348:恋人は名無しさん2007/03/14(水) 20:49:05 ID:K7ibFKIB0
    俺の修羅場らしき物を投下。

    登場人物

    俺(30)既婚 子蟻  → 俺
    妻(30)       → E子
    妻妹(20)既婚 子蟻 → M美

    1ヶ月ぐらい前に妻婆の法事があった。
    当然、妻一族集結。
    お経やら、お墓やら昼食会などを淡々とすませて、
    最後に妻実家にて座談会。茶でも飲んでってくれ状態。

    みんな、酒も入っていた事もあり終始談笑してた。
    ちなみに俺は飲んでない。みんなの送り迎え運転手だったからね。

    そんな中、俺はE子とM美と話をしてた。

    257::2010/06/23(水) 17:14:38 ID:
    ジュリメール

    「私、OO銀行(地元の信金)辞めちゃったよ。なんかお給料手取りで18万とかだし馬鹿らしくなって。それに支店長さんが新しく変わって苛められてるんだ・・・
    それで、今頼れるのはA(俺)だけなんだ・・・
    そりゃ、Aをフって違う男のところに行った事もあったけど、本当に好きなのはAだけなんだ。
    友人のmixiでAの話みて・・・私にはAしかいないんだって分かった。
    でも、意地はってるAだって悪いんだよ。
    反省してる?
    そういえば同級生のBがプロポーズされたって言ってた。
    なんか羨ましいな~・・・私もAからプロポーズだれたいな・・・・」


    元婚約者(元彼女)からのメールでした。
    大学1年の交流会で出会って大学3年の終わりまで付き合ってました。
    本当に家族ぐるみの付き合いで大学卒業とともに結婚って話が両家で出てるほどだったし
    俺も俺の家族も相手両親もそのつもりだったけど、
    就職先内々定後、内々定者懇親会でプチモテ期が来たらしく、下半身ゆる行動しまくって、俺や俺両親に愛想を尽かされフィールドアウト。
    元婚約者両親から「別れても仲良くしてやってほしい」と連絡が来たが
    俺の両親がキッパリ断ったし、大学の共通友達も俺の味方してくれた。

    477:名無しさん@HOME2013/02/25(月) 13:44:46.49 0
    下に妹が生まれたのが、自分が小学二年生の頃。
    小っちゃくてかわいい妹はみんなのアイドルだったけど、
    それににしてもだんだん母親の対応が私に冷たくなってきた。
    それまでは学校の授業参観・運動会・学習発表会等
    欠かさず来てくれたのに妹が小さいからと
    一切来てくれなくなった。

    あるとき父親が妹が一歳になっていたので、
    有給とって運動会に皆で行くよと言ってくれたのだが、
    当日になると父親が出勤してしまっていて
    母親から「これお弁当。」とそっけなく渡された。
    父親はデパート勤務だったので
    土日も勤務の日が多く居ない日も多かった。

    それからも学校行事等は誰も来てくれない状態が続いた。
    家庭訪問だけは先生の訪問を受けて母親が対応していた。
    学校でいるものなどはちゃんと買ってくれるし、
    私物でも欲しいと言えばお金も渡してくれる。
    でも母親は自分が妹にかかわるのを、
    嫌がり母親が盾になっていて
    まったく接触もさせてくれなかった。

    小学校五年生になった時に
    母親から学習塾に行くように言われた。
    自分の事を考えて貰えて心底うれしく、
    頑張って勉強したが母親が受けるように指示したのは
    遠方の中高一貫の寄宿舎付きの学校だった。
    それでも指示に従わないといけないとそこに進学した。

    寄宿舎に残れないお正月とお盆の時期は
    祖父母の家に行くように指示された。
    父方祖父母は優しくて楽しかったがやはり家族に会いたかった。

    そこの学校では修学旅行で外国に行くために
    連絡して戸籍謄本を送って貰った。
    中をみるんじゃないとしつこく電話で言われたけど
    そのころにはもしかしてと思っていたので、
    中をみたらやはり養子だった。

    その後祖父母宅に帰省した時に養子について聞いてみたところ、
    自分は父の妹が産んだ子供だった。
    実両親は私を妊娠中に事故に会い
    父親はソクシで母親は重症で産み月だったので
    帝王切開で産んだそうだ。
    その後母親は回復せずにシボウ。

    父親の両親はすでに無く引き取る親戚も無かったので、
    祖父母が引き取るつもりだったそうだ。
    でも兄にあたる養父夫婦に子供が居ないのと、
    養母がぜひ引き取らせて欲しいと懇願して
    養子になったそうだ。

    311:名無しの心子知らず2006/02/03(金) 13:32:27ID:IYxwJqNJ

    同じマンションで子供が同じ9ヶ月のお母さんがいます。
    そのお母さんは子供の体重が少ないのが悩みだったらしいのですが
    うちの子の方が少ないと分かって大喜び。
    ことあるごとにうちの子を小さい軽いと連呼していました。
    (私は個人差だからと何を言われても気にしないようにしていました。)

    また自分が安心したいためか、定期検診もいつも同じ時間に予約を入れられて
    「何グラムだった?あら~それしかないの?かわいそう・・・」と
    ほんの100グラムくらいしか違わないのに優越感丸出しで言われてました。

    この前の9ヶ月検診も一緒に行こうと誘われていやいや行きました。
    するといつの間にかうちの子の方がたったの50グラムですが
    体重が多くなっていました。

    それを聞くなりその人は「なんで!?絶対おかしいよ!そんなわけない!
    もう1回計ってもらう!」と言って看護婦さんにもう一度計ってもらいました。
    しかし結果は変わらず。するとうちの子の方が間違っているの違いないと
    言い出して、なぜかうちの子も計りなおさせられました。
    しかしうちの子も結果は変わりませんでした。
    するとそのお母さんはいきなり病院の廊下で号泣しだして騒ぎになりました。
    それ以来児童館にも母親同志の集まりにもまったく顔を出しません。引きこもりです。
    すごく心配なのとなんだか私が悪いことをした気分です。

    846: 名無しさん@HOME2013/02/20(水) 00:26:12.95 0
    吐き出したい。

    夫から一方的に家を追い出され、生後三か月の娘を抱えて実家に身を寄せた。
    あまりにも急で、一方的すぎて何が何やらわからなかった。
    話し合いの機会を幾度も設けるも、私が夫の理想や意見(夫母の言うことを従順に聞け、娘を夫母に渡して働け、お前は母親として向いていない、お前に育てられる娘がかわいそう等)に従わないとわかると調停を起こされた

    一応私の名誉に誓って娘を虐待したとかそういうことは一切ない。別居から現在まできちんと育てられていると思う。私親の協力もあったお蔭ですが。

    離婚に同意、成立後に養育費の件でこちらも調停を起こしている最中。
    先日の調停で夫が再度やり直したいと言っているのでやり直したらどうかと調停員さんに言われて修羅場。
    小さな娘を抱えてこれから母子家庭として生きてゆくのだという不安と戦い、
    未だ理由もわからず離婚を希望した夫のお蔭でひとり親で育ってしまう娘の将来を不安に思い、
    夜泣きや病気、娘の入院の合間にボロボロになりながら市役所へ行き、くっそ面倒な手続きを色々とし、
    母子手当は受けないことに決め、実家の世話になりながらですが資格を取りながら働く算段を色々とつけ、
    やっと、やっと気持ちも落ち着いてきたかと思っていたのに。

    娘の為には父親はいたほうがいいとは思う。
    私のしてきた努力や苦悩は、娘の為ならなかったことにしてもいいとも思う。
    娘の為なら何でもできる。
    でも元夫が何を考えているのかわからない。微塵も信用していない。
    しかも仕事を辞めて学校に通うとか言い出してるっぽい。30代の無資格が。だから資格取りに行くのかな?でも仕事辞める意味はあるの??てか養育費は?
    この状況で次の調停までに答えを出さないといけない。
    追い出された時よりも脳内が修羅場。

    302:名無しさん@HOME2015/01/19(月) 19:48:45.04 0.net

    イタリアから帰ってきたコトメが娘を返してとか言ってきやがった。
    3歳だった自分の娘を「ステンドグラスの勉強がしたいから」とか言って
    我が家に預けたのは誰だよ。
    3年ぐらいの勉強で日本に帰ってくるとか言って、結局向こうの男とくっついて
    離婚してまたくっついてを繰り返しているあいだ、
    娘はあんたの顔なんかまるきり忘れたわ。
    言っとくが、娘は私の。
    結婚式の母親の席には私が座るからね。

    388:ロミオ? ◆K1PfC4dxbEaF2011/11/16(水) 01:00:10.00 0
    最初はロミオだった元彼が、なんだかおかしくなってきた話を


    10数年前の高校時代、同級生同士だった元彼
    元彼から告ってきて、なんとなく付き合い始めるも4ヶ月で破局
    原因は性格の不一致。まだお互いの何も知らないのにいきなり
    体を求めてきたことが嫌になり、私から別れた
    その後、卒業するまで多少はぎくしゃくしたけど、軽く挨拶するくらいには回復
    私は地元の大学に進学、元彼は地元就職

    地元残り組は毎年、帰省同級生のために何となしに同窓会を
    開いていた。私も元彼もそれには欠かさず参加。ただしなるべく隣には座らないように
    はしていた(これはお互いに意識していたと思う)

    私、大学3年目のお盆にあった同窓会での出来事
    久々に会うことができた同級生(女)と盛り上がり、私が今、大学の先輩と同棲していること、
    将来的には一緒になることをキャッキャしながら近況報告していたら
    少し離れた席に座っていた元彼が、テーブルをバーン!と叩き、
    グラスのチューハイをぶっかけてきた
    チューハイは私にかけたかったようだけど、的が外れて一緒にキャッキャしてた
    友人にかかった
    で、顔真っ赤でぷるぷるした元彼が居酒屋を出て行ってしまった

    みんなで友人の肩にかかったチューハイをおしぼりで拭いたりしながら
    「何が気に障ったんだろうね・・・」と、その場はしらけムード
    「私の今彼の話がいけなかったのかな」と言ったら、元彼とよくつるんでる同級生(A)が
    「でもあいつ、嫁もらってもう2年経つし、ラブラブだし、子供も一人いるはず。嫉妬とかお門違い」と
    私は元彼の近況は全然知らない(興味がなかった)ので、へぇ~、
    じゃあなんで怒ったんだろうね、意味わかんないね。ということで
    その場は解散となった。かなり後味の悪い同窓会となった

    938:名無しさん@HOME2013/06/10(月) 19:12:31.12 0
    両親が事故で亡くなったこと。
    もう9歳だったのに、ぼんやりとしか覚えていません。泣いていた記憶はあります。

    あずけられた先で黙サツされたこと。
    話しかけてもらえない。笑ってももらえませんでした。
    優しく構ってもらえるのが普通だと思っていたので、どうしたらいいか分かりませんでした。
    こっちはよく覚えています。

    これがわたしの最大の修羅場です。
    次は同時に周囲でおこった修羅場?です。

    親戚「私子どうする」「イラネ」「困る」「迷惑」「なら叔父にまかせたら?」
    叔父は実父の弟で、当時24歳会社員独身。家によくやって来ては私子とも遊んでくれていました。
    「無理に決まってます」と様子見に来た叔父に「おにーちゃん(そう呼んでた)」と私子がすがりつき
    叔父「わたしが育てます」

    親戚「若過ぎね?」「男手だけでは」「いやらしいよね」「無理かも」
    叔父「おまえら人に押し付けて梯子外すのはやめろ」
    親戚「なら任すか」「でも男手だけじゃ」(無限ループで揉める)

    叔父彼女は当時21歳。他県の大学で4年生でした。
    彼女「事情は聞かせてもらった。内定蹴ってそっち行って結婚するわ。これで解決でしょ」
    叔父「それは無謀で短慮だ。22歳でいきなり10歳の子持ちとか正気じゃない。絶対だめ、無理。むしろ別れてくれ」
    彼女「25歳で10歳の子持ちもないわよ。まず私子ちゃんが大事でしょ。誰かがやらなきゃ」
    彼女両親「絶対に許しません。将来を捨てるんじゃない。叔父くんと別れなさい」
    親戚「これはいい人身御供」「とおといぎせいはわすれない(棒)」「応援します(他人事)」

    620:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/02/12(木) 23:36:00.61 ID:1Hrm9/X2.net
    中学の時にカツアゲされた
    一万円持ってこいと言われた
    親父に相談した

    カツアゲしてきた相手の玄関先に、ダンプカーで
    買い取り価格一万円程度の缶をプレスした四角いのを置いて差し上げた。
    要らないと言うので、ユニックで積んで持って帰ったらしい。
    次はパイレン玉(コンクリートビルをぶっ壊す、でっかい鉄球)で差し上げますよ、
    と言ったら、二度とカツアゲが無くなった。

    517:おさかなくわえた名無しさん04/02/11 15:10ID:cm1MrYKT
    電車内で、高そうなスーツを着こなしたリーマン三人が、気の弱そうなOL風を囲んでナンパしていた。
    彼女はすごい嫌がってるのだけど、三人組はしつこくからむ。

    そこに乗り込んできた肉体労働者風の男。
    週刊現代のグラビアを見ていたが、騒ぎに気がつきキョトンっ?とした顔で、

    「おい小僧。そこのレディが嫌がってるじゃねえか。犬や猫じゃあるまいし、こんなとこで興奮するなや」
    三人組の一人「うっせえな!臭えオヤジは引っ込んでろや」
    肉体労働風、長袖シャツをしばしクンクンと嗅いでから、「男の匂いのわからんガキに世の中はわからんぞ」

    ・・・

    けっこうな渋い低音の声だったのと風貌のせいで、三人組はすごすごと退散しました。
    その男は、周りの憧れの視線の中、平然とグラビの世界に戻ってました。

    おいらは爽快な気分になりましたよ。

    このページのトップヘ