブルから世界の三大珍味をとり、人だかりから離れていた。
    恥ずかしながら三大珍味を口にしたのはあの時が初めてでね、どんな味がするんだろう
    とドキドキしながら味わってみたんだが、正直言って期待外れだった。
    キャビア・フォアグラ・トリュフ何れも美味いんだけど、日本人の味覚に合わないとでも言うか。


    そうこうしている内に場の空気が段々と営業色に染まってきたから、俺は宴会場の一番奥に避難。
    正面入り口のオードブル周辺と違って、こっちは全然人がいない。さあ安心して食うぞ、
    と思っていたらお蕎麦のコーナーがあり、テーブルの奥には若い板前さんが立っていた。
    そこにはわんこ蕎麦のように二口ほどの冷たいお蕎麦がお椀に盛られ、汁と様々な具
    (ネギ、納豆、おくら、とろろいも、うずらの卵等々)が入っていた。
    適当に一つ食ってみたらこれがバカうま!
    「う、うめえ!!!」
    『ありがとうございます。まだまだありますのでどうぞ』
    誰もいないのをいいことに俺一人で70杯ぐらいは食ったかなw
    よくよく話を聞いたらこの板前さん、俺と同い年で今は修行の身でいずれは実家に戻って蕎麦屋を継ぐ
    とのことだが、そこがなんと俺の故郷と一致。すっかり意気投合して俺はお開きまでそこにいた。

    今でも年に数回、帰省する度にそのお蕎麦屋さんには必ず立ち寄り、
    同い年の彼は蕎麦屋の名店○代目として腕を振るっている。彼曰く、
    『三大珍味より美味いとバクバク召し上がっているお客様(俺)を見て、すっかり自信がついたw』とのこと。
    食い意地も何かの役に立つことはあるんだなw





    697: 彼氏いない歴774年 2012/03/28(水) 01:48:22.74 ID:vdab7h9V
    長文&チラ裏みたいなもんなのでスルーおk

    1年前だけど
    価値が分からず何となくヤフオクに出してみた商品が高額になった
    落札者が新規だったのでガクブルしながら連絡を取ったら
    相手は、昔ファンクラブに入ってたほど好きな芸能人だった
    マニアの間では超レア物らしく、何年も探し続けてたらしい
    この為だけにヤフオク登録したので落札出来て嬉しいと言ってた

    嫌がられるかもと迷ったけど、こんなチャンス滅多にないので
    自分がファンクラブに入ってたことを話したら驚いてた
    (全盛期を過ぎたからか、現在はファンクラブ自体が消滅)
    落札者がいなければ再出品するつもりなかった物だし
    取引キャンセルすれば落札手数料も発生しないし
    大好きな人からお金なんて取れないのでお金は要りませんって伝えたら、
    いやそんなわけにはいかないとか色々攻防があって
    じゃあ代わりに何か欲しい物をって聞かれた
    メル友になって欲しいとか図々しいことはとても言えず
    サインと写真が欲しいって言ってみたら、そんなのでいいの?って驚かれた
    着払いでいいって言ってくれたので事務所に商品を着払いで送ったら
    一週間後、私の名前入りのサイン色紙と
    ドラマや雑誌の撮影時の合間に撮ったと思われるものや
    プライベート時に撮ったと思われるポラロイドが20枚ほど速達で送られてきた
    メアドが書かれてたのでお礼メールしたら写メ付きでこちらこそ返信してくれた
    しつこいファンと思われたくなかったので
    その後はメールのやり取りすることもなく1年経過

    この前サイン会があったので行って
    サインをして貰う時に名前を言ったら覚えててくれた
    帰ろうとしたらマネージャーさんから呼び止められて待つように言われて
    サイン会終了後に控え室で少しお喋り&一緒に写真撮ってくれた
    珍しい名前なので学生時代バカにされたこともあったけど
    この時ばかりは飛び上がるほど嬉しかった
    一生分の幸運を使い果たしたと思う
    自分でも嘘みたいだと思う話なので信じてもらえなくてもおkおk





    461: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/02(火) 19:10:00 ID:0Wxw8Uos
    流れ読まずに投下。 
    武勇伝じゃない気がする上に、かなり昔の話なんだけど。 

    俺には妹がいるんだが、これが何と10も年が離れてる。 
    しかも俺が13、妹が3歳の時に母親がタヒんじまったんで、 
    俺が母親代わり(父親は生きてるからさw)みたいなもんだった。 
    父親は仕事で忙しかったから、妹の世話はほぼ俺の担当。 
    飯食わせたり風呂入れたり、つたないながらも自分なりに一生懸命やってたと思う。 

    妹が5歳の時のこと。 
    保育園に妹を迎えに行ったら、なぜか大泣きしてやがる。 
    その日、お遊戯会の役を決めたんだが、妹はやりたかった役になれなかったらしい。 
    まあそれは仕方ねーだろ、あきらめろと最初は諭してたんだが 
    よく話を聞いてみると、どうもおかしい。 
    劇にはいろんな動物や妖精や探検家?が登場するらしく、 
    女の子の一番人気は妖精。妹も当然妖精がやりたかったようだ。 
    希望者多数だったので、決定は恨みっこなしのジャンケンにゆだねられるも、 
    妹は見事勝ち抜いて妖精5人のうちの一人に選ばれた。 
    ところが、先生が「○○ちゃん(妹)は動物の方がいいんじゃない」と妹を妖精役から外したという。 
    そんな馬廘なと思いながら、俺はすぐに保育園に電話して確かめた。 
    そこで分かったのは、劇の衣装は保護者が作らなければいけないこと。 
    そして、妖精のひらひらの衣装はとても難しく、俺の家では無理だと判断され、 
    お面などを作れば済む動物役に妹が割り振られたことだった。 





    93: 名無しさん 2014/04/12(土)20:18:57 ID:bKbezUDMm
    ヨーロッパ某国に赴任していた頃の話
    「お前、日本人なんだからスシ作れるよな」
    寿司飯なら何とかなるが、握り寿司なんて素人にできるわけない
    しかし、できないなんていうとpgrされるんじゃないかと、チラシ寿司か手巻き寿司くらいなら何とかなると思い
    「今度、俺のフラットに来い、食わせてやる」
    と大見得切った
    スーパーに行き、ジャポニカ米、海苔、土鍋その他を購入(土鍋は日本にあるようなものではなく、どちらかと言うと保存容器)
    錦糸卵、にんじん・ピクルス・キノコ(手に入りやすいもの)をみじん切りにしつつ、米を土鍋モドキで炊く
    米が炊き上がる頃に、電話でそいつらを呼ぶ
    金属ボウルに炊きたての米をあけて、砂糖混じりの酢をかけた時点で
    「そんな変な匂いのするもの混ぜて大丈夫か?」
    と野次が飛ぶ





    409 :ラブラドール速報 2013/06/07(金) 11:30:58 ID:cgEH8PJp0
    今年、就職で自宅を離れた息子に初めてのボーナス(と言っても寸志)が
    出たとかで「予算五万円以内の母さんが喜びそうな物って何?」と
    旦那にメールが来たそうだ。

    一瞬、お掃除ロボットが頭に浮かんだけどw
    10万程のボーナスのうち半分から使わすのは可哀想で、
    つい1万くらいのコードレスアイロンをリクエストしたよ。

    一応、私には内緒のサプライズプレゼントらしいので
    届いたら大袈裟に喜んで見せてやらなきゃ…とか
    旦那と茶化しながら、獲らぬ狸でぶつが届く前なのに
    その瞬間を想像しただけで涙が出てくる親バカ状態です。





    1: 名無しさん@おーぷん 平成29年 09/25(月)14:20:50 ID:skq
    新宿で寝そべってるホームレスのおっちゃんをターゲットに施しをする
    最初はマックのハンバーガーあげるところからスタートした





    124 :名無しさん 2018/10/06(土) 18:15:45 ID:DtGAWE09.net
    高校生の時、父親になんで数学とか歴史とか勉強する必要があるの?と聞いたら義務教育じゃないんだから嫌なら高校やめれば?と言われた。

    私が数学て筋道立てて物事を考える訓練かな?歴史は二度と戦争を起こさない為、と言ったら父親はそんな風に無理に理由付けして納得すんな。
    学問は学問として素晴らしい。
    歴史はただ単に歴史愛国心や戦争反対に利用すべきじゃない。
    お前が高校を卒業したいのならその為に勉強する、でいいんじゃない?

    「学問は学問として素晴らしい」この一言に衝撃を受け私は大学へ進学した。
    今まで多くの教師や大人達から~だから勉強しろと言われたけど馬耳東風…でも父の言葉は衝撃だった。

    このページのトップヘ