120 :名無しさん@おーぷん2017/07/19(水) 13:45:22ID:tfg
    人生で一度婚約破棄したことがある
    数年付き合った恋人にプロポーズされ、ご両親への挨拶やら新居探しやらを淡々とこなしてた頃、
    会社の飲み会から直で私の家に来た婚約者に、
    「結婚しても俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、
    その時はお金の話なんかしないでほしい、慰謝料とか養育費とかそんなのって俺とお前との愛や結婚や子供への侮辱だと思う、
    どんな時も笑顔でいて俺を励ましてくれ、それに頷いてくれたら、俺はお前に愛を誓うから」
    と高らかに言われた

    スマホの録音機能立ち上げて「ごめんもう一回言って」と言ったら、「しょうがないなー」ともう一回高らかに言ってくれた
    細かい所の質問もした
    「それは私にも認められた権利なの?」と言ったら笑われた

    後日両家の両親の前で録音聞かせながら婚約破棄の説明したけど、
    彼は「ただのマリッジブルーみたいなもんだし、飲み会でちょっと脅かされて何か色々考えちゃって、
    だいたいこの時かなり酔ってたし」とグズグズ言ってた
    立ち会ってた彼兄に張り手くらった後は黙ってたけど

    そんな奴だと見抜けなかったのかと言われるだろうけど、見抜けなかったなあ
    前からそういう言動が無かったなら一時期の気の迷いだと思って、と知人には言われたけど、
    気の迷いで済まして忘れるにはあまりに劇的な宣言でちょっともう無理だった
    愛を誓うとか言う割には、お前の愛は軽すぎて鼻紙一枚ほども頼りにならないなって感じだったし





    42 :おさかなくわえた名無しさん2008/12/22(月) 11:36:35 ID:gC0xXIuk
    ちょっと長いし暴力的なんですけどすみません。
    金曜日、バイト先から家に帰る途中で見た光景です。




    前編はこちら
    781:ケーキ ◆CljuqRNPHo2008/12/23(火) 00:43:55
    警察に行ったがやはり立件は難しい。
    嫁弟の口座を新しくするのに付き合って20万振り込んできた。
    嫁親と話し合ってなんとかなるものならなんとかしたいが、なんとかなるとは思えない。
    嫁に新しい携帯を渡して、古い携帯の料金プランは変更した。

    店は多分明日はかなり忙しくなるから今日いろいろ動いた。
    嫁の顔色はだいぶ良くなってきた。
    スープと果物、コーンフレークも食べられるようになった。
    まだ普通の食事には抵抗があるようで、
    特に肉や魚はスープの具としても形が残っていると嫌がる。
    蛋白質は卵と牛乳に頼っている状態だ。

    退院したら嫁も店に関わりたいと言ってきた。
    嫁の体さえ許せばそうしたいと思う。

    嫁の母親は嫁母で間違いない。
    嫁のアルバムに腹のでかい嫁母、赤ん坊の嫁の写真があったし、
    戸籍でも嫁母になってる。
    嫁父元嫁は単に引っかき回しに来たんだろう。

    今日も店に来たから警察を呼ぶと脅して帰らせた。
    嫁母に嫁父元嫁の事を知らせたら嫁父からのメールが止まった。
    少し溜飲が下がったよ




    後編はこちら 6/3 7:37公開予定
    272:名無しさん@お腹いっぱい。2008/12/12(金) 22:48:01
    嫁が倒れた。
    貧血だってさ。
    嫁父が飛んできて俺はぶん殴られた。

    でもさ。
    俺が何度言っても俺が料理してもチーズも肉も魚もいろんな野菜も食わないんだよ。
    毎日作るのはケーキばっかり。ケーキはケーキとしちゃうまかったよ。
    でも嫁としちゃマズメシ嫁以下だ。

    病院で嫁、嫁父がいなくなったらばつの悪そうな顔でこう言ったんだよ。
    「ごめんね、今朝サプリ飲み忘れたのかも。
    飲み忘れないように一回分ずつ小分けできるピルケースに買い替えるね」
    違うだろ。
    肉食え、魚食え、チーズ食え、野菜食え。
    ちょっときつい口調で言ったら「嫌いなものを食べろ食べろ言うなんてDVだよ」って。

    俺、結婚するんじゃなかった。





    26:名無しさん@HOME2011/01/30(日) 21:28:36 0
    長文です。

    当時、私はエスカレーターで大学まで行ける学校の生徒だった。
    父は、仕事は自営の資格商売をしていて、趣味人だということは知っていた。
    収入は結構あったようだ。子供の頃、不自由をした記憶はない。
    朝早くに出勤する父は、夜は早めに帰宅し、夕食は必ず私と母と3人で採っていた。それは、母との約束だったらしい。
    親子の団欒と言えば夕食だけで、父は土日もろくに家にいることはなく、家にいる時は書斎に篭ってなにやらしていた。
    その筋では有名なマニアというか、市井の研究者だったらしい。
    時々、父の友人という人達が訪れて酒盛りをしていた。
    よく、私と母に手土産と言って、珍しい菓子や珍味をくれたのも覚えている。




    前編はこちら
    911:7172008/05/10(土) 03:40:35 0
    まだ起きている人がいるんですね。
    俺は対策を考えてて眠れなかったんですけど。
    さっき嫁がトイレに起きてきて話かけられました。
    もう嫌です。最悪です。

    嫁:「お姉さんが掃除できない理由は何なの?理由によっては手伝う。」


    俺:「旅行に行くんだ

    嫁:「はぁ?それだったら掃除は
    別の日にすれば?お姉さんが遊んでいる時になんで私が犠牲になんないといけないわけ? 」

    ここで俺、キレました。「犠牲て何だ!」と。
    そしたら嫁のやつ、すごい冷たい目で見下ろしてきて
    「ああーそう。お母さんも留守だって言うからまさか、と思ってたんだけど掃除を私にやらせてお二人で仲良くご旅行ですか」
    で、「旅行の料金の出所とか明日一番で話し合う必要があるからさっさと寝ろ」と吐き捨てて寝室に戻って行った。
    旅行の金なんて俺の稼いだ給料からだし、文句言われる筋合い無いってのに一方的に吐き捨てて寝るなんて…
    力づくは可哀想だなんて情けかけてたのが馬鹿みたいです。




    後編はこちら 6/3 1:37公開予定
    717:名無しさん@HOME2008/05/09(金) 16:11:59 0
    ここは男もOKだろうか。

    まず前提に、12日から約1週間嫁が嫁実家方面へ出張に行く。

    一昨日の俺たちの会話。

    俺:「9日(今日)は早く帰るから支度しておいて。 」


    嫁:「え? 」


    俺:「9日から俺実家に行こう。11日は天気みたいだから○○に行こう。」


    嫁:「私はじまったから泊まりは無理。11日は天気ならお洗濯したい。」


    俺:「母の日なのに?おまえは実家に行けるのに… 」


    嫁:「私は仕事で行くんだけど?」

    嫁が月のだって話は確認したら本当のようだった。
    昨日のお昼に実家に電話して
    「10日か11日に日帰りに変更になりそうだ」って伝えたら
    母親から嫁に直接電話して、

    母親:「〜〜用品くらい家にあるから、それ使いなさい。
    そんな大きな荷物じゃあるまいし、女性.なら仕方無いことでしょ、何を今更… 」


    これに対して嫁激怒。
    「何で嫁の月の事を他の人間に言うんだ!!」って。
    「今回の事で周期を覚えられたら気持ち悪くてたまらない!!」と、顔真っ赤にして怒鳴られた。
    それに便乗して週末の日帰りで俺実家に行くのも反故にしようとしているみたいだ。
    確かに俺の母親は嫁の母親とは違うけど、周期を知ったからって何かするわけでもないし気持ち悪いだなんて…
    俺としては力づくで引っ張って実家に連れて行くような事はしたくないから、何とか機嫌直して欲しいんだけど、どうしたらいいだろう。





    395:名無しさん@おーぷん2017/05/01(月)16:44:42 ID:MWI
    彼女だと思ってた女が結婚すると聞いた

    俺と彼女は同い年(32歳)
    大学で出会って、21歳から付き合い始めた
    社会人になってからはお互い忙しく、遠距離になってた時期もあるが
    それなりに仲良く付き合ってきた

    27歳くらいからかな、彼女から結婚を迫られるようになってた
    でも俺はなんとなく乗り気になれなくて、まあ30あたりに〜とかなんとかかわしてた
    彼女には特に不満ないし、いずれはするだろうなとは思ってたけど
    少なくとも20代のうちに結婚するのは早いかな〜とか思ってた

    彼女が30歳になった日に、私は結婚して子供を産みたいと思う、もう残り時間は少ない
    あなたは私と結婚する気があるのか、と聞かれて、なくはないよと答えた
    そしたらなくはないなら、具体的に何をどう考えてるのか
    前に30あたりにって言ってたよね、と詰問されて、ちょっとめんどくさくなって
    30あたりとは言ったけど、ジャスト30とは言ってないし、俺まだ29歳だし〜とかわしたら
    彼女は俺の気持ちはよくわかった、と言って、それ以来ぱったり結婚の話はしなくなった

    それから少し経って、彼女が地方の支社に転勤になった
    引っ越しの前の日に俺んちに来て、合い鍵を返せと言われた
    転勤も引っ越しもその時に聞かされて、俺とはこれっきりにしたいと言われた

    俺は別れる気ないよ、なんで勝手にそんな大事なことを決めるんだと聞いたら
    30過ぎた女と結婚する気も別れる気もないなんて、バカにするにも程があるとキレられた
    結婚する気はないなんて言ってない、じゃあすぐにでも籍を入れればいいのかと聞いたら
    なんで今更あんたと結婚しなきゃいけないのとますますキレられた

    大学時代の共通の友人に相談してみたが、お前が悪いとしか言われない
    そんなに結婚したかったなら、彼女の方からプロポーズすればいいのにと愚痴ったら
    20代後半あたりからずっと、ちゃんと将来について考えてと言われてただろうと
    めちゃくちゃ説教されて、せめてすぱっと別れてやれと言い渡された

    それでも諦めきれなくて、たまにメールしたり電話かけたりしてて
    二ヶ月くらいは返信あったし電話にも出てくれてて
    ちゃんと考えるから結婚しよう、子供も作ろうって言うと、どうだろうね〜あはは〜みたいな反応
    俺は結婚する意志を示したし、彼女も結局別れる気はないんだと思ってたんだが
    三ヶ月目あたりからメールも電話も反応なくなって
    ラインの既読もつかなくなって
    つい先日、彼女が結婚すると人づてに聞いた
    もしかしたらもうしてるかもしれない

    共通の友人にしつこく聞いたら、結婚相手は転勤先で出会った男らしい
    俺達別れてないんだぞと友人に言ったら
    何言ってんだ、引っ越しの時に別れ話をしてるだろと…
    俺は別れを承知してないのに、あれで別れたことになるのか?
    10年以上付き合った俺からずるいやり方で離れて、1年にも満たない付き合いの男と結婚するのか?
    俺にだって悪い部分はあったかもしれないが、理不尽な気がする…
    もしかして結婚式に呼ばれたりするのだろうか…鬱だ…





    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/07/18(木) 21:51:12.66ID:C3oDxzFI0
    5時頃、学校帰りにファミレスで勉強してたら店員が来て
    「7時までにお帰りください。制服のお客様はあまり入れるなと警察から勧告が~、条例で決まってて~…」
    とか言ってきた
    未成年の外出禁止は条例だと11時からなんだけど、退店を強制する権利って店側にあるの?
    ちなみにその店で割と勉強してたけど、一回も注意されたこと無い





    379:名無しさん@HOME2010/01/18(月) 22:39:16 0
    未だにいびりだったのかよく分からない話なんだけど、新婚の頃に義理実家でゴハンを
    食べる時はいつも義母以外で「いただきま~す」して、みんなが食べ終わるかな?という
    くらいになってから義母はおかずの残りとついで時間の経った白飯を食べてた。
    「お義母さんも一緒に食べないんですか?」と聞いたら「私はまだやる事があるから」と
    断られるし、みんなで待とうとしたら「先に食べてて」とせかされるし、せめて白飯を
    お茶碗につぐのを後にしようとしたら「私の分はナシってことね…」とか言われるしで
    ずっとそのままにしてた。
    で、ある時あんまりやる事もなさそうなのに食べてなかったから「お義母さん食べないん
    ですか?」と聞くと「いいのよ、私は最後で。嫁に来た身として当然のことよ」と
    言ってたので「へー、嫁って大変なんですねー」とか答えてまた食べだしたら、横で食べて
    た義妹さんがブフォ!ってゴハンを吐き出して「おかーさん、もうやめなよー!嫁子ちゃん
    いびりたいんだろうけどムリだよ!遠回りすぎだよ!」とか何とか…

    なんか、嫁(つまり私)は義母の代わりにおさんどんして最後の残り飯を食べるべきなのに
    自分から言い出さないからわざと見せつけてやって「申し訳ありませんでした、私がやります」
    と言ってくるのを待ってた…らしい。
    全く気づかなかった。
    確かに遠回りすぎだよね。
    でも義妹さんが言ってくれてからは普通に一緒に食べるようになりました。何となく気まずさは
    感じてたのでちょっとスッキリ。
    旦那は私以上にドンだから、義妹さんがいなかったら今も続いてたかも。
    もしかしたら、また別の遠まわしないびりはあるのかもしれないけど、まだ気づけずにいます。

    このページのトップヘ