72 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 00:35:20ID:6eDPX05k0
    たいした修羅場じゃないですが

    私子 私
    友子 私子と彼男の共通の友達 インリンを美人にした感じの美人 
    浪人したため学年は一緒だが私子より一つ年上
    彼男 私子の彼氏 私子より二歳年上
    全員同じ大学の大学生

    廊下で友人達とだらだらしゃべってたら友子が話しかけてきて、
    「これ、彼男くんに渡しといてくれる?」と封筒?手紙?を渡してきた。
    私子「いいけど何?ラブレター?www」
    友子「ちげぇしwwこの前たまたま駅の近くで会ってね。
    奢ってもらったんだけど悪いから返そうと思って」
    彼男に直接渡すつもりだったが彼女である私子を見かけたので・・・・
    ということらしい。

    なんか態度が嫌味っぽいな・・・とは思ったが「そっかw渡しておくね」と言った。
    友人達も同じこと思ったらしく、友子が去った後
    「今の挑発?」
    「こわあ・・彼男盗られないように気をつけなよ」としばらく友子の陰口を言っていたw

    もてるが故に人の彼氏にちょっかいをかけたがる癖のある友子はさておき。
    私子、一度も彼男に奢られたことないんですけど・・・
    71 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 00:34:21ID:6eDPX05k0
    友人達にそのことを伝えると「ありえん」「ゆるせん」と彼男の陰口に。
    とりあえず彼男に「彼女には奢らないのに女友達には奢るんだね」とメール。
    即電話がかかってきたが、話したくないので無視した。
    学校帰りに近くのファミレスに呼び出した。

    彼「友子は後輩。先輩として奢った。」
    私「私も後輩だよ?友子より年下なんですが。」
    彼「後輩の前に彼女だろ。」
    私「付き合う前に奢ってもらったことないわ。」
    彼「自分が奢られるほどいい女だとおもってんのかよ?!ああ!?」
    私「それが本音かあ、つまり恋人は蔑ろにして当たり前、
    美人なら赤の他人でも大事にするってこと?」
    彼「蔑ろになんかしてないだろ!!
    今日だってわざわざお前のために時間作って会いにきてやったじゃねーか!!」
    私「友子と付き合いたいならそうしなよ。
    あの子彼氏3人くらいいるみたいだし、4人目の彼氏にしてもらいなよ。」

    彼男が興奮してて話にならないので、席を立つと脚を出してひっかけようとしてきた。
    小学生かよ・・・と普通にかわして帰ろうとしたら、後ろから飲み物ぶっかけてきた。
    バシャと思い切りかかったが、無視して帰ったら、
    運悪く鞄に入っていて、本や教科書、化粧品がぐっしょりと濡れ、
    DSと携帯と辞書がぶっ壊れていた。

    次の日彼男を捕まえて弁償しろと言ったら頭をはたかれたので、
    股/間を蹴り上げて、彼男の財布を見たが足りないので、
    彼男の携帯から両親に連絡。
    その日の服や靴も含め全て弁償してもらったが、データが・・・私のドラクエが・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
    74 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 00:42:53ID:6kCnXGonP
    ドンマイ。ドラクエはまた頑張れ!
    75 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 01:39:50ID:3MTBgr2l0
    ドラクエもムカつくがポケモンでやられたら発狂するな
    76 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 03:15:31ID:W7mEKOy80
    彼男両親が信じてくれてよかったね。
    結局、彼男は友子の4人目の彼氏になったの?
    なんか友子から軽くあしらわれて終わりのような気がするけど。
    77 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 03:39:17ID:xmElmQHx0
    >>71

    馬鹿な男と離れられたのはよかったけど、育てたデータは帰ってこないもんな…(´・ω・`)

    しかし水かけるのも傷害になるんじゃなかったっけ?
    78 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 04:36:02ID:haleSRqV0
    美人に嫉妬して悪口言い触らすとか嫌な女だろ
    79 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 05:42:33ID:ZBv+u2lm0
    >股/間を蹴り上げて、彼男の財布を見たが足りないので、 彼男の携帯から両親に連絡

    エキセントリックなのはお互い様か。
    80 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 05:53:29ID:aOfWqOb70
    うん、報告主も微妙だよな。

    カバンの中身にまで浸透して壊れて、
    更に服や靴までダメになるほどの大量の飲み物って何w
    ファミレスにそんな凶器置いてあったっけ。
    83 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 06:24:41ID:aOfWqOb70
    更に、服も靴も全ての弁償を親に要求するくらい
    全滅するんだね。コップ1杯で。

    モンペになりそうw
    91 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 09:13:00ID:tiAo2QzAP
    単にバカップルの喧嘩ってだけだな
    お似合いなんだから結婚すりゃ良かったのに
    94 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 09:20:43ID:ALfRClJIP
    >>91
    彼氏も友達も類友だしなw
    96 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 10:19:44ID:z0jQqlOE0
    不良物件同士お似合いだったのに何離れちゃってんすか
    99 :恋人は名無しさん2010/09/04(土) 16:24:48ID:xNVOtl5Q0
    何で報告者がここまで叩かれてるのかサッパリ解らない…
    夏休み終わった筈なのになぁ…



    引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/ex/1283185051/
    他サイト生活系人気記事

      コメント

       コメント一覧 (8)

        • 1. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 12:52
        • 世の中にはニートという終わることのない夏休みを過ごす連中がいるからね。奴さんたちには彼氏彼女のいる人間なんてすべて叩く敵でしょ
        • 2. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 12:54
        • 男見る目なかったんだね、報告者
        • 3. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 13:08
        • 報告者の性格もかなり微妙
          そのうえ顔も大したことない様子
          こんな女と付き合いたい男は中々いない
          彼氏とは同じレベルだから争いが発生したんだろ
        • 4. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 14:09
        • 女の鞄なんて夏場なら口の大きく開いた物が多いしそこに飲み物入れば大惨事だろうに
          加えて報告者&友人くらいの適当に陰口叩く女が平均的な女だと知らない男が多すぎる
        • 5. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 15:30
        • ※4さん、察してあげて下さい。1度もコミュニケーションを取ったことがないんですよ。
        • 6. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 15:42
        • 鞄とその中だけじゃなく、服も靴もってものすごい量ぶっかけられたんだね
        • 7. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月21日 17:04
        • びっくりドンキーだったんじゃね
        • 8. ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~
        • 2019年08月22日 12:50
        • 物を壊すなら量じゃなくて、質とかけられてから家に帰るまでに拭き取ってなかったことが問じゃないかと
          酸と糖が多いオレンジジュースや炭酸飲料だと一滴でも読み取りの部分にかかると機器類が駄目になるし、キーボードの隙間に入ったら電子辞書反応しなくなる
          珈琲の様な色素の強いやつだと布類靴類駄目になるし、こっちも隙間に入ったら機器類も駄目になる
          水じゃなくて態々飲み物って書いてあるし、たぶんそういう類のだったんだと思う

      コメントする

      コメントフォーム
      評価する
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • リセット
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • リセット

      このページのトップヘ