473: 2014/07/09(水) 11:58:48.09 0
    私の実家も母亡き後弟夫婦に乗っ取られそうになった 

    父は弟嫁がお気に入りで言われるがままになってた 
    設計の段階で、母が亡くなっておまけに二世帯住宅なのに 
    親世帯に茶室にもなる和室を作るって言った時点で 
    100人が100疑うと思うけど父はコロッと騙された 
    馬鹿な父と弟は実家の土地に私の名義が入ってるのを甘く見てたので 
    買い取りか賃料を要求したら嫁は逃げたよw 
    結局土地建物は売って私が父を引き取り、弟夫婦とは絶縁中 

    補足:弟嫁母は茶道を教えてる 
    嫁実家は借家



    823 :名無しさん@おーぷん 2015/09/11(金) 16:17:54 ID:9vi
    文章まとめるのが苦手なので、読みにくかったらすみません。

    高校2年の時、副担任と恋愛関係になりこっそり付き合っていた。
    当時の自分は大人の恋愛()に酔いしれ、完全にラリぱっぱ。
    そんな状態で迎えた年度末に彼の転勤が決まり、
    涙ながらに遠距離でも頑張ろうねっ☆なんて言い合っていた。






    92:名無しさん@HOME2007/06/29(金) 23:26:33

    新築祝いに片道4時間かけて我が家に訪れたウトメ、
    丁重にもてなし、さてゆっくり寛ぐかという段になって、

    ウトメの荷物をがんがん車に放り込み、夫に温泉旅館に連れて行ってもらった。

    トメは「どうしてここで泊まれないの?」「ヨメ子さんは来ないの?」と叫んでたけど、
    無理やり車に押し込んでさよなら~。

    (スレ違いだし長くなるから割愛するけど)去年連れて行ってやった旅行先で、
    「息子タソともっと話したいのよ!」
    「親子水入らずにさせなさい!」と大騒ぎしたのをお忘れか?

    にこにこしながら「親子水入らずでど~ぞ~」と手を振った快感が忘れられない。





    195:名無しの心子知らず投稿日:2010/06/13(日) 22:38:53 ID:2F55DQ7Q
    プチですが。

    義兄(主人の姉の夫:同じ町内に住んでいる)が事故で突然亡くなった。
    残されたのは義姉と小学生&幼稚園児。
    子煩悩でいい人だった義兄のタヒは私たちにもショックでした。
    呆然とする義姉と義両親、義兄両親・家族
    成り行きで実務を引き受ける私たち夫婦。
    (私両親も近所で取り込み中、子供を見てもらえていた)

    で、すべて終わって子どもを幼稚園に義姉と一緒に迎えに行った時のこと。
    事情を知っている人のお悔やみとかにけなげに応える義姉
    でも、一人だけトンデモなことを言い出す人がいた
    「で、(義姉)さん、いくら儲かった?今度おごってねミャハ」
    周りが顔色変えてなじる中、トンデモは何が悪いのか、本当に分かってないみたいで
    「なんで?保険金とか賠償金とか香典とかで丸儲けジャン。
    みんなも一緒におごってもらおうよ」
    義姉は腐ったみかんでも見るような目で彼女を見てました。

    彼女はこの発言がきっかけで幼稚園で総すかんをくらって、
    その後返品されて、実家からも縁を切られて行方不明です。
    義姉は『今までに色々クレクレされてた気がするけど、いらないものしかあげてなかったから
    相手が人外の思考の持ち主と思わなかった』とのちに言ってました。

    返品のきっかけは、トンデモが「形見分け」してもらおうと義姉宅へ不法侵入したことでした





    139:恋人は名無しさん2006/07/17(月) 20:08:54
    婚約者のいる男と関係を持った。
    (男=28才・医者、婚約者=28才・無職、私=19才・大学生)
    初めは体だけだったけど、段々と男が私にハマりだして、
    した後「好きだ」とか言いながら泣くようになった。

    でも、婚約者は彼の子を妊娠してるから、別れるのは無理。

    それでも会い続けてたら、婚約者の女が彼の肌着の匂いをかいで
    「他の女の匂いがする」と気付いて彼を問いつめたらしい。
    彼はその場は否定したらしいが、婚約者は引き下がらなかったようだ。


    昨日、その婚約者の女が私のバイト先のコンビニに乗り込んできた。
    商品を並べてたらいきなり手首を捕まれて

    「どういうつもり?」と怒鳴られた。





    299:名無しさん@HOME2010/07/03(土) 21:28:55
    嫁親ふたりともタヒ亡=なにしても逃げられない奴隷と認定したトメ。
    イヤミボウリョク、食事や物捨てなどの天麩羅を繰り返し、「文句があるなら出てけ!」と言う。
    「ここは私の家、おまえは住まわせてやってる立場」らしいのだが、生活費光熱費、一円ももらったことない。
    そもそも同居してくれと泣いて頼んだのはトメだったのに、記憶にすらないらしい。

    それで昨日。「出てけ!」といつも通りに言われたので出てきちゃった。

    警報が出てたような大雨の中、着の身着のままバッグも持たず、ビニール傘でバス停に佇む嫁は目立ったんだろう。
    話しかけてきたスピーカーおばさん「こんな雨のなかどこに行くの?」
    私震え声で「実家はもうないので…親のお墓に…バスきたんで失礼します」


    今現在、トメはご近所有志から「雨の中行く場所もない嫁をたたき出した鬼姑」と怒鳴り込まれている。
    嫁の家出を「ただのワガママ」と、トメメシ食べて飲んで酔っぱらってた旦那も同様に。
    隣の家の奥様がくれる「阿鼻叫喚ww」「絶叫絶叫」などのスネークメールを肴に姉と飲んでます。
    実家はないけど、頼る相手はいるんだよばーか。

    停留所みっつ程度だったし、謝ったけど。すごい状態で乗り込んでごめんなさいバスの人。





    900: 名無しさん@HOME 2015/02/11(水) 01:21:41.65
    スカスレ向きかどうか微妙で申し訳ないのですが、私自身はスカッとしたやら嬉しいやらなのでこちらに 

    夫は次男だが長男が遠方(といっても高速で2時間程の距離)に就職、そのまま現地で結婚してしまったので私達が儀実家で同居することになった。 
    皆さんは何でそれで同居になるの?アホか!と思われるかもしれませんが 
    当時無知な私は「兄が出ていったから俺達が俺実家で同居な〜」と夫と結婚する時に言われて、そうなんだ。とバカ正直に納得w 
    えぇ苦労しましたよ。家事全般に渡ってあれダメこれダメと言われ生来短気な私はトメさんとバトルすること数知れず 
    あのババァより家事が上手くなって絶対潰す!と意地だけで同居を継続していました 
    …今から考えると私の家事能力がお粗末過ぎてトメさんが必タヒになって教えてくれただけなんですけどね 
    家事が上達した現在ではトメさんの態度も軟化して一緒にお茶したり買い物に行ったりと良好な関係。ウトさんは見た目ゴリラですが穏やかな良ウトです



    528 :名無しさん@HOME 2010/01/16(土) 15:14:16 0
    堕胎といえば… 

    旦那の実家がすっごい田舎で、未だに玄関前にわけのわからんもんを吊るしたり 
    何やらの日には何を食うな、何を食え、何をするな…と
    やたらとしきたりだの迷信だのが生きてる地域。 

    で、私が妊娠した時に旦那が実家に電話で報告したら、
    偉い説教された末堕胎しろといわれた。 
    出産する年にちょうど弟の結婚式があって 
    「祝い事が重なると幸せを食い合ってどっちも不幸になる」ということらしい。





    625:おさかなくわえた名無しさん2009/07/21(火) 16:21:44ID:QkQwEfHh

    娘と一緒にバレエの公演を見に行った。
    結構有名な人が出るとかで長蛇の列。漸く開場。早足でホールに向かう客達(自由席だった)。
    ちょうど良い列(1列8人掛け)があって、その列の右端から1席目と2席目が空いていたので
    娘と自分の二人分の席を確保し座った途端、3席目に座り4席目にバッグを置いていた60~70代位の老婆が
    『どけ!』 私たち『?』
    きつい方言で喚く老婆。要約すると
    自分達は4人で来ている。あんたたちが今座った2席は、後から来る私たちの連れも
    座る席だ。今から荷物を置いて確保しようとしていたところだ。だからどっか行け!
    ということらしい。吃驚した娘が立ち上がった直後に、老婆がその席にパンフレットを

    押し込み『ほら!取ってるだろう!お前も(私が座っている席のこと)どけ!』と叫んだ時は
    物凄く腹が立った。

    しかし言い返そうとした瞬間あることに気付いた私は娘を促し、運良く空いていた同じ列の
    左端2席に移動。『何であんな風に言われて引き下がるの?私たち悪くないのに』と釈然としない娘に
    『大丈夫。あともう少ししたら、ものすごーく楽しいことおきるから』と私。
    開演時間が迫りどんどん埋まっていく座席。2人連れできた人達が仕方なくばらばらに座る光景もちらほら。 



    331 :名無しさん@おーぷん 2017/04/16(日) 16:37:29 ID:IQU
    愚痴も混ざってるけど、兄嫁の神経がわからん話。
    登場人物は年齢順に以下、
    自分の父母(共に定年退職済み)
    兄、兄嫁、自分(男)、嫁(この列は皆30代)

    兄夫婦が結婚した5年後ぐらいに自分達は結婚したんだが、
    最初の正月に実家で集まった際に
    兄嫁がいきなり「役者も揃った所で相続の話でもしますか」と冗談っぽく言ってきた。
    兄や自分夫婦が呆気にとられていると
    母が「私達(父母)は自分達の貯えでホームに行く準備もできているし、
    どちらかが先立ったら残った方が家を処分しそのお金も老後資金にする。
    あなた達に迷惑はかけないけど残す物もない」とバッサリ言い切った。
    兄嫁は「じゃあいいです」とあっさりその話題から引いたが
    自分達にとっては最初の神経わからん事件だった。


    このページのトップヘ