GJ





    77:1/22007/10/29(月) 13:39:34
    「年末のスキーの予約とれたから」と旦那に報告。
    つまり今年も義実家の正月の狂宴には行かないということ。
    義実家、つまりウトメとトメ兄弟姉妹その子どもたちは
    毎年毎年飽きもせず馬鹿騒ぎと私と私の子イビリだった。
    旦那は私たちがイビラレても「気にしすぎ。被害妄想」でスルー。
    私と子どもで離婚覚悟でぶつかり、決タヒの再教育の結果、なんとか更正させた。
    家族だけの平和で楽しい正月は、今年で3回目。
    狂宴の生け贄が今年もいないと知ったウトメ&トメ兄弟が、
    夫の留守を狙って、我が家に急襲。
    トメ兄が子どもの前に千円札を一枚ずつ置いていき

    「正月はこっちに来たいだろ。ほら金やるよ。
     え?イヤだ?じゃあほらもう一枚。」

    ここで私はうっかり言ってはいけないことを言ってしまいました。





    923:名無しさん@HOME05/01/02 09:50:12
    「エライ失礼ですよね」とウトに言った。

    うちの両親は離婚している。
    結婚の挨拶は自分の実家に戻っていた父&再婚していた母の二ヶ所に行ってもらった。
    その時点で私の実家はないと脳内変換されていたらしい。

    今年、長女の入学で実家の父(娘にとっては実の祖父)が年末にランドセルを買ってくれた。
    無邪気に報告する孫娘を見てウトのライバル心に火がついたらしく
    「家はなんとしても初売りで学習机を買ってやる!」と酔っ払って息巻き始めた。
    「机は春先でいい」といさめる夫。
    「いや。買わねばならん。どこのじいちゃんに買われたかわからないランドセルより
    本当のじいちゃんが買ってやった机は大事だ」と。
    今までの失言は酔っ払いのたわごとと流していたが、それを聞いて私の頭の中は沸点。

    「私の父はこの人。母はこの人と挨拶のときにちゃんと紹介したでしょ?
    母の再婚相手だってそれはそういう関係の人。娘にとってはちゃんとしたじいちゃん。
    えらい失礼なこといってるのわかってるの?」と一気にまくし立てた。
    普段黙って聞いてるだけの私が切れたのが伝わり
    旦那は「とにかくちゃんと謝らなきゃならないことだ」と仲介。
    ウトは「男はそう簡単に謝れない」とモゴモゴし始めたので、あきれて席を立って終了。

    とりあえず言いたいことだけは言えたので、私はスッキリして新年を迎えました。





    701 :名無しさん@HOME 2010/10/04(月) 14:34:00 O
    我が家、基本ラブラブ夫婦なんだけど
    旦那が天麩羅クソトメのイエスマン
    トメとは中距離別居で、たまに遊びに来るんだが
    やれ味が濃いだの、家具の配置がどうのと文句を言いまくる
    それに乗っかり「確かに!」と私をしかる旦那
    ハイハイサーセンとスルーしていたが、
    ある日、いつもと同じように夕食にグチ垂れる2人に対して
    6歳の息子が反論してくれた

    「お父さん、なんで、ばあちゃんが来たときだけお母さんを怒るの?
    いっつも、お母さんのご飯が一番おいしいよぉ~って言うくせに!」

    旦那のうっ!て顔と、トメの気まずそうな絶妙な顔に
    スッカーーーー!!とした。
    息子の言った「おいしいよぉ~」が、若干旦那のモノマネ入ってて噴いたwww息子愛してる





    466 :名無しさん@HOME 2010/09/18(土) 02:03:25 0
    義弟の大昔の写真は、天使みたいな可愛い顔立ちと薄茶色の天然パーマだった。
    現在は、なかなか禍々しい顔立ちと薄いポヤポヤ頭。

    姑によると、声変わりと共に、あれよあれよと様変わりしたそうだが、
    今でも自分が天使みたいな童顔だと思い込んでいて、
    「俺は年齢不詳系だからぁ~」とか「まだまだガキなんだよな、俺って♪」と気持ち悪い。

    お盆に来てた遠縁の子供達に
    「じゃあ、おじちゃんは『とっちゃんぼうや』なの?」(親類の陰口を聞いてたらしい)
    「50歳に見えるけど10歳とか?」等々、悪気のない澄んだ瞳で質問攻めにされてた。
    怒るに怒れない35歳の堕天使が、ちょっとだけ気の毒に思えた。





    99:名無しさん@HOME2012/05/22(火) 18:52:38.48 0
    買い物中トメに会ったらいきなり平手打ちされた(理由はわからず)
    怒りでよく覚えてないんだけど反射的に四発ぐらいやり返したらしい
    それを見ていた友達が言うには「高速ハンバーグ空気抜き」のようだったとか





    319:名無しさん@HOME2011/05/23(月) 09:17:41.98 O
    急にトメが「嫁子さんも勉強しなきゃね。孫ちゃんが小学生になったら教えてあげなきゃならないし。英語も必修よ」と言いだした。

    旦那が資格取るために勉強してるのに私はのんびりしてるのが気に入らない様子。

    「私勉強嫌いだしなあ。旦那君数字得意だし算数は頼むわw」って返したら、「英語はどうすんのよ!英語、英語!」って興奮しだした。

    そしたら旦那が一言。
    「こいつ外大卒だぜ」

    トメ一気に黙りました。
    プチだけどスカッとした。

    携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。





    847:名無しさん@HOME2006/01/25(水) 16:43:06
    俺の嫁さんは寝ている時にうなされる事が多々あった。
    その話をしたら、幼い頃から精神的な虐待を受けており(主に母親から)
    夢にまで見てしまうということだった。
    大丈夫か?と聞いても、平気だから。とそれ以上は話してはくれなかった。

    それから少しして、嫁さんの妊娠が判明。
    妊娠を知った嫁さんの母(俺から見たら義母ですね)が様子を見たいと
    言い出し、我が家にやって来た。
    だが義母の口から出るのは自分の娘が、いかにダメな子だったかという話ばかり。
    義母「情けない、気が利かない、話もろくにしてくれない。
       何を考えてるか分からないような子でね。私も苦労したのよ。」
    義母「子供をちゃんと育てられるかしらね?
       夫君、あなたが娘や生まれてくる子を守ってやってね。」
    嫁さんを見ると黙ったまま、うつむいていた。俺は我慢できなくなった。
    俺 「義母さん、嫁子はしっかりやってくれてます。感謝してるくらいです。
       もう干渉するの、やめてくれませんか?昔の話もいりません。」
    義母「ハァ?ああ、かばってくれてんのね、いいのよー、気を使わなくても」
    俺 「守ってやって、とさっきおっしゃいましたよね?
       義母さん、嫁子を傷つけてるのはあなたです。わかりませんか?」
    義母、顔が真っ赤になり、ワナワナして「こんな所、二度と来ないわよ!」。
    「一度言った事は守って下さいね。」と、そのままお帰り願いました。
    自分ではスカッとしたけれど、嫁さんが気になり、恐る恐る聞くと
    「ありがとう。すごく楽になった。これで良かったと思う」とのお言葉。ホッとした。
    自分では「言ってやった!」とすっきりしてるけど、他の人から見たらDQNだろか。





    629:名無しさん@HOME2007/10/24(水) 11:49:58
    トメにやきそばぶっかけた
    泣いてるが知らん。





    191:おさかなくわえた名無しさん2008/08/29(金) 13:03:33 ID:wgqbqPzf
    既婚者の友人に夫が浮気した!!と泣きつかれた。
    まあそれはかわいそうだけど、こいつ元不倫略奪浮気常習者。
    年取って落ち着くまでホントプリン脳のDQNだったのでFOしてたんだけど
    なぜか何年も連絡取ってない私の所に。


    相手の女は22歳で 「あいつ(旦那32~3?)いい年して若い女とデレデレして!
    みっともないと思わないのかな!信じられないよ!」と泣くので
    「みっともないのはあなたじゃなかった?
    年増女が若い女に勝てると思ってるの?子供居ないんだから別れなよ。
    女終わったババァは人生これからの若い子に譲れば?その方が夫の為じゃない?
    だって不倫ってただ会う順番が違っただけだし。
    障/害があっても乗り越える愛って超純愛。キレイ。
    紙切れ1枚の約束なんてピュアな愛の前には何の意味もないよ。
    結婚してくれとか言わないし。そんなの求めてないし。
    何の見返りも求めない、まさに無償の愛だよ、素敵でしょ。彼から欲しいのは愛だけ。
    不倫してる人には妻にはわからない最高の愛と時間を共有してるんだから。
    かわいそうな不倫相手ちゃん、ババァのせいで愛する人から引き離されて。
    どうせ子ども出来ないのも遊びまくっておろしまくったからでしょ。旦那さん騙されてるよね」
    と言ってやった。


    「あんた本気で言ってんの!?」と唖然とする彼女に
    「あんたが22の時、30ぐらいの人と不倫してたよね。
    やめろって言ったらあんたこう言ったじゃん。
    数が多すぎてちょっと誰か名前忘れちゃったけど。
    今のあんたとあの時のあの人の奥さん、全く同じ状況だね、面白いね」

    そしたらまだ恥は残っていたのか、真っ赤になりつつも
    必タヒに「自分はあの時の奥さんとは違う、私は特別(意訳)」
    とかいいながら泣いて帰って行った。





    621:名無しさん@HOME2010/11/16(火) 10:40:20 0
    「あんたみたいな嫁欲しくなかった」と言われたので
    「私もあなたみたいな義理の親欲しくなかったです」と答えた。
    事実だ。

    「年長者(自分)には敬意を払え」と言われたので
    「今までの付合いでそれは不要と判断しました」と答えた。
    面識のない年長者であれば、そりゃ年齢相当の対応はするけど、
    必要ない相手にはそれ相当の対応に変化して当然だと思う。

    「料理もろくにできない嫁」と言われたので
    「掃除もろくにできない専業主婦」と答えた。
    両方とも事実なので、残念ながら痛み分け。


    そこそこ近距離で何ヶ月かに一回くらいは互いの実家の様子を見に行っているけれど、
    言われたら言われただけ言い返すことにしている。
    最初は大人しくしていたけれど、もう面倒くさくなって言い返すようになったら、スッキリした。
    最近は、なんとなくお互いの悪口?に悪意が感じられなくなってきた気すらしてきた。

    このページのトップヘ