GJ





    435 :2013/11/28(木) 01:08:36O
    暴力嫌いな方注意。
    義両親はテンプレ通りのクソだった。罵倒暴力当たり前。
    旦那の失敗は嫁の責任でもある!夫婦とは苦楽を分かち合うものだ!と旦那が独身時代に作った借金を背負わされそうになってキレた。

    トメが私の分の料理を捨てる→私が旦那の分の料理を捨てる。
    トメに何やってんのよ!と怒られる。
    ぇ?夫婦は苦楽を分かち合うものなんですよね?私たった今、苦を味わったから旦那君と分かち合ってるんです。

    ウトが私を殴る→私が旦那を殴る。
    ウトに、何やってんだ!と怒られる。
    ぇ?夫婦は苦楽を分かち合うry

    義両親が我が家をめちゃくちゃにする→私が義実家をめちゃくちゃにする。
    義実家に何やってんんだ!と怒られる。ぇ?夫婦は苦楽をry

    旦那からも何やってんだ!と怒られる。ぇ?夫婦は苦楽をry

    ぜーんぶ夫婦は苦楽をryで返した。
    義両親としては旦那が可愛いから、旦那に返ってくるのが一番堪えると思ったから。

    そのうちこの嫁はキチだと恐れられ、ウトが、お前がしっかり嫁のしつけしないから!とトメを殴った。
    その瞬間私がウトを殴った。
    何するんだ!と怒るウトに、嫁であるトメさんが痛い思いしてる。夫婦は苦楽をryだからウトさんも痛い思いしないと!とひたすらやられた事を返し続けた。

    結果精神おかしい嫁とは慰謝料払ってでも別れさせたいと義両親から結構な額を提示してきた。
    旦那は別れたくないとわめいたけど、慰謝料もらって別れた。
    俺を捨てる気か!とすがられたけど、だって私、義両親から守ってくれないあなたより福沢さんを愛してるの、とさっさと別れた。





    381 :2012/10/28(日) 04:23:350
    旦那が居ない時を狙って、同居や子供(計画子梨)のことをチクチクと
    何と言うかその、切れるにも足らず、微笑ましいと思うには鬱陶しいという
    凄く微妙な感じで言ってくるのがちょっと鬱陶しいぐらいのうちのトメさん。
    あんまり会う機会がないからこのぐらいなら許すかなと思っていたんだけど
    去年ぐらいから旦那の前でも言うようになって、旦那共々辟易してた。

    で、この前の連休、そんな義実家に顔を出した。
    たまたま年の離れた旦那の弟とその彼女さんも来てたので少し気が楽だなーと思っていたら
    トメさん、私と彼女さんだけの時にわざとらしく
    「最近やっぱり気になるのよね、老後はどうしようかって・・・」
    とやり始めた。





    383 :2010/01/05(火) 10:17:160
    小梨夫婦、ウト鬼籍。
    年末、毎年恒例の義実家訪問(奴隷待遇)を理由を伝えて旦那に拒否。
    しかし頭の悪い旦那は「夫婦でいかないとおかしいから」とどうしても連れて行きたい様子。
    「何があっても知らないよ」と宣言していくことにした。

    9時ころ、義実家に到着。
    私:一応大人の対応として挨拶する

    クソトメ:雑巾を投げ付け「さっさと掃除しろ!!」

    私:こたつで自分の家族とWiiを楽しむコトメ(本気で頭の回らない子)に
    「自分の実家でしょ?お前がやれよ」と雑巾を手渡す。

    クソトメ:クソトメ語でわめく

    私:「じゃぁ、私もやるからお前たちもやれ」とWiiのケーブル類を引っこ抜き、コトメ家族も掃除に参加させる
    (旦那はうろうろオタオタ)
    全員で(クソトメはわめくのみで枠立たず)大掃除なので13時にはすべて終わる。

    昼。いつものように私のご飯がない。
    うろたえるクソトメ以外のバカども。
    手土産のロールケーキを丸ごと1本と同じく日本酒をラッパでいただく。
    (残った日本酒は流しへ)





    823 :2011/05/04(水) 21:41:150
    >>816
    デスメタルじゃないが、毒蝮三太夫の「うるせえババア!」と「くたばりぞこないが!」が
    とにかく延々と流れるようにしてやったことはある。
    キョエエェェーッ!!みたいな奇声を上げて殴りかかってきたので
    パスタを茹でていた鍋にナンチャッテipodを放り込んでやった。
    ipodの中には、入手方法は不明だが、トメ憧れの韓国スターの肉声(トメ談)が入っていた。

    私のThe Damnedの輸入廃盤CDを、鳥避けにベランダに吊るした仕返し。

    グラグラと煮え立った鍋に放り込んだ後はトメは呆然。
    泣き喚きながら出て行った。





    838:名無しさん@HOME2008/09/05(金) 20:02:05
    ぶった切り。
    キョンシー嫁さんをヒントにやってみた。

    去年女の子を出産したんだけど、
    第一子は男を産むのが○○家のしきたりだと言うトメ。
    娘が言葉を理解する前に〆ようと決意。

    親戚の集まりで、そろそろ帰るかという頃に
    「第一子は男の子ではないと認められないしきたりには、
     私と娘は耐えられないので出て行きます。」と俯いて挨拶した。

    娘激ラブの夫、初孫ちゃん激ラブのウト、初ひ孫ちゃん命の大ウトメ×2
    (ウトメそれぞれの両親は親友同士でいつも一緒)が大激怒。



    623 :2013/06/13(木) 18:17:52O
    プチスカ
    近距離天ぷら糞トメは電話魔
    パート、運転中、家事育児とこっちの都合なんかお構いなし
    平日なら○時頃は手が空くからその時にと頼んでもムダ
    急用だと言ってはどうでもいい話を延々としやがる
    なので返しを決行
    たまの日曜日、トメ宅への奴隷奉行に合わせ、
    友人数名に指定時刻に電話をくれるようにお願いした

    10時丁度、トメ宅に着くと同時に友人Aから着信
    実際に会話していたのは10分ほどだが、トイレに隠れて通話を終わらせ、
    携帯の電源を切って居間に戻り、11時55分ぐらいまで会話している振りをした



    497 :2013/05/22(水) 23:41:450
    義実家の近所に家を建てた途端にウトメがクソ化した。
    これでもう逃げられないと踏んだらしい。

    ・孫梅男梅攻撃。生理周期表の提出義務(トメ)、安産型とか巨乳は乳の出がなど露骨なセクハラ発言(ウト、ただし度胸無いので触れない)
    ・家宅侵入、冷蔵庫明後日作り置きを捨てる(トメ)、夫婦の寝室を荒らしてコン*ドームを持ち去る(ウト)
    ・お茶を入れると一口飲んで顔を顰めて持ち込んだペットボトルを飲みだす(トメ)、夫の仕事鞄にAVを仕込む(ウト)
    ・食事を強要する癖に全てまずい、惣菜か、こんな貧相なものetcでグチグチ(トメ)、ネット通販で買ったというバイアグラを旦那に押し付ける(ウト)

    早い段階で旦那がキレて合鍵は取り上げ、連絡は旦那を通す・家には上げない・私とウトメだけには絶対にしないという約束をしてくれた。
    ついでに私も引っ越しを気に退職して子供を作ることに専念しようという計画を変更し、復職してもう少し貯金を回復することに。
    それを知った途端にまたトメがキーキー喚いて職場凸して辞めざるを得ない状況にさせられ、いい加減キレたので復讐を開始。



    604 :2008/05/08(木) 17:07:520
    二人目を妊娠中の時の事。
    お会計待ちで椅子に座ってたら隣にどこかのトメとお嫁さんが座った。
    トメは嫁に
    「切迫流産なんて仮病だ」
    「姑のアテクシの言う事は絶対だ」
    「アンタみたいなカタ○はいらない」
    とかふざけた事ばかり大声で言ってた。




    400 :名無しさん@おーぷん
    二十代で付き合ってた彼氏が、欲しがるので合鍵渡したら
    よく私のアパートに勝手に入り浸るようになり、
    「合鍵は渡したけど事前連絡無く勝手に来るのはやめて」
    と言ったら何度か喧嘩になった

    ある日夜勤明けで家に帰る途中、
    近所にある障がい者を多く雇用してるパン屋さんから良い匂いがして、
    店を覗いたら「ぶどうパン焼きたてですよ」と声を掛けられ思わず即買いした
    パンの匂いを嗅ぎながらホクホクして帰ってきたら、また勝手に彼氏がいた
    その日仕事休みで泊まってたらしい





    837:名無しさん@HOME2007/10/01(月) 13:37:53
    トメが独身時代にタヒぬ思いで買ったケリーバッグを勝手に売り飛ばしてくれやがったので
    トメが大事にしてる某韓流スターのポスターに落書きしてグッズを部屋ん中に放置してやった。
    額に肉、ほっぺたにナルト、泥棒ヒゲに鼻血etc中学生レベルの落書きを実行。
    グッズにも同じ落書きをしてトメ部屋の中央に積み上げておいた。

    ついでにトメが大事にしてるブランド服(トメ曰く総額200万超え)を全て洗濯機で洗濯しておいて差し上げた。
    漂白剤をうっかり1本、洗剤をうっかり1箱入れて洗っちゃったけどしょうがないよね。
    私が大事にしてたバッグ売ってパチ○コにつぎ込んだ罰じゃ。
    さて、実家に逃げるとするか。

    このページのトップヘ